« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »

2018年12月

2018/12/28

3冠!

日刊スポーツ・ドラマグランプリにて、「僕とシッポと神楽坂」が作品賞・主演男優賞・助演女優賞を獲得しました!
相葉さん、広末さん、おめでとうございます!
そして、作品賞、嬉しいです♪
改めて観てくださった方、ありがとうございました!

                ☆

そして、こちらも。
昨日、発売即日重版出来!
平積みになるような部数ではないので、どうぞ棚差しを根気よく
探していただけたらと思います。
Amazonでしたら、すぐに手に入ります!
映画公開の前に予習がてら、お楽しみください♪

※余談ですが、ドラマで覚えた「重版出来」という言葉、
本当に「しゅったい」って入力すると、ちゃんと「出来」が出てくる
ことが感動です(笑)

2018/12/26

NHKニューイヤーオペラコンサート

Img_3008

1月3日(木曜)19時~ NHK Eテレ
ニューイヤーオペラコンサート

生放送の2時間!
構成の一部を担当させていただきました。

今日はリハーサル。
数メートルの距離で聞くオペラはもう鳥肌ものでした。
司会の高橋美鈴さん(知的美人でとってもステキな方!)と「役得ですねえ」
と言い合ってました。

クラシックは好きだけど、知識はかなりあやふや。
オペラときたら、もはや門外漢ですが、私にそういうことを求められて
いたわけではなかったので、あくまで視聴者目線でやらせていただきました。

生放送なのに、きっちり始まりきっちり終わるってすごいですね!
と秘訣を聞いたら、押したりした場合の対処法はちゃんとあるそうです。

オファーをいただいた段階で、実は放送当日日本にいませんという
ことはご了承いただいたのですが、できれば私も会場にいたかったです!

お正月番組に飽きちゃった~なんて方、3日はぜひEテレにチャンネルを
合わせてみてください。

そして、明日27日は「雪の華」ノベライズ発売です!
(26日23時現在、Amazon211位です。ありがたや)

2018/12/22

あなたならどうする?

告知するの、すっかり忘れて、オンエア終わっちゃいました……
今週の「奇跡体験!アンビリバボー」あなたならどうするスペシャル
ご覧いただけた方、ありがとうございました。

私の担当は、砂漠の真ん中で車が故障してしまった!
あなたならどうする!?
のパートでした。
車の構造にはとんと疎くて、担当ディレクターは、何度も図解して
説明してくれて。ホントお世話かけました。

フランスで取材中の現地スタッフとスカイプでつないで、
インタビューをそのまま逐次翻訳してもらえるとか、時間のない中、
通信技術の発達にも助けられました。

でも、台本執筆中にキーボードにお茶をこぼして、原稿遅れ……
というお粗末なこともあったんですけどね(-o-;)

                 ★

「ノーマン・ザ・スノーマン~流れ星のふる夜に」
最近再び上映しているようです。

コニカミノルタプラネタリウム
有楽町にもできたんですね~。
冬のデートにぴったりじゃないでしょうか!
ちなみに池袋サンシャインシティのプラネタリウムだと、ベッドに横になって見る席が
あります。ロマンチックですよ~。

                 ★

デスクトップのパソコンを買い換えて2年。
なんだか怪しげなポップアップが出るようになってしまったり、10年使ってきた
プリンターの調子が悪くなったりして、ついに買い換え。
人任せにしてきた年賀状の宛て名印刷もあるし。。。
重たくて困った時の富士通アクセスさんに運ぶのも大変だ。
さあ、どうする!?

面倒くさがりの私は、パソコンの先生を呼びました!
たまたま同じ区内の方を見つけたのですが、富士通やNECから
呼んでも私がきますよ~ということでした。
でも、ダイレクトだから、メーカーの3分の1の料金。わお。

マルウェアが6つも入ってましたね~と恐ろしい状況をササッと
直していただき、プリンターのwifi設定から、宛て名印刷まで
あっという間!
ついでに今年買ったノートパソコンも設定を見ていただき、完了!
いやあ~助かった!
餅は餅屋に限る、です。

2018/12/19

コーンウェルの新作が出た

原稿が進まないと、家でのたうち回るばかりで、会議以外で外出する気に
ならず、どんどん肥えていきます。とほほ。
予定より2カ月近く遅れて、映画の初稿アップ。
とにかく初稿はつらい。
特に難解な原作だったので、悩み抜きました。
ここからまた怒濤の直しが始まるのですが、
打合せまでしばらく間があいたので、束の間忘れます。
運動しなきゃ。。


パトリシア・コーンウェルの検屍官シリーズ新刊が2年ぶりに出ました!
世界累計1億冊ですって!
何度も書いてますが、亡き父がファンで「出たねー」と
言い合った思い出があって、欠かさずに読んでます。
当初ほどの驚きとドキドキは最近作では薄くなっちゃったけど、それでも。
ホットなうちに読み始めましょう。

薄い上下巻で各1200円!(税別)

私の本は540円!(税別)
「雪の華」ノベライズ


今日出来上がったばかりの本が届きました。
右側が通常バージョン。
左側がローソンHMVバージョン。
もはやブックカバーのような帯がついています。
折り返しに登坂さんと中条さんの自筆メッセージ入りです♪

