« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017/08/30

国立劇場で芸術に触れる

南の島に行きたいです。(逃避願望?)
今年もまあ夏休みはなかったわけで、各所に不義理をいたしております。

出版用語はいまだよくわからないのですが、
ゲラと初稿の締切りが重なった時にはかなりスリリングでした。
初稿はまだしも、ゲラの方は、間に合わなければ発売できない!
という緊迫感の中、編集さんとは思わず戦友のようになりました。

なあんてことがありつつ……
時間的にはかなりヤバイ!という時でも、後で無理すりゃなんとかなる、
でも、これは今見なