« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »

2018年3月

2018/03/28

目にくる花粉症

Img_1595

基本的に花粉症で苦しんだ経験がなく、なんとなく大丈夫と思ってたんですが、
今年は若干目にきました。

かゆい。それも目の周りが!
我慢できずにかきむしっていたら、ボロボロになった。。。
ホホバオイルをつけてみたり、オロナインをつけてみたりしたけどダメ。
真っ赤になってガサガサ。
とてもじゃないが、メイクせずには外に出られない。
しても、皺がくっきり!
帰ってきたら、今度はクレンジングがしみるのなんのって。

ネットで検索したら、皮膚科に行け、と。
で、行ってきました。

ヒルドイドローション(保湿)
プレドニン(目の周り用軟膏)
ビオデルマ(肌に刺激のないクレンジング)
アレグラ(市販されているのと同じもの)

以上を処方してもらい、使ってみたら、2日で治りました。
う~ん。さすがお医者の薬。

ビオデルマはネットで買った方が安いと判明。
今後愛用していくことに決定。

世の中の花粉症に苦しむ皆様、お大事に!

2018/03/25

春の雪からの桜満開

※やっぱり写真は寝っころがってしまうようです。お見苦しくてすみません。

Img_1536

春の雪になった春分の日。
たまたまスカイツリーにのぼってました。地上450メートル。
下界はまだ雨だったから、上空は吹雪でもうびっくり。
視界はこのとおり。富士山なんて影も形も見えず。残念。

そして、水族館へ。
Img_1557_2

楽しい……。
しかし、展示されている魚がどこに棲息しているかなどの説明は一切なし。
ま、いいのか。なんたってここはスカイツリーの真下。
都会のど真ん中なのだ!
水族館があるだけすばらしいってなもんです。

そして、週末は一転して暖かくなり、桜満開。
春の天気は女心のようです。
(私はそんなに気まぐれじゃありませんが)


2018/03/18

語りたい人

とある紙媒体の座談会に出席。
実は先日の試写会は、その後、映画にまつわり人生を語る座談会出席
とセットになっていたのでした。
もちろん仕事とは無関係。

続きを読む "語りたい人" »

2018/03/15

歯は3D

歯の詰め物がポロッと取れた……のが2年前。
予約をしたまま、なんと2年。
仮に入れてもらったものが全然問題なくて、行こう行こうと思いつつ。

が、ついに他の歯でも同じことが起きて、再び歯医者へ。
この際だからと2年前のところも一気に治すことに。

実は2年前に予約したまますっぽしていたのは、従来の型を取って
歯科技工士の人が詰め物をつくってはめる、というのではなく、
歯科医院で、デジタルで型をとり、その場で3Dでセラミックの詰め物を
つくってしまうセレックという最新の技術。

2年前には、2時間は見ておいてくださいと言われていたのが、
今回行ってみたら1時間で完成、おまけに料金(もちろん保険適用外)
も半額以下になってた!
すごい!
イマドキはなんでも日進月歩なんですね。

病院激戦区(?)に住んでいるので、何科にかかるにしても、徹底的に
クチコミを調べてこれぞ!という病院や医師にかかるようにしています。
もちろん病気になんてならないことに越したことはないわけですが。


                 ★

とある映画の試写会へ。
仕事柄いろいろな映画の試写の案内はいただくけれど、今回は全くの
一般応募で。

たまたま舞台挨拶がついていて、役者さん、監督の登壇があった。
泣けるところがいっぱいですよーという触れ込みで、あーハンカチ忘れた~
ティッシュは出せるようにしておこう、なんて思いつつ臨んだ。

……泣けなかった。

きっとここは泣きどころとしてつくったんだろうなあと思うところは多々あった
のだけど、なんでこんなにナレーション入れちゃうんだろ、とか、
この回想のアングル、ちょっとおかしくない?とか、
説教じみたセリフって心に響かないなぁ、とか(もちろん自戒を込めつつ)
そんな余計なことを考えながら見てたら泣けませんでした。
別に泣ける映画が素晴らしいってわけでは全然ないですけど。

映画が上映にまでこぎつけるのは、どれほど大変なことかは人一倍わかっている。
なので、完成披露試写ができることは本当にすばらしい。
もちろん今回の作品も私がちょっとダメだっただけで、感動した人はいっぱい
いると思う。

今書いている映画もちゃんと完成までこぎつけて、そして観た人が喜んでくれる
ものにしないとな、と改めて思った夜でした。

2018/03/11

7年

あの日からもう7年なんですね。

あの日あの時間、私は地下鉄中目黒駅の電車の中にいました。
東北で大きな地震という速報を見たので(当時はまだガラケー)、
母にメールすると、無事。

そこから連絡がとれなくなりましたが、母も弟一家も大丈夫という
のがわかっていたので、まだ安心でした。
本人たちは、ニュースを見ることもできず、災害の大きさには数日間
全く気づいていなかったらしく、結構普通に生活していたようです。

すべてが明らかになった後、母の知人は一気に親戚23人を亡くした
という人もいたりして、ショックを受けていましたが……。

私があの日、一緒にいた人たちの中には、亡くなってしまった人、
もう会うことはないであろう人たちがいます。
それは震災とは関係ないけれど、ふとした節目に考えますね、やっぱり。

友人でたまたまあの日、海外旅行中だったという人がいます。
「なんだか非国民になった気分」といまだに言ってます。
サバイバーズギルトの変形版なのかな。

私は、情報の大切さを実感したので、スマホの充電が
常にめいっぱいでないと落ち着かないです。

大災害の起きた日は、そばにいる大切な人を思うと同時に
悔いのないように生きなきゃいかんなあと思う日です。

2018/03/09

おっちょこちょいとか人間ドックとか

541220537_806768

これ、万歩計の進化したもの。ライフログ。商品名UP。
実はこの1年で3個目……とほほ。
睡眠の深さから、食べたもの、歩いた歩数まで全部記録してくれて
スマホアプルで、「もうちょっと歩きましょう」とか「そろそろ寝た方がいいですよ」
とか「今週は睡眠が足りないですよ」とか「運動しましょう」なんて教えてくれる
とっても賢いコ!

