美容・コスメ

2007/04/26

ビリーズブートキャンプ3日目

最近、レギュラー番組をお休みしてるせいで定例会議に出てなくて、曜日の感覚がないです。
家と打合せ場所とたま~に行く徒歩2分のスタジオが私の行動範囲のすべて。
今日は新宿のホテルで打合せ。
通り抜けたデパートがまぶしかったです。

最近は謝ってばっかし。
「大変遅くなって申し訳ありません」
これ、いっそ単語登録したろかい、というくらい原稿を送るメールに決まり文句のように書いてる(T_T)

よりによってどの仕事もどの仕事も全部、私が書かなきゃ前へ進まない!という状態なのです。嗚呼。
一番の問題は小説。遅れに遅れてます。
ヤバイ……

おっと。グチを書く日記じゃなかったぜい。

ビリーをやってるというと、あちこちで「え~」と言われる今日この頃。
フン。負けるもんか。

今日は35分なので、今までに較べると時間的にはラク!

3枚目のDVDは腹筋中心。
汗は1枚目ほどじゃないかな。
しかし、まさに腹筋中心なので、明日は相当キそう。

体験者の人に「終わってからストレッチをたくさんすると筋肉痛がやわらぐ」とか「酸素水を飲みなさい」等々アドバイスをいただいたので、実行。

2007/04/24

ビリーズブートキャンプ2日目

今朝起きたら全身筋肉痛でメタメタ……
椅子に座る時とか階段がつらいのなんのって。
しかし、すでにウエストは2センチくらい締まってました。

で、今日。
今日は午後からの打合せの他はひたすらPCに向かう1日。
書いても書いても終わらない(T^T)

で、あっという間に25時。
どうしよう。寝ちゃうか……という誘惑と闘いつつ、DVDをセットして53分。ひ~ん。
今日のはきつかった~。

もはやついていくという段階ではなく、スピード半分で回数も半分。
カラダ中がイタイ。

しかし、アメリカ人っていうのはテキトーです。
「あ。回数が一回多かったけどいいよね」
「動くと服装が乱れるね(もぞもぞ)」とか。
日本だったら絶対リテイクする。
しかし、勢いだから間違った動きしててもかまわず。
あれ、テイクワンで全部撮り切っちゃってるんだろうなあ。

2007/04/23

ビリーズブートキャンプ1日目

随分サボってしまいました。
このところワーカーホリック気味で、我ながらキャパを超える仕事を受けてしまって四苦八苦。
ほとんど引きこもり。
どんどん肥えていく~~~。

なので。

今楽天で最も売れているダイエットグッズ……(^_^;)
テレビCMでも話題の……
ビリーズ・ブート・キャンプ、ついに入隊しましたっ!

そもそも今年はラテンのダンスをがんばろーと思っていて、そのためにはモダンと違って露出が多いドレスを着る!という絶体絶命に大きな目標、いや無謀な野望があって。

でも、今年はこれからほとんど引きこもりに近いくらいのスケジュールになっていて、レッスンもどれほどいけるかわからない。かつレッスン以外はほとんど運動しなくなるのがわかってる。
だったら家でできることはないか、と思ったところでビリー様を知ったわけです。

そーよ。このDVDがあれば、運動した時にうちのリビングでできるじゃん。
しかも、コミュの情報によると、なんと一週間でウエスト5センチ!は当り前!(@_@)
こりゃあやるしかないじゃあありませんか。

しかも!奥さん!
一週間のレポを送ると5000円のキャッシュバックですのよ!(笑)

というわけで……

記録のため&人サマに言いふらして三日坊主にならないために書いていこうと思います。

まず今日初日。

……死ぬかと思った(__;)

