日記・コラム・つぶやき

2018/11/15

インコの話

昨日は仕事でオペラのコンサートに行ってきました。
基本、もうアンビリ以外の構成の仕事はやめようと思ってたのですが、
8年ほど前の「愛の劇場」(NHKEテレ)という歌舞伎紹介番組の構成を
やった時のディレクターさんが転勤を経て、チーフプロデューサーに
なって戻ってきてのお声掛けだったのと、とある大きな音楽番組の中の
短いコーナーということでやらせていただくことにしました。

いやあ、心が洗われる!
音楽は造詣もなにもないくらいのド素人ですが、いいモノ、楽しいモノは
わかります。
ダンスの時に「太鼓の音を聞け!」と言われるくらい、リズム感のない私でも。
終わってオペラ歌手の皆さんと打合せ。
第一線のアーティストは人間としても魅力があります。

                   ★

インコの話。
「僕とシッポと神楽坂」の動物ゲストはセキセイインコでした。
視聴者の皆さんから、一斉に「メスの設定だけど、鳥がオスじゃん!」とツッコミが!
すごい。。。
犬猫の話の時には沈黙だった鳥部の皆さんのするどいご指摘。
もうすみませんとしか言いようがないですが、画面越しにもわかっちゃうんだーと
いうことにびっくりしつつ感心してしまいました。
でも、ごめんなさいです。

セキセイインコ、子供の頃に飼ってたことあるんですが、まったくしゃべらなくて、
今回原作を読んで「えーこんなに話せるの?」と半信半疑でした。
(もちろんドラマの中では人間が吹き替えしてますが)
いっそオウムにした方がよくない?とまで提案したほど、しゃべるインコを
実際に見たことがないのです。

インコ……子供の頃に飼っていたコたちは、みんな寂しい別れ方をしまして。
野良猫に食べられちゃったり、遊びに来ていた弟の友達が逃がしちゃったり、
自分の不注意で死なせてしまったり。
後悔しかないんです。
中学生の頃から猫飼いなので、鳥を飼うことはなくなりましたが、
虹の橋に行って、もしあの頃のインコたちに会えたら、
ごめんなさいと謝りたいくらいです。

さて、ドラマも残すところあと3話。
担当パートが終わったので、完全にお客さん気分です。(オイ)
オンエアが始まる前に「ここからは私の仕事です」と都築プロデューサーが
おっしゃってましたが、アニメやバラエティーのコラボ、雑誌や新聞の
取材、イベント主催と有言実行されているのがよくわかります。

たくさんの方が最後まで楽しんでくださいますように。

2018/11/11

ご視聴ありがとうございました!

「僕とシッポと神楽坂」第5話、観てくださった方、ありがとうございました。
直前に完パケが届いたので、先に観てしまって、リアルタイムでは
つぶやきを追っかけてみたのですが、皆さんすごいですね。
息をするように観ながら打ち込めるんですねえ(←年寄り発言)
確かにリアルタイム(リアタイっていうんですね!)だと、観てる人みんなと
つながれる感じはありますよね。

今回のゲストは大好きな池谷のぶえさん。
誰にお願いしようかなんて話が出てた時、「蘭さんに頼んだら怒られるかな~」
なんてみんなで言ってたのですが(いや、そもそも広島のドラマで忙しい
だろー)、のぶえさん、とってもよかったですね。
個人的にはLIFE!のおふくろ刑事が好きです。(マニアック)

病院のシーンでは、最近はお花をお見舞いに持っていくのはだんだん
難しくなりました。
生花だと菌の問題なんかがあるみたいで、NGの病院も増えているそうで。

2年前に書いた「隠れ菊」(同じ原作のドラマが昨日から始まりましたね~)
では、病室を花だらけにするシーンがあったんですけどね。
歩きスマホもダメだし、やっぱりよい子が真似するようなことは自粛する
風潮があります。

って、話それまくり!

