JOY

2004/07/04

とある場所のとある夕陽


とある日、とある場所で見た夕陽。海ってどんな場所でも癒される。潮風に吹かれているとそれだけでリラックスしていく。それはそれはロマンチックな場所だった。が、しかし!一緒にいたのはロマンのかけらもないメンバー。なぜならこの日、夕陽を見るのが仕事の一環だったからなのだ。その場にいた全員が内心「なんでこいつらと……」と思っていたのは間違いない。

2004/05/05

猫の手

弟の家のアメリカンショートヘア♂4歳のゴウチャくん。ペットショップでウン十万で出ていたのに誰も買わず、ついに3万円まで下がった時、あまりにかわいそうで弟夫妻がお買い上げ。だけどずーーーっとケースの中に入れられたゴウチャは誰にも抱っこされない猫になっていた(涙)。でも、今は少しずつ心を開き家族だけには膝に乗ってくるようになったらしい。

2003/06/25

お騒がせ猫たち

DIARYに書いたとおり、最近の脱走劇でお騒がせの我が家の猫たち。
ロシアンブルーのリュウ(右・♂)とアリー(左・♀)
別に夫婦でも兄妹でもありません。赤の他猫(笑)仲はよくもなし悪くもなし。ドタタタタタ……と追いかけっこはするもののビミョ~に縄張りがあるらしく寝るのはいつも別々。なんとも不思議な関係。

2002/09/10

夏の終わり


フラワーアレンジメント教室2回目の私の作品です。いかがでしょう?花材と一枚のお皿を見せられた時には、一体何ができるの!?という感じでしたが、このような作品になりました。オレンジ色のスズランみたいなのは、サンダーソニアという名の花です。ソニアという恋人を亡くした人が亡き恋人を偲んで作り上げたお花だそうです。きっと可憐かつ情熱的な人だったんでしょうね。とても上品なオレンジです。華奢に見えるけど、結構逞しい感じの花でもあります。フトイというグリーンの長い筒状の葉を切ったり曲げたり。なかなかアイデア勝負みたいなところがアレンジの面白いところです。

2002/07/24

ハワイ・オアフ島カハラ M氏邸バルコニーより

スキューバダイビングのライセンス取得のための講義とプール実習はオーナーのご自宅で行われる。そのバルコニーからの眺めは最高。高級住宅地カハラ地区を見下ろす高台にある。こんなお家で毎日暮らしているのはどんな気分だろう。
講義は久しぶりにノーミソを使いヘロヘロになった。プールの中にはイルカの絵が!撮影しなかったことが悔やまれる!

パシフィック・アイランド・スキューバのサイトでさらに詳しい情報や画像が見られます!(私のヘタな写真よりそちらを見て!)

http://www.pacificislandscuba.com/index.htm

HAWAII オアフ島 カイルアビーチ


同じオアフ島にあっても、ワイキキビーチとはまるで異なる静けさ。北米ナンバーワンに輝いたことがある美しさ。木陰にいると涼しくて肌寒さすら覚えるほど。町自体もこじんまりしてのんびりしている。

菖蒲

隣の公園の菖蒲。(撮影時期は6月)
菖蒲にはそれぞれ風流な名前がついている。雨に濡れた花には稟とした美しさがある。

2002/02/13

いただいた絵


ひょんなことからメル友になったアニメーター(アニメ作品の作画監督さん)のひなまささんが想像で描いた私の絵。百万倍美化されている。こんなに妄想(?)がふくらんでしまった今、絶対会えない!
しか~し、プロってのはすごいなと思う。サササッと描いて、パパパッと送ってくれるんだから。

2001/12/19

嵯峨野

嵯峨野の秋の風景。さすがに紅葉の時期だから人が多いが、普段は静かな田舎道。数百年前の人影がフッとよぎりそうな、そんな光景。

2001/12/15

清水寺


“舞台”の方へいく手前にある清水寺の塔。朱色が鮮やか。ところで、「清水の舞台から飛び下りる」(略してキヨブタ)というが、約15メートルの高さ。結構木が繁っているので、運がよければかすり傷くらいで済みそう。ところで最近私がキヨブタしたもの。それは、この写真を撮るために買ったデジカメだっ!