« 寝たきりの休日 | トップページ | ダンス・ダンス・ダンス »

2018/07/17

私が私であることを証明するのは大変

体調が悪いと前向きになれないもんですね。
昨日のブログはなんという後ろ向きなのでしょう。
今日もまだ喉は痛いですが、歩き回れるくらいには元気になりました。

13年前に母がハワイで買ったタイムシェア。
弟たちと4人の名義。
それなりに楽しいバケーションを過ごしてきたのですが、甥っ子たちが
成長し、受験だ部活だとなってくると、結構もてあまし気味。
おまけに管理費めちゃ高い。
じゃあ、売るか!となったものの、中古市場に出しても買い手はなかなか。
だってそもそもタイムシェアって、リゾートのノリで買っちゃうものだから
中古市場があることすら気づかないのが普通らしく。

そんなこんなで5年くらい経って、ようやく売れました。ホッ。

ところが、これはアメリカにおける不動産売買の扱いなのです。
契約時、私は前の結婚をしており、リア友の皆さんはご存じの通り
何度か名字が変わっている。
これを証明しないと売買契約書がつくれない!
最初は戸籍謄本をとれと言われて取り寄せたのたけど、
なんとここには変遷が出てない……。

つまり、結婚歴がある人がそれを隠して結婚し、相手の親にバレたら
どうしよう~なんて場合(実際調べてたらそういうケースばっかりぞろぞろ
出てきた!)は今は法律改正により、セーフなのです!!

しかし、私は逆だ。
契約当時、その名字であったことを証明しなきゃいけない。

調べまくって、区役所にも電話した結果、「除籍謄本」なら全部記載
されている!ということがわかりました。
区役所の人も「ちょっと待ってください」と即答できなかった!

つまり、離婚後、ひとりで戸籍筆頭になった本籍は今は空っぽだけど
それを証明する証書というわけです。

手紙で取り寄せるのは不安だったので、前に住んでいた区役所まで
この暑い中、出掛けました。疲れた。。。
無駄になった戸籍謄本は、この際だから、新しいパスポートをつくり直す
のに使うことにしました。

しかし。離婚した直後も思ったけど、人生の変わり目が多いと
自分が自分であることを証明するのは結構面倒です。


« 寝たきりの休日 | トップページ | ダンス・ダンス・ダンス »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/66952358

この記事へのトラックバック一覧です: 私が私であることを証明するのは大変:

« 寝たきりの休日 | トップページ | ダンス・ダンス・ダンス »