私は記憶力がアレなので、自分で書いたことも書いたそばから忘れちゃう。
今回の脚本なんか、書いたのは6月くらいだったので、実に新鮮に
観られました。(いいのか、それで!?)

純愛ストーリーの小説は、ゲラチェック終了!
テキトーに書くと、片っ端から校閲ガール(女性とは限らないが)のチェックに
ひっかかります。
今回も「パステルのコーヒープリン」なんて書いたら、パステルにそんな商品は
ない、と指摘されました。
慌ててパステルまで見に行き、「なめらかイチゴプリン」に変更しました。
でも、取材に行って書いたことは全部OK!
当たり前だけど、ちょっと嬉しい♪
(たぶん)来月発売です。

さて!次!遅れに遅れている仕事にかかります!

2018/11/09

「僕とシッポと神楽坂」本日5話!

早いもので、もう折り返し、本日第5話の放送となります。
「僕とシッポと神楽坂」
Img_2675

今回のテーマは「親子の絆」
トキワさんと大地くん、すず芽ちゃんとお母さん。
それぞれの関係に動きがあります。

そして、芸能ニュースで話題になっていた、相葉さんが広末さんを○○○(←隠す意味あるか?)
するシーンも登場します。
お楽しみに。

よく写真の方が美しすぎて、会ってガッカリ……なんて話を聞きますが、
女優さん(もちろん男性も)に関しては、完全に逆ですね。
画面で見るより、みなさん実物の方が何十倍もお美しい。
広末さんなんて、肌の白さが抜けるよう!本当にお母さん!?
というくらいだし、趣里さんも、思わずポケットに入れて持ち帰りたく
なるくらいの愛らしさです。

今回は芸者らしいすず芽ちゃんが観られます。
せっかく芸者さんという設定なんだから、踊るシーン出したいんですけど!と
主張させていただき実現しました。
確かに書く方は「踊っているすず芽。華麗で優美な舞い」と一行ですが、
演じる役者さんは、その短いシーンのために踊りのお稽古に行ったり
するわけです。
頭が下がります。
その分見応えのあるシーンになっていると思います。
(今現在、私もまだ観てません)

今回のゲスト患蓄はセキセイインコのピースケちゃん。
ラブリーです。

どうぞお楽しみに!

2018/11/01

本日の「奇跡体験!アンビリバボー」

本日20時フジテレビ 奇跡体験!アンビリバボー

後半のコーナー担当しております。

突然の事故で幼い子供たちを残して亡くなった両親。
子供たちを託された祖父が大切な宝物を手放す決心をした時に
起きるアンビリバボーな出来事。

人の心の優しさを感じられるお話です。

2018/10/30

猫・猫・猫

iPhoneの画像ファイルを触っていたら、昔に飛んで、こんなのがでてきました。

Img_0107_2

ウチのハチワレ三匹娘。
今右側の子は、猫不足に悩んでいた仙台の弟(←獣医)の家に
います。元気です。

ハチワレといえば……
ハチワレ界のスーパーアイドルはっちゃんときゅうちゃん。
私が朝起きて真っ先にチェックするのは、ニュースでもメールでもSNS
でもなく→はっちゃん日記
特に今はハロウィン週間で、毎日コスプレをアップしてらっしゃるので、
朝からもだえます。

猫でも多芸なコっているんですよね。
ウチのコたちは皆無芸大食ですけど。あ。飼い主と一緒か……

しかし、猫も家に来るルートはいろいろです。
私もロシアンブルーやシャム猫の時は、何カ月も前から予約して、
待ち望んで、チャンピオンの子を迎えたりました。
でも、このコたちミックス組の時は、ボランティアの保護猫を譲渡会で。

同じ猫でも、何代も前から氏素性がわかっていることも
あれば、全く不明ということもあるのは不思議なもんです。

ウン十万もするコも、保護猫も、一緒に暮らせばかわいさは
変わらないんですけどね。

そういえば、「僕とシッポと神楽坂」3話、ラスト近くのシーンを観た人が
「フランダースの猫かよ!」とつぶやいてる方がいて、爆笑しちゃいました。
いや、笑うとこじゃない。
別に書いてた時はパトラッシュを意識してたわけじゃないんですが、
構図としては確かに同じでしたね。

私は動物もここでクローズアップしてほしい時は、

カナメ「ニャッ!」

とか書くので、打合せでプロデューサーに爆笑されます。
でも、ちゃんとそのまま台本になります笑


2018/10/28

ご視聴感謝!

