« 2019年6月 | トップページ

2019年7月

2019/07/13

続いてしまいますが

ちょっと暗い話題が続いてしまいますが。

ジョアン・ジルベルトが亡くなったと少し前に報じられていました。

ボサノバの神様といわれた人。

十数年前にボサノバが好きだった時期があり、CDを何枚も持ってました。

(今もあります)

コンサートにも行きました。

囁くような歌い方をするおじいちゃん、という印象でした。

驚いたのは、ステージの上で黙り込んだまま動かなくなったこと。

観客はこれも演出もしくは考えているのだろうとじっと待ってました。

すると、スタッフが揺り起こしに行ったのです。

そう、ジョアン、寢てました!

70代の初めくらいだったんんじゃないかと思います。

ご冥福をお祈りします。

 

もう1つ訃報。

デビュー当時同じ番組をやっていて、その後映画監督をやるようになっていたHさん。

亡くなっていたと今日知りました。

ググッてみたら、去年の春でした。

ツイッターもフェイスブックもブログも全部残ってて、ツイッターが亡くなる2週間前

が最後の更新でした。

発信したものは、本人がいなくなっても、こうしてネットの海を漂い続けるのですね。。。

彼はたしか同い年だったはず。

同年代が亡くなることが珍しくないトシになってしまいました。

ご冥福を。

2019/07/12

同級生が……

5年前に高校の時の大規模な同窓会があり、幹事を中心とした50人以上の

グループLINEに登録だけしています。

しょっちゅう飲み会をやっている人たちの親睦を微笑ましく見ているだけですが。

そしたら、3年の時のクラスメートだった男子が亡くなったという知らせが

流れてきました。

Mくん。記憶力がアレな私は、親しく話した記憶はない。

でも、仔犬みたいにワイワイふざけていた中にいた元気な男の子だったと思う。

お通夜に行った人が会葬者御礼の手紙をアップしていた。

泣けた。

---「俺は生きてやるんだ!」「ジタバタしたいんだよ」

彼が残したノートに書かれていた文章を奥さん(彼女も同級生)が抜き出していた。

こんな会葬御礼見たことない。

もっともっと生きたかっただろうに。

なんで自分がって思ったと思う。

ボーッと生きててチコちゃんに怒られそうな自分じゃダメだと思いました。

Mくん……安らかに……

Img_3887

2019/07/10

ヤングサークルで踊ってきました

さんざんここで弱音(愚痴?)を吐いていたヤングサークルの発表会,

無事終わりました!

一週間前に私だけできてなくて、直前に猛特訓!

なんとか間違えずに(リーダーの足を何度か踏みそうになったけど)踊りきりました!

 

自分の出番以外は、完全にただの観客で特等席で見入ってきました。

若くてしなやかで本当にキレイ!

女の子なんてポケットに入れて持って帰りたくなるくらいかわいい。

世のおやじの気持ちが最近よくわかる自分がこわいです。

振り付けも音楽もすごくいいナンバーばかりなので、余計に引き立つ。

もちろん私がダントツの最年長なのですが、若い子たちが優しくしてくれたのは

ありがたかったです。

さすがにもう出演はしませんが。

 

しかし、つくづく思うけど、社交ダンスは生息域がキッパリ別れてしまうなあ。

なんのスポーツでもそうなんでしょうが。

招待した友人には「若くて上手なイケメンと踊れてよかったねえ」としみじみ

言われました。いや、まったくだ。

これから同年代、おばさん生息域に戻ります。

 

2019/07/03

クローゼットの片隅のトランプ!

トランプ大統領が誕生した時にも驚きましたが、娘夫婦をホワイトハウス入り

させた時にはもっと驚きました。

「え!それってアリ!?」

その後の言動を見てると、あーこの人は商売人としてはスゴイ人なんだなあ

とよくわかります。

って、別に政治談義じゃなくて!

この夏はダンス関連のイベントやらお呼ばれやらで、ちょっとこぎれいなカッコを

しなければいけないことが多いのです。

で、クローゼットをガサゴソやって、いつどれを着るか?を考えた。

別に高級品があるわけでも、数があるわけでもないです。

ちなみに私、手持ちの服のほとんどをアメリカのMacy'sで調達してます。

安価で人とかぶらないデザインが手に入るので。

で、もう何年も着ていなかったワンピースを発掘したわけです。

タグを見てびっくり。

Img_3857

イヴァンカ・トランプ~。

たしかいろいろ物議を醸して、ブランドを廃止したんじゃなかったか。

今となっては貴重です!

今さらですけど、イヴァンカさん、才色兼備なのは確かです。

パパのせいで、得もしているし、損もしていると思いますけどね。

今後の活躍が興味深い女性の一人です。

 

« 2019年6月 | トップページ