テレビの前にマットを敷いて、長袖Tシャツとゆるめのジーンズに裸足。
ところが、途中から汗で足が滑る!
ビリーバンドは使用せず。

もうダメ……と思うと、ビリーが「痩せたいんだろ!あきらめるな!」とか言うわけですよ。絶妙のタイミングで。

ノリのいい音楽で、画面の中には親近感を覚えるような人もいたりなんかして……

なんとか53分乗り切りましたっっっ。
もう汗びっしょり!
こんなに汗かいたの久しぶり。

朝のうちにやったので12時間以上たったけど、ウエストに効いてるのがわかる。
こりゃホントにマジメにやれば痩せられるわいと思った次第です。

なるべくサボらずにやろう~っと。

2006/05/21

シミとたたかう……その2

さて。レーザーじゃなきゃ無理と言われたワタクシが向かったのは、有楽町美容外科クリニック
別にどうしてもここがいいと思ったわけでもなくて、「シミ」で検索して近くを探してたらたまたまヒットしたから。
サイトを見たらメニューも多いし、なんて単純なもの。

予約は土曜の午後。場所柄か週末のせいか、受付は若い女性でごった返している。
受付には豊胸手術で入れるシリコンが置いてあって、触りまくる私。
プニプニしてた。
こんなの入れたら重たくて仕方なかろうに。
いいんです。貧乳で。

写真で呼ばれたり、短いカウンセリングで呼ばれたりするものの、延々2時間半!
「どのメニューになさるか決めてますかー」と最初に聞かれ驚く。
ここはレストランかい。
普通は診察しておススメとかあるんじゃないの?
一応症状と予定を話してレーザーにしましょうということに。

で、表面に軟膏の麻酔を塗って待つこと1時間。
「どれ、とりますかー?」と先生。
「痛いの一緒だったらやれるだけ全部やっちゃってください」と私。
結局目立つのを20個ほどとることに。
マーキングして笑気ガスのマスクをあてられる。
ぐわ~~ん。
なんだか酔っぱらったみたいに感じになる。
バチバチッ。
痛みはゴムではじかれた程度。
その間10分ぐらい。
痛み止めの軟膏を塗って絆創膏を張ってもらっておしまい。

帰り道ややジンジンしてきたけど、その痛みもじきになくなって、1日経った今は黒っぽいかさぶたがあるのみ。
これがとれたらキレイになる……予定。

というのが私のレーザー体験です。
でも、これ、顔にやるのはちょっと勇気いるかも。
大きなホクロとかすごく気になるシミだったらいいかもしれないけど。

しかし、つくづく美容外科なんてエステ並みの気軽さになったんだなあと痛感。
彼氏と来ている女の子もいたし。
あんなに女性を次々見ている美容整形の外科医の先生って果たして女にときめくことはあるのかしらん?
だって「こいつ、キレイに見えても、こことここいじってるな」とか思っちゃうんじゃ?
それとも皮一枚めくったら女なんてみ~~んな同じと内面に目を向けるのかな。
機会があったら心情を聞いてみたいもんだ。

2006/05/20

シミとたたかう……その1

背中がただごとじゃないくらい大きくあいているドレスを着ることになって、慌てているワタシ。
いや、デブだからってことだけじゃなく。
それは、シミ。

十数年前、当時勤めていた会社はえらく景気がよかったのでしょう、社員旅行はグアムでした。
その日は曇っていたせいか、今だったら考えられないくらい無防備だった私はUVケアを何もせず海に入ってしまったのでした。
わーい。ナマコがいっぱい~。
なんて。

そして、その夜、背中は真っ赤かに腫れ上がり眠れないほどに。
そして夏が終わる頃には多数のシミだけが残ったのでした……くうう。
労災申請したいくらいだー。

そして今、見ないようにしてきた自分の背中とついに対峙しなくてはいけなくなったというわけです。
で、紹介されたのがとあるエステサロン。
といってもオーナー兼エステシャンのY子さんが一人でやっているお店。
サイトも設けず、雑誌の取材も受けず、お客さんはクチコミのみというところ。
ハーブ系のピーリングが大層効果的と聞いて言ってみました。

