学問・資格

2005/11/20

アイデアマラソンセミナーのお知らせ

毎日アイデアを出し続けることでより柔軟な発想と能力アップが図れるアイデアマラソン。
どんな仕事をしている人、学生さんと立場を問わず有効な発想方法です。

11月26日(土曜)に第2回のセミナーが開かれるそうです。

樋口健夫先生のお話は本当に楽しいですし、ノート一冊あれば明日から、いや今日からでも始められるアイデアマラソン、興味のある方はぜひ参加してみてください。

くわしいことはこちらをご覧になってください。
ホントに楽しいですよ~。

2005/11/08

フォトリーから1年

フォトリーディングのセミナーを受講してからちょうど1年が経ちました。
この1年で読んだ本は129冊。
私の場合、小説が多いので、マインドマップにまで起こしたのは1割程度です。

積ん読になったままの本をなんとかしたい、という目標はあんまり変わらず。
なぜならまたまた次から次へと購入しちゃうからです。

フォトリーを学んで何が変わった?と言われれば、まあ読むのが早くなった、早く読んでも(スーパーリーディング)意外と印象に残っている、資料をまとめるのが早くできるようになった、といったことの他に感じるのは、原稿を書いていて、「あれっ?私のボキャブラリーにこんな表現あったんだ」と感じることでしょうか。
知らないうちに潜在意識に取り込まれているみたいです。

その他、セミナーを通じて、仕事とは関係ない人間関係が広がったことですね。
ホントに世の中には多才な人たちがいるんだなあというのがわかって感動的ですらあります。

スキルは覚えてもまだまだ使いこなせているとはいえないので、前進あるのみです。

2005/08/11

アイデアマラソン

今週の日曜、アイデアマラソンーセミナーに行ってきました。
講師は、樋口健夫先生。
長く三井物産にお勤めでバリバリの商社マンだった方です。

アイデアマラソンは実に簡単で、ノートを一冊用意し、毎日決めた個数だけどんなことでもいいからアイデアを出していく、というもの。
脳はアイデアを出す訓練をしていると、自然と発想のオペレーティングシステムが確立するのだそうです。
書くこと、書いたものを残すこと、それを人に語ることで自己発見能力ができてきます。

ちなみに樋口先生は、この20年で出した発想は22万個!今も一日70個、一週間で500個を書き出しているのだとか。
すべてが詰まったノートが圧巻でした。

それに先生の明るいこと!パワフルなこと!
話が面白くて楽しくて、人生をエンジョイしているな~というオーラをものすごく感じましたね。

ちなみに受講生はあらかじめ「宣言」をし、アイデアマラソンを始めておく、という課題がありました。
どんなマンガチックなアイデアでも出すことに意義がある、というところが自由でよいわけです。
一応私は7月から始めてまだ続けています。
なにしろノルマは1日2コですから。

思いつきをビジネスに変える「ノート術」―発想力を鍛えるアイデアマラソン
4569634508樋口 健夫

PHP研究所 2004-02
売り上げランキング : 109,551

おすすめ平均 star
star廉価版!
starアイディアマンになるひとつの方法
starより分かりやすいアイデアマラソンの本として

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2004/11/12

レッスン?

体験レッスンを先週終えて、今日からマンツーマンの英会話レッスンが始まる。
特に内容は決まってなくて、自分の好きなように設定できるので、かえって困ってしまう。
と、こんな本を見つけた。「話のきっかけ」づくりによいと思って購入。

「あなたは犬派?猫派?」「甘党?辛党?」とか「一目惚れってしたことある?」「仕事にやりがい感じる?」とか、世間話なんだけど一瞬どう言うんだっけと思うような表現が載ってるのだ。
これを話の接ぎ穂に出してみたら、先生大喜び!
「私も買うわ。紀伊国屋に行けば売ってるわよね」と早速メモしていた。どうやら教える方にもいいらしい。

例えば、今日だったらWhere do you prefer to go during summer,the mountains or the beach?
なんて例文をきっかけに、During the summer,which do you prefer,the tanned or the pale look?と続く。
それに対して「私?日焼けなんてジョーダンじゃないわよ。10日に一遍エステ行ってんのよ~。お金かけて美白してんのに焼けたらシミになるもん」「あら~フロリダじゃ、夏場に色白だったら、どっか悪いのって聞かれんのよ。ところで日本でエステやネイルサロンっていくら?」と続く。
が、レッスン終わってはたと気づいた。これってお勉強というより、ただの女の子トークじゃん!
これで果たして英会話は身についていくんだろうか。
やっぱり英字新聞とかニューズウィークなんか持ち出した方がよいのかしらん。
ま、それはいずれ。

ところで、レッスンにとっても便利なのが電子辞書。知らない単語が出てくると、勉強のために英和じゃなくて英英辞書で引いて、さらに例文も読んでみる。とにかくとってもラクチンで便利。記録できるので、後で復習にも使える。
まあマイペースで続けてみよう。

石原真弓の英語でネイティブの本音を聞き出してみませんか―あいさつの後のキッカケづくり
石原 真弓

主婦の友社
2004-09
売り上げランキング 45,280


Amazonで詳しく見るby G-Tools

2004/11/06

英会話

なぜか突然「そうだ!英会話を勉強しよう」と思い立った。
英会話学校に通っていたのは、外資系企業に勤務していた頃以来だから、かれこれ10年になる。
この間、旅行以外で英語を使う機会はなかった。

怠け者の私は、学校に通うのは無理だと最初からわかっている。
先生が家の近所まで来てくれるというTeacher-Strudentという会社を選んだ。
担当者がかなり親切で親身になって講師選びを手伝ってくれた。

というわけで、めでたく本日トライアルレッスン。
32歳の女性講師はなかなか感じのイイ女性。アメリカではバリバリにビジネスをしていたとか。
講師は何人決めてもよいのだけど、まあとりあえずは始めてみようかと。

本当は自宅に来てほしかったのだけど、なんと彼女はひどい猫アレルギー!
猫が近くにいなくても同じ家ではダメなのだそうだ。
気分転換に近所のカフェまででかけるのもまあよいだろうと思っている。
家の掃除しなくていいしね。

なんだか最近仕事以外で自分のノーミソに時間とお金をかけよう!というのがマイブーム。
いつの日にか結果に結びつくと信じて……!?