« 週末プチ旅行 | トップページ | うっかり若者に混じる »

2019/05/17

タクシーの話

Img_3690

強羅公園名物バラ味ソフト。

ピントが背景に合っちゃってボケボケ!

つくづく映像関連のセンスがないと思います。

監督とかまず向いてないですね。

お話つくる人でいいです、私。

 

タクシー関連の話を2つ。

駅から遠い我が家。最初の頃はすぐタクってましたが、最近は健康のために

歩くことにしたら、全く苦にならなくなって、よほど荷物が重たいとか急いでいるとかで

なければ乗らないのですが、高齢の母と一緒の時には使います。

先日、行きは1800円だったコース、帰り最寄りの駅を過ぎてしばらくおしゃべり

していたら、見知らぬ場所を走っているわけです。

「ちょっと!ここどこ!なんでこんなとこまで来るんですかっ!」

というと、「でも、ナビどおりなんで……」と運転手のお姉さん。

乗る時に言われたのです。「新人なんで、ナビ使わせてください」って。

おまけに大体の住所だけでと思っていたら、番地まで言え、と。

これが間違いの始まり。我が家の真ん前につけようと思うと、ナビだとはるか遠回りして

しまうことになる。ちょっと道を知っていれば、近くの通りを右折して入ることができると

わかるのに……。

キレそうになったけど、荷物重たいしで、そのまま行ってもらった。

結果、行きの倍の料金。スイカで払って、車降りたら、追いかけてくるおねーさん。

「すいません!もう一度お願いします!明細いらないとおっしゃったので、キャンセルボタン

押しちゃったら、支払いがキャンセルになってしまって!」

もはや怒る気力もありませんでした。

翌日、別なタクシーの中でそのことを母とグチっていたら、「最近の若い運転手は全然

勉強しないんですよー」とベテラン運転手さんに慰められました。

新人だろうがベテランだろうが、乗客は選べないからねーと。

 

もう1つ別な時に運転者さんから聞いた話。

一番困るのは酔っぱらいですか?と聞いたら、それは二番目なのだそうです。

酔っぱらいで女性だと身体を揺さぶるとかできないから困るということなのですが、

一番困るのは認知症のお客さんなのだそう。

一見全く普通の人に見えるし、当たり前のように行き先をいうのだけど、近くまで

行ってもどこだかわからない。グルグル回ってしまって、仕方なく警察に連れていった

こともあれば、たまたま家族からその人の携帯電話に電話がかかってきて、

連絡をとりながら目的地に連れていったこともあったとか。

入院中に自宅に帰りたくなって乗っちゃうケースが多いらしいです。

ちょっとせつないお話でした。

« 週末プチ旅行 | トップページ | うっかり若者に混じる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 週末プチ旅行 | トップページ | うっかり若者に混じる »