日記・コラム・つぶやき

2018/01/04

明けましておめでとうございます

Img_1186

2018年 
あけましておめでとうございます。

今年も皆様よろしくお願いします。

まだサンフランシスコにいます。
旅先では時間が飛ぶように過ぎていきます。
大したことはしていないのに……

電話、メールと時差こそあれ、普通に東京と連絡がとれるので
当たり前のように仕事が追いかけてきて、なかなか完全に
リフレッシュといかないのは、たぶん私の往生際が悪いんでしょう。
連絡はつきません!仕事しません!と言い切れないから。

今年もよい1年になりますように。

2017/12/29

アルカトラズ

2017年も間もなく終わりですね。

今こんなところにいます。
って、今この瞬間にという意味ではないですが。

Img_1220_1

サンフランシスコ沖の監獄島アルカトラズ!

出発当日、家を出る1時間まで原稿ズ(2本)と格闘し、投げるように海外逃亡を
図った私にはピッタリな…(違)

アメリカのドラマに「アルカトラズ」という作品があって、過去に収容されていた
重罪犯が現代に蘇り……というなかなか攻めた物語だったのに、視聴率が
振るわず、1シーズンで終了。
張るだけ張った伏線の回収も当然なし、という、そんな~なドラマの舞台に
行くことができて、とっても満足でした。

サンフランシスコは20年ぶり二度目ですが、前回は駆け足でほとんど記憶
にないので、今回はじっくり。
(といっても、帰るまでにやらなきゃいけない仕事はありつつ)

ここがなぜLGBTにやさしい街なのか、とか、犬が住むには全米一快適、
だとか、不動産価格が信じられないほど高い、などなどなかなか興味深い
発見をしてます。


2017/12/23

不思議な……

名古屋取材2回目。
例によって、ディレクターとは現地集合にしてもらい、
早めにいってひつまぶしを食す!

関東の人間としては、やはりジューシーな方が好きなんだけど
3種類の食べ方ができるひつまぶしは楽しい、おいしい!
名古屋には他にもおいしいものはたくさんあるというのに、
なんだかウナギに走ってしまう。

帰り道、岐阜在住の恩師と会うことになったのはいいのだけれど、
取材終わりの時間を完全に読み間違えていて、な、なんと2時間
も待たせてしまう~~。(先生!ごめんなさいっっ)

こちらはホテルアソシアでの豪華アフタヌーンティー。
(画像は恩師が映り込んでいるので自粛)

私にしては珍しく盛り沢山の1日。

Img_1082

現地集合の駅裏にあったナゾの弘法大師像。

2017/12/17

多角的

「8年越しの花嫁」
映画が昨日より公開になりました。
私は映画の方には全く関わっていませんが、ヒットするといいなあと
祈ってます。

私が最初に見たのは春先の0号試写。
プロデューサーや監督が細かいチェックをしながら、厳しい目で観ている中、
私とマネージャーCさんだけがボロボロに泣いててめちゃくちゃ恥ずかしかった
のを覚えてます。

次は夏のマスコミ試写。
さすがに2回目だし、ノベライズ執筆が始まってたので、役者の表情や
細かい背景をチェックしようと「仕事の目」で観たつもりが、やっぱり泣かされ。

なので、お客さんの感想をSNSで観てみると、やっぱりみんな号泣とあり、
「そうだろう、そうだろう」と思うのです。

で、ノベライズ……
Dp8fp8uiaer2bf

ありがたいことに売れてます。
書店にこんなコーナーができちゃって。
映画、原作手記、ノベライズ、コミカライズ、ジュニア向けノベライズと
多角的な展開中。
みんな同じ表紙で、読者の人は間違わないんだろうか……?

この作品はこんなふうに大々的な展開となっているので、こうして平積み
にもなっていますが、私がオリジナル小説を出してもこうはいかない。

夢はオリジナルで平積み!です。(ちっこい夢?)

2017/12/10

並べない?