主演の登坂広臣さんは、映画の中では、結構ガッチリしたイメージを
持っていたのですが、初号試写でお姿を拝見したら、スラッと細くて、
画面の方が実際よりふっくら見えるというテレビの法則は映画にもあてはまる
と実感しました。

Img_2934

発表された直後にAmazon売れ筋ランキング25位に入っていてびっくり。
内容ではなく、歌とキャストの力ですね。
売れますように(笑)

2018/12/12

ノベライズ「雪の華」

Photo

12月27日 映画「雪の華」のノベイラズが発売になります。

9月に取材に行ったのは、フィンランドのレヴィ、ヘルシンキでした。
(やっと言える……)

お話をいただき、台本を読んだ瞬間、「これ、行かなきゃ絶対書けない」
と思いました。
まだ編集が終わったばかりの出来立てホヤホヤの映画を見せてもらった
のが8月だったかな。
観ても、やっぱりムリ、と。

とにかくレヴィとヘルシンキに行こう!と決め、いろいろ調べて決めた
旅行代理店がフィンツアーさんでした。
フィンツアーさんは偶然にも映画の協賛会社。
おまけに撮影時にも現地でいろいろ手配されていたそうで、私の望む
ことを何から何までわかってくださって、レヴィの観光局の方に1日
アテンドの手配までしていただき、本当に助かりました。

ヘルシンキで1日アテンドしてくださったのは、「かもめ食堂」の
アソシエイトプロデューサーを務めた方で、すべてのロケ地を案内して
いただき、フィンランドの人や習慣について学ばせてもらいました。

私の日頃の行いが悪いのか?
残念ながらオーロラは見ることができませんでしたが。
でも、物語の中の美雪と悠輔が歩いたところは全部見ました。
ノベライズといっても、映画に登場するシーンだけではありません。
シーンとシーンの間をつなぐエピソードをオリジナルで創っています。
なので、映画に登場しない、小説版だけのキャラクターも出てきます。
レヴィ、ヘルシンキの見どころもたくさん盛り込んでいます。

そして、期限つきのせつない恋の行方。
いろんな楽しみ方ができるのではないかと思います。

来年はフィンランドとの国交100周年だとか。
映画もノベイラズもたくさんの方に楽しんでいただけますように。


2018/12/04

私はクレーマー

「僕とシッポと神楽坂」無事最終回を迎えました。
ご視聴くださった方、ありがとうございました。
私も参加できたことが幸せだと思える作品でした。

OA後、たらさわみち先生がご丁寧に感想をくださって、
真夜中に猫談義や仕事談義に花が咲いたのも楽しい思い出です。

ありがとうございました。

                   ★

というほっこりしたお話の後にナンですが……
久しぶりにクレームの電話をしました。

お正月にベトナムハノイに行くのですが、ホテルと航空券は個人手配のため
現地で自力で行けない場所はオプショナルツアーで依頼しました。

今さら隠してもナンなので、会社名出しますけど、HISハノイ支店です。
他社にも依頼してますが、2件のツアーとレストランの予約をお願いしました。
最初はいいんです。問い合わせへのレスポンスは早い。
ところが、途中から返事が来なくなります。
確認メールすると「失念してました」と。

なんて正直なんだと思いました。
なので、「もう結構です。レストランなので自分で予約します」と
郊外ツアーのみ依頼続行。
決済を尋ねると、カード決済か前々日までに来店せよ、と。
前々日じゃまだハノイに到着してません。
高い決済手数料払って、カード決済しました。
払ったよ~とメールもしました。

ところが、ここから1カ月、なしのつぶて。
さすがに日程が近づいてきて、心配になったのでメール。
そしたら、「入金できてません。もう一度決済せよ」と。

憮然呆然。。。
カード決済画面を撮影して確認してもらってます←いまココ

でも、これいくらなんでもひどすぎる。
HIS本体にクレームしよう。
そこでググると、同じような目にあった人たちのオンパレード。
もちろん支店は違いますが。
すごいのは、「HISに頼む方が悪い」ですって。

そこまで悪い会社だとは思ってなかったんですけどね。
いや、今まで取り引きないですが。

前置きが長くなりましたが、そんな訳で、お客様相談室に電話。
メールだと承るだけで返事はしません、と書いてあるので。

出たのは、くら~~~い声の男性。
なるべく冷静に事実関係と担当者の名前だけ告げると、現地に指導して
おきます、だそうです。
釘を差しておいてもらえれば、という感じです。

……なんだか脱力。
しかし、クレーム対応の仕事って大変だろうなあ、と。
考えただけで、マイナスの話ばかりであろう対応に胃が痛くなりそう。

翻って。私だってクレームされてもしょうがない状態だ、と。
原稿、一体いつ上がるんだ!?って。

そうなんです。ロケが2日後とか、発売日が決まってるとか、
リハーサルまでに固めないと、とか、そういうのに対応しているだけで
大きな仕事の方が進んでない。。

人のフリ見て我がフリ直そう……と思った一件でした。

« 2018年11月 | トップページ | 2019年1月 »