「僕とシッポと神楽坂」第3話、観てくださった方ありがとうございました。
世の中にはこんなにドラマがあふれているのに、観ていただけるって本当にありがたいことです。
今回は完パケが届いたのが当日だったので、リアルタイム視聴しました。

しかし、カナメちゃん(猫)うまかったですよねえ。
どうしてちゃんと寝ててくれるんだろう……
動物たちが眠っているシーンは、一生懸命遊んでもらって本当に眠って
くれるまで待って収録してますが、起きてるのにじっとして、カメラに
寄ってこないって、とてつもなく難しいことだと思うんですが。
すごいなあ。

感想をつぶやいてくださっている方も多く、やはりペットを飼っている人は
自分のこととして考えますよね。。。
私も猫たちよりは長生きせねば、と思います。

あとこのブログを紹介してくださった方がいて、7000を超えるPVって……
開設以来で、ビビってます(^_^;)
気の利いたことのひとつも書いてないのに~。

先月だったかな。たまたま行った神楽坂の赤城神社で↓
お祭りやってました。
Img_2513

さて。純愛モノ、脱稿!
無事ゲラ入稿しました。ホッ。

気づけば10月も終わりじゃないですか!
今年もあと2カ月!?
年頭に掲げたダイエットが全然できてないってどーゆーこと!?
こ、これからだ……

2018/10/26

「僕とシッポと神楽坂」本日3話!

「僕とシッポと神楽坂」
本日第3話放送です。

生き物と暮らすということは、自分の命も含めて最後まで責任を持つこと……。
そんなお話です。
神楽坂育ちで猫好きの加賀まりこさんが素敵です。
幅広い年代の方に見ていただけたら嬉しいです。

562209906_654103

仕事……追い込み中です。
あとちょっとで1つが終わるので、それを出したら、リアクション待ちの間に
ずっとお待たせしているアッチに取りかかります。

気持ちばかり焦ってもしょうがないので、ときどきダンスに出掛けます。
アドレナリン効果は絶大。
ただ、これが適度に汗をかく程度だとかえって疲れて眠ってしまい、
大汗かくくらい激しいレッスンだと、逆に目がさえて眠れない……なんて
ことがあるみたいです。不思議。


2018/10/16

座りっぱなしは寿命を縮める

時間との闘いの10月です。
今月中に300枚の書き下ろし……。
しかし、〆切が5日も早くなってしまい、ノルマの計算をし直したら、絶対に1日12枚(400字)
書かないと間に合わないわけです。

しかも、胸きゅんラブストーリー。
手が触れただけできゅんとなるような純な感覚はもちろん私の中からは死滅してます。
化石になったそれを無理やり発掘して書いてます。ひーん。

もう1本は、ラブもあるけど、あまりにも特殊すぎる世界で、最初同時に書いてましたが、
これ無理!どっちもおかしくなる!と、〆切が迫った方を優先させてもらうことに。
もともとそんなに器用じゃないし。

1日12枚はどこにも出掛けず、そして根詰めすぎずにできるギリギリの量ですが(当社比)
そこに急なラインナップ登板で台本やナレ原が入ってくると、もうぐちゃぐちゃ。
遅れた分を取り返すために1日こもって34枚書いた日には死ぬかと思いました。
売れっ子作家の人ってマジですごいと思う。

座りっぱなしは脳も活性化しないし、病気のリスクも高くなるというので
タイマーかけてちょこちょこ立ってるけど、もう自分の体がぶよんぶよんに
なっていくのがわかる。つらい……。