アメリカ在住の友人が一時帰国した時、これを見ていった。

「ないわ~」

Img_1037

三越本店前のクリスマスツリー。
入り口を飾る見事な2本。

アメリカでは絶対に2本並べることはないそうです。

たぶん、これ、門松の感覚なんじゃないかと思う。
出入り口に1本より、2本並べた方がバランスいいし、みたいな。

言われるまでなんとも思わなかったけど、言われてみればなるほどね。

もしも外国で門松が1つだけだったら、すごい違和感だと思う。
たぶんそんなカンジ。

2017/12/03

携帯画面のヒビ

夏からずっと、「このスケジュール、乗り切れんのか!?」という日々が
続いて、失敗しまくりだったのは既に書きました。

たまたオイコノミアで、そんな話をやってた。
時間に追われると集中できるというメリットはあるものの、
トンネリングといって周囲が見えなくなるデメリットが生じる。
そうすると、ジャグリングといって、やらなきゃいけないことが
次々降ってくるような状況になり、結果失敗、欠乏が生まれる、と。

要するに目先しか見えなくなる、ということでしょうか。
注意力散漫とか。

猫あるあるで、猫飼いは、ごみ箱にフタをする、とか、はずした
アクセサリーはすぐにフタのある場所にしまう、なんてことがある。

落っことされたくないものはテーブルのふちには置かない、というのも。

これをやってしまった。
机のふちギリギリにスマホを置いといたら、猫に落された!
わざとというより、机に飛び乗った拍子に落ちた。

結果。画面がバキバキに……嗚呼

修理に出すといろいろ差し支える。
アップル直営店でなければ、防水機能はなくなるけど、
1時ほどで直るとわかった。

会議、打合せなんかをこなし、閉店ギリギリに駆け込む。

「すいません!これなんですけど!」

お店の人、一目見て、
「あー、これ壊れてませんよ」
「へ? でも、画面、こんなにヒビだらけなんですけど……」
「これ、カバーが割れてるだけです」
「エーーーーッ!」

というわけで、iPhoneを買った時、auのお店の人にしつこく勧められ、
「あなたが張ってくれるなら買う」とのたまって張ってもらった
カバー。
これってガラス製だったらしく(私はただのペラペラのシートだと思ってた)
このカバーが本体を守ってくれていたのだとか。

「そういうお客さん、多いんです」とのことで、申し訳ないので、
新しいカバーシート(もちろんガラス製)を購入して張ってもらい
店を後にした。

教訓。備えあれば憂いなし。

ちなみに犯猫はコイツ↓
Img_1032


2017/11/25

ノベライズ「8年越しの花嫁」

12月に公開になる映画に先立ち、本日発売となりました。

「ひよっこ」の時は、決められたページ数にシナリオのすべてを収めることはできず、
泣く泣くカットしたエピソードがたくさんありましたが、今回は映画シナリオにない
オリジナルのエピソードをたくさん書くことができました。

偶然にも、このお話は、「奇跡体験!アンビリバボー」でも取り上げ、私が台本
を書いた、というご縁もあり、中原ご夫妻には個人的に勝手に親近感を
感じていました。(お目にかかったことはないですが)
ノベライズも書くことができたのは光栄でした。

眠り続ける恋人を待つこと。
一体どれだけの人ができるでしょう。
でも、中原尚志さんは全く何の疑いもなくひたすら麻衣さんを支えて
いました。
それを簡単に「愛があるから」なんて言っちゃうのは、軽すぎるんじゃないか、
そう思えるほどでした。

読んだ人、映画を見た人が、それぞれの自分だったら?と考えて
いただけたらなと思います。


映画ともどもよろしくお願いします。

2017/11/18

座りっぱなしは太る!

昨日のアンビリバボー、たくさんの方が見てくださったようで
ありがとうございました。
               ★ 

今週は月曜の夕方と火曜1日、名古屋で取材があり、
時間までひと足先に行って、熱田神宮へお参りしてきました。

有数のパワースポット。
あいにくの雨降りだったけど、なんともいえない独得のオーラ
がある場所でした。
(写真は例によってアップすると横になってしまうものばかりで)

実は名古屋に行くのは初めて!
名古屋といえば……

Img_0991

ひつまぶし!
ランキング2位のまるやで堪能!

