« ドラマ「僕とシッポと神楽坂」 | トップページ | 感謝 »

2018/06/15

大人の社会科見学

東京弁護士会が主催する市民交流会に今年度当選しまして。
そう、一応応募したら抽選制になっているのです。

これ、どんなものかというと、司法の現場を弁護士と一緒に見学する、
大人のための社会科見学というイベントなのです。

月1回で、先月のオリエンテーションに続き、今月は東京地裁での
裁判の傍聴。
5班に分かれ、それぞれ刑事裁判の審理が行われている部屋へ。

どんな事件だったのかは書けませんが、判決を受けた被告が
知り合いがいたのか、何度も何度も傍聴席を振り返っていたのが
なんだか妙にグッときました。
待っててねと言ってたのかなーなんて。

……という話を終わった後に同じグループの人にしたら、
「違いますよー。私たちがドヤドヤ入ってきたから、何かと思って
振り返ってただけですよ」
だって。

そ、そうかな……。
感覚の違い?

裁判の傍聴自体は、誰でもできるし、私も速記者時代にオウム裁判の
記録のために何度か聴いたことがありますが、なんとも独得の雰囲気。

1時間弱見学して、地下の接見室の入り口なんかも見せてもらう。
中での様子などを聞くと、あっち側とこっち側には大きな隔たりがある
ということがよくわかりました。

いずれ刑務所見学ツアーなどもあるようで、個人的好奇心とともに
いつかどこかで仕事の役に立つかも……という気もしてます。
とにかく勉強になります。

« ドラマ「僕とシッポと神楽坂」 | トップページ | 感謝 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事