昨日は前に予約を入れてあったダンスに行ったら、先生にえらく褒められました。
いつも動き過ぎちゃうのが、疲れのあまり安定していたらしく。
「この感覚を覚えておいてくださいね」と言われたけど、毎度34枚書いてから
というのは絶対無理だ。

「僕とシッポと神楽坂」第1話、好評でよかったです。
はまり役ってあるんだなあと相葉さんを見ていて思います。

その相葉さんが全スタッフにつくってくださったTシャツ。
オギちゃんとダイキチくん。
女優猫オギちゃんの本名はミーちゃん。うちの人見知りと同じ名前です。
裏には、全スタッフの名前が入ってます。
大事にします!

Img_2569


2018/10/12

「僕とシッポと神楽坂」始まります

テレビ朝日金曜ナイトドラマ「僕とシッポと神楽坂」
間もなく第1話放送開始です。
私は3話と5話を担当しています。

まさに本日打ち上げがありまして、さっき帰ってきたところです。

正直、こんなにキャスト・スタッフが心をひとつにして、作品を愛してやまない
打ち上げに参加するのは初めてでした。
皆さん、ドラマに対する愛情を語る語る……

たらさわみち先生原作の力はもちろん、深川監督、座長の相葉さんの人柄も
大きいのだろうなあとしみじみ感じました。
深川監督と相葉さんはどちらも声を荒らげることのない、ほんわかしたタイプ。
でも、芯の強さみたいなものは秘めていて……と。

相葉さんに先日の「かえれま10」、ホントに全部食べてるんですか?と聞いたら
もちろんです、収録5時間でしたけど、あれは早い方ですと教えてもらいました。
なるほど~。
広末さんはとにかく最終回の収録がいかに熱かったかと深く語ってくれました。

私たち脚本チームは8月には脱稿していたので、遠い昔みたいなカンジに
なっているけど、キャストやスタッフはついこないだまで収録していたので、
みんなの一体感がすごい。
脚本家は打ち上げがいつも少し寂しいです。

しかし、最近スピーチする機会が続きました。
日本脚本家連盟の脚本家コースの修了式、ディレクターの送別会、
そして打ち上げ。
あ、先月は100人以上の人の前で踊ってました(笑)(その話はまた今度)

とにかく観ていただけたら嬉しいです。
いろんな思いが詰まったドラマです。

打ち上げのおみやげのメモ帳↓
Img_2606_1

2018/09/29

若者からの報告

先日、昨年教えた脚本家コースの受講生からメールが来まして、
新人賞を受賞してデビューが決まりました、来月受賞作が放送
されます(ラジオドラマ)という報告。

嬉しいものですね。
私が教えたのは、初級コースのほんの短い期間だったから、
その後本人がとても努力したのでしょう。

そのコンクールのサイトを見に行ったら、10年前に教えた受講生
の名前も発見。
優秀賞を受賞してました。
ああ、まだ書き続けてたんだ。
継続は力だなあ、とつくづく思いました。
二人ともおめでとう。

メールの中に「先生のご活躍もいつも拝見……」という一文が
あってドキッ。
そもそも「先生」と呼ばれることに慣れてないし(というか慣れたくない)
ご活躍と言われるほどご活躍もしてないしなあ、と面はゆい。
もっと頑張らなくちゃと思わせられる。

半年ごとに受講生はトコロテン方式で入れ代わりますが、
えっ!?と思うようなものを書いていた人が、ちょっとアドバイスすると
ガッとよくなるのは楽しい。

こんな先行作品があるから参考に観てごらん、こんなふうにすると
構成はやりやすいよ、そんなアドバイスに素直に従う人も
いれば、自分のやり方を曲げない人もいる。
どっちがいいとか悪いとかではないが、素直は貪欲にも通じると思う。
貪欲に上を目指すのはとてもいいことだ。


10月ドラマのポスターができました。
10月12日放送開始です。
「僕とシッポと神楽坂」

Img_7014


より以前の記事一覧