そして,なんと!夜にも取材先で出していただいたのも鰻丼……
美味しかった。

関東の鰻と何が違うのかといえば、まあ背開きと腹開き、焼くか蒸すか、
などなどあるわけで、関西の鰻は香ばしいです。
でも、あちらの人たちに言わせると、関東の鰻はジューシーすぎて
苦手なんだとか。
私はどっちも好きですが、ひつまぶしは3パターンの食べ方ができる
という意味では創意工夫を感じます。

で!
往復新幹線、取材中も数時間座ったまま、帰ってきてちょっと寝てまた
すぐに別件の原稿書き、会議、打合せ、会議、脚本講座のゼミ、
とずーーーっと座ったままでいたら、ウエストが消失しました!

もうね、ブヨンブヨン。
ぬいぐるみ着てるみたい。気持ち悪いったらない。
しかし、まだしばらく座りっぱなしの日々が続くので、なんとかして
チョコチョコ動いたり、筋トレしないと大変なことになっちゃうと
危機感を覚えてます。

美味しいもんをたらふく食べておいてナンだけど、
嗚呼 痩せたい。


2017/10/07

AIスピーカー?

技術の進歩はすごい!
我が家のレンタルブラーバちゃんは、今日もせっせとお掃除してくれてます。
私の50倍仕事は遅いけど、私の1000倍仕事が丁寧です。

最近やたらニュースで見かけるAIスピーカー。
イマイチどんなものなのかよくわからない。
siriみたいなものなのだろうか?

声をかけてニュースを読んでもらうとか?
えーと。それって必要……?
たぶんもっともっとすごいことができるんでしょうが、不便に感じていない
部分なのでホント、ピンとこない。

でも、思えばスマホだってそうだった。
別にいいよ~と思っていたけど、今じゃ手放せない。

メールに画像に調べ物、地図、なんてところはもはやデフォだし、
出先で送られてきた資料を開き、映像を見て、ざっとまとめておく、
なんてパソコンがなければどうにもならなかったことができるように
なったわけで。

ルンバやブラーバだってそうだ。
今気になっているのは、汚れ物を入れると、布地に合わせて洗濯して
畳んで出てくる、という機械。
ま、家庭に普及するのは何十年も先かもしれないけど。

あと欲しいな!と思うのは、自動で運転してくれる車!
ただの身分証明書と化した免許証。
運転センスゼロの私としては、乗って行き先を告げるだけで連れて
いってくれるんなら車買ってもいい!とまで思う。

数年後には、今夢みたいと思うことが実現してるんだろうなあ。
反面、なくてもいいやという技術もはっきりしている気がする。

2017/10/01

ロボット掃除機

ルンバを使った友人たちが、その便利さを力説する。
でもなー、我が家はそこまで広々としてないしなー。

フローリングがベージュなので、猫の毛一本落ちてるだけでも目立つ。
おまけに3匹の猫のうち2匹は黒地がほとんどときている。
そこでタムラのハンディ掃除機を購入したわけで、これはイイ!
気になった時にサッと出して、サッと掃除できる。

となると、むしろ拭き掃除をしてくれるブラーバの方に興味があった。
私も猫も裸足でペタペタ歩くから、フローリングがいつもピカピカとは
言いがたいからだ。

でも、どれくらい使えるのか?
合わなかったらもったいない、と思っていたら、1カ月2000円で
リースというのを見つけた!
2年近く使えば買ったのと同等だけど、その頃には新製品も
出てるだろうから、そこでまた考えればいい!

というわけで投入。

Img_0865

感動!
せっせ、せっせと電池が切れるまで家じゅう磨いてくれる!
テレビ台の下からソファの下まで!

パッドは3種類あって、取り付ける部分の台紙の形で機械が判断して
水を出して3回拭くのか、2回なのか、ドライなのかを決めている。
使い捨てだと毎回100円ちょっとしてしまうけど、洗って何度でも
使えるものならリーズナブル。

ホントにフローリングがサラサラになるし、働いている姿は
けなげでかわいいったらないです。

猫も最初のうちは興味津々だったけど、今じゃたまに尻尾を踏まれて
あ、ごめん、みたいな感じでよけている。

ホントに技術の進歩ってすごいなあ。

より以前の記事一覧