« ファスティングとかシンクロニシティーとか | トップページ | バタバタ…… »

2017/08/30

国立劇場で芸術に触れる

南の島に行きたいです。(逃避願望?)
今年もまあ夏休みはなかったわけで、各所に不義理をいたしております。

出版用語はいまだよくわからないのですが、
ゲラと初稿の締切りが重なった時にはかなりスリリングでした。
初稿はまだしも、ゲラの方は、間に合わなければ発売できない!
という緊迫感の中、編集さんとは思わず戦友のようになりました。

なあんてことがありつつ……
時間的にはかなりヤバイ!という時でも、後で無理すりゃなんとかなる、
でも、これは今見なきゃ二度と見られない!というものがあるわけで。

芸術劇場で箏曲を聞くというお誘い。

お琴は、親の趣味で、小学校から中学1年まで断続的に習っていたのです。
でも、イヤでイヤで。
だって古くさいんだもん。
譜面なんて縦書きに漢字ですからね!
全然ノレる曲じゃないし。(当たり前)

でも、子供の頃に覚えたものは、やっぱり身体のどこかにしみついて
いる。

生の音色はすばらしかった!
そして懐かしかった!

すごいはずですな。
なんたって山田流と生田流の人間国宝が4人も入った合奏
なんて、91歳、85歳、79歳、67歳ですよ!
それがなが~い曲を譜面もなしに完璧。一糸乱れず。

ああ、芸の力って偉大だなと思いましたね。

こうして今になってみると、もっと真面目にお稽古しときゃよかったと
思うし、続けていたらどうなってたかなと、ネコの爪とぎと化した
桐のお琴に申し訳なさでいっぱいなわけです。(おい)
あれ、親はどうやって処分したんだろ……。

無理してでかけてみれば、心が洗われ、さらにめったに会えない
友人にも会えて深い話もできたので、満足。
充電は大事だなあ。

Img_0806_1

国立劇場のシャンデリア


« ファスティングとかシンクロニシティーとか | トップページ | バタバタ…… »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事