しかし。ちっこい。落す。。。
外出先のトイレで1個目。
2つ目は、海外在住の友人に会いに成田ヒルトンに宿泊し、プールやら
スパやら堪能し、気づいたらなかった。
ホテルの人に聞きまくり、恥ずかしいったらない。

ちなみに過去にコンラッドホテルでは、水着を忘れてきて、すっかり洗濯乾燥
されたものが丁寧に包装されて戻ってきたこともあった。
新宿ヒルトンでは、なんと廊下の真ん中にアダプターを落して、数カ月後に
その友人が再び宿泊した時に、「もしや」と問い合わせてくれて見つかった
こともあり、あちこちで迷惑この上ない私です。

てなわけで3個目。

おっちょこちょいなのか、健忘症なのか、それとも……
と思って、今日受けた人間ドックに脳MRIをオプションでつけてみました。
果たして結果は……!?
3週間後にわかります。ドキドキ。

……ちなみに写真の背景はじーさん猫が割り込んできたモフモフです。

2018/03/07

明日のアンビリ

3月8日(木曜)20時 フジテレビ
奇跡体験!アンビリバボー

高知龍馬マラソン大会で起きた、あるアンビリバボーなお話書きました。

この番組をやっていて思うのは、「奇跡」と言われることって
すべては人の想いで始まるんだな~ということ。
誰かが誰かを思いやって、そこで思いがけない力が生まれ……と。
感動コーナーはほぼすべてそれじゃないかという感じです。改めて。

ご用とお急ぎでない方はどうぞよろしく。

2018/03/04

映画美学校でしゃべる

アニメ「地獄少女」でご一緒した金巻兼一さんに頼まれて、
映画美学校の脚本コースのゲスト講師としてお邪魔しました。

少し早めに行って、添削のところから見学。
30人弱の生徒さんたち全員が提出しているわけではないけれど、
プロット、ハコ、シナリオと進行状況はまちまち。

半年毎週1回の授業で30分シナリオを仕上げるのだそう。
私が教えている日本脚本家連盟のゼミは、4回のゼミで
1時間のシナリオまでだから、相当駆け足になる。
きめ細かい授業を拝見していて、少ない回数でどこまで
わかってもらえているのかなといろいろ考えさせられました。

ゲスト講師といっても、金巻さんに聞かれたことにお答えしつつ、
どうやって勉強していくか、なんて話をつらつらしたのみ。
事前に「隠れ菊」第1話は上映して下さったとのことで、
ちょうど持参していた台本を回して見てもらう。
私なんぞの拙い話がちょっとでも役に立てば嬉しいのですが。

普段の授業でも思うけれど、人に教えるということは、
自分の中で、好き勝手にやってきたセオリーを体系化、理論化
しておく必要がある。
そういう意味では、自分自身にとっても勉強になる。

でも!毎週あの密度で授業をしている金巻さんには脱帽!
本当に頭の下がる思いでした。

2018/03/02

オヤジの気持ち

少し前のことだけど、会議に行ったら、かわいい女子ADちゃんが
「いつもお世話になっているので」とバレンタインのチョコクッキーをくれた。
なんと手作りである。

う、嬉しい。。。(嬉しさのあまり写真を撮る前に食べてしまった)
そうか、かわいい子にチョコをもらったオヤジの気持ちはこれか!
なんかすんごくわかってしまった。

忙しいのに、よくつくるヒマあったね、と言ったら、
最近は働き方改革でちゃんとお休みももらえてますから、だそう。

彼女は24歳。
番組が始まった時はまだ4歳……
なんだかクラクラした。

私が彼女くらいの頃は、バブルの真っ盛り、営業だったから、
経費でチョコをクライアントに配りまくり、ホワイトデーの
お返しは独り占めしてた。
そりゃもうゴージャスなもんでした。
ああ、バブリー。
時を経て、あの頃のおじさんたちの気持ちはこんなだったのかしら?
と思ったのでした。

2018/03/01

今日から3月

早い!早すぎる!
今日から3月です。弥生です!

オリンピック終わっちゃいましたね。
堪能しました。
先月は絶賛執筆期間だったので、原稿が多少遅れようが気にせず(おい)
生放送で見てました。

気功的には、選手のやる気はエネルギー。
見てるだけで伝播してきます。
ありがたや。

それに生放送の何が楽しいって、後々放送ではカットされてしまう
選手たちの素顔が見られるから。
フィギュアでは、選手のコーチが他の選手に「おめでとう」を言いに
いったりしている場面も見られる。

私が一番感動した小平選手と韓国のイ・ヨンファ選手の交流なども
ノーカット(当たり前)で見られたし。

今回インタビューを見ていて思ったのは、みんな話すのうまいな~ということ。
羽生選手も言ってたけど、自分の状態や気持ちを常に俯瞰して見るクセが
ついているからなんでしょうね。

それとどんな人も口にしたのが、周囲への感謝。
感謝の気持ちは、(名前忘れたけど)とてもいいホルモンを分泌するそうです。
さらにパフォーマンスを上げるような。
自分のためだけでなく、誰かのために何かをトライする、というのは
想像以上の力が出るようです。
昔から「母は強し」なんていうのもそれなんでしょうね。

いいもの見せていただきました、そんな感謝のオリンピックでした。

« 2018年2月 | トップページ | 2018年4月 »