が、一目見て「あ。これはレーザーじゃないと無理ですねえ」
(__;)

それでもひととおり施術を受けて、気持ちよ~くケアしてもらって帰ってきました。
パックの間、占いもするというY子さん、私の運勢を鑑定していてくれたらしく、結果、
「火が足りないですねー」とのこと。

私、家にいる時は、茶香炉とお香は焚きっぱなしです、といったら、それはどうも内面から求めるものがあったらしく本能的にやっていたことのようです。

シミとのたたかいのお話は次回に続きます。

2006/05/19

メイクレッスン

先日、渋谷チャコットのメイクアップレッスンを受けてきました。
ダンスのスタンダード用。

なにしろドハデなメイクなんてしたことないし、つけまつげすら初体験なんですもの。
デモの時は先生が「やってあげる」と言ってくれたけど、今後のこともあるし自分で覚えて損はない!と思って。

まずはファンデーション。
スティック状の油性のもの。え?これだけ?と思ったら、いくつも重ねると崩れやすくなるんだそうで。

なるほどと思ったポイントは、踊っていると観られるのは正面ばかりではなくて横顔だったりもするので、陰影をどこから見られてもよいように入れること。

ファンデ→アイシャドー→アイライン、このあたりまではまあそんなにドハデな感じはないのだけど……
つけまつげをした途端に。
ひーーーー!
こ、コワイ……。
自分の顔がコワイ。
もともと私はカワイイ系の顔では全然なくて、黙ってるとあんまり人になめられることのないコワイ系なんですが、これでは小さい子が見たら間違いなく泣き出すであろう。
そんな感じ。

不思議なことにやりすぎ!と思ったものの、これで写真を撮ると鏡で見たほどじゃない。
つまり、ライトを浴びるとこのくらいじゃないととんじゃうってこと。
いやあ舞台メイクって大変ですねえ。
宝塚がすごいのも納得。

で、その後予定があった(というよりこの顔で表は歩けない)ので、オプションでナチュラルメイクに戻してもらう。
といってもファンデはそのまま。
その後夜遅くまでほとんど崩れなかったです。
さすが油性ファンデ。

というわけで、来月今度は実習編のレッスンを受けてチャレンジ!の予定。

2005/07/06

ロデオボーイ

050523_192625えーと。これなんだかわかる人!?(ちなみに猫が乗ってるモノです)
いたら、あなたは通販マニア(笑)
これは商品名「ロデオボーイ」。

乗っているだけで、乗馬のような動きをして自然に下半身を引き締めます!
毎日1時間、3週間乗ったら、ウエスト10センチマイナス!
……という広告に惹かれて買いました。ハイ。
だってテレビ見ながらできるなんて~ラクチン~と思って。

効果が出たら報告しようと思いつつ早や1カ月以上……
ううむ。
体重、変わらず。
サイズ、ほとんど変わらず。
それでも悔しいのでまだ頑張って乗っているけど、ほとんど猫の日向ぼっこ用の椅子と化しているのであった。

どなたかこれで痩せた方、いませんか?

2005/06/14

寒天ダイエット

日曜の「あるある大辞典」の放送数時間前からダイエット商品の通販サイトから「寒天あります」の広告メールがガンガン入ってきた。
放送後のネットの各ダイエット掲示板でも寒天の話で持ちきり。

放送翌日の昨日、スーパーに行ってみたら、売り切れ寸前。
最後の2コを買ったのは私です(^_^;)

いやあ、踊らされるなあ、と思いながら。
なにしろうちの台所には、数カ月前に「あるある」でいい、痩せるとされた豆乳が箱ごとドーンと鎮座している。
豆乳、毎日飲んでるけど、痩せないし。
きっと寒天だって、これだけやったところで食べ過ぎちゃあ同じことだろう。
でも、わかっていてもそそられる。

ちなみに最近やっぱりテレビの通販で買ってしまったものがある。
ご紹介したいところだけど、今もう出かける時間になってしまったのでまた後ほど。

ちなみに寒天は、ところてんは大好きだけどすぐ飽きちゃうので、ゼリー状に固めてついつい余りがちな牛乳を入れてミルクゼリーにしている。
食事の前に食べると、う~ん確かにちょっとはおなかがいっぱいになったような気が……。
気のせい?

2005/05/16

メイクレッスン

このところすっかり昭和初期にいた。大好きな京極夏彦ワールドにどっぷり漬かっていたのだ。
京極堂シリーズのスピンアウトシリーズ「百器徒然袋」4冊のうち3冊読了。
本シリーズのあのなが~い理屈がない分、とにかくスピーディーで楽しいのだ。

そんな中、メイクレッスンを受ける。
友人にイタリアンレストランのオーナーシェフがいるのだけど、彼の奥さんはメイクアップアーティスト。
そんなマダムがお店で行うメイクレッスン。

女は化粧で化けられる。
男性は素で勝負だから大変だ、と常々思っていた。
ただし、女だってただ塗りたくればいいってもんじゃない。
イロイロテクニックはあるのだ。
今回はベースメイクアップの秘訣の数々。
顔の皮膚といっても厚さは一律ではないし、脂の浮き方も違う。
そんな特徴を考えて塗らなくてはいけない。

ところで、マダムの話で面白かったのは、日本の男性がしっかりメイクアップよりナチュラルメイクの方が好きなのは、精神的に幼いからだ、というお話。
精神的に成熟していない男性は、しっかりメイクをされると完全武装されているようで入り込めない、太刀打ちできなような気分になってしまう。
それゆえ限りなく薄化粧に近い方を好むのだ、と。
それに比べて欧米の男性は、どんなに不細工な女性でもしっかりメイクを頑張っている時には「キレイだね」とアプローズするのだという。
それは美しくなろうとする努力を認めるから。
……と、ヨーロッパ生活の長いマダムの経験は確かにうなづける。

私なんぞは近所に知り合いもいないし、家の周りぐらいは平気でスッピンで出かけてしまう。
しかし、仕事の時には一応それなりには塗りたくっていく。
そうじゃないと相手にメイワクだろうと思うから。

メイクに関しては女性が気をつけなければいけないと思うことが1つある。
自分が一番若くてキレイだった時のメイクを続けがちな人がいる。
例えば、ブルーのアイシャドーにどピンクの口紅を40代で平気でしていたり。
なにも流行を追う必要はないと思うけど、全然はずれていても、とてつもなくおかしいものだ。

しかし、メイクレッスンを厨房から見ていたシェフは絶対あきれていたに違いない。
やっぱり舞台裏は男性には見られたくないもんだ。

2005/04/17

スカルプ

「忙しいかどうかって爪を見ればすぐわかりますねえ」
会員になっているネイルサロンのネイリストさんの言葉。

忙しい=パソコンに向かいっぱなし、という私は、爪が少しでも伸びてくると、キーボードにひっかかるのがイライラするのと、ストレスからなのか、噛むというよりちょっとでも亀裂が入ると、そこをビッとむしってしまうクセがある。
だから忙しい時はいつもつんつるてん。
子供みたいな爪になってしまうのです。

こうなると、マニキュアも指輪も似合わないだけでなく、プルトップは開けられない、物は拾い上げられない、いいことがひとっつもない。

そこで、今回初スカルプチャーに挑戦した。
といっても10本全部やって失敗したらコワイので、右手の人指し指と中指だけ。
なるべく自然な長さにしてもらった。
見た目は自分の爪を伸ばした時と変わらない。
というか、スカルプつけさえすれば、カッコよくなると思っていたので、ちょっとがっかり。

今日で1週間経つが、もう違和感はない。
思ったよりずっと丈夫だし。
でも、地爪が伸びたらはずすか、つけ続けるか、まだ思案中。
誰も人の指先なんて見ちゃいないんだけどね。


より以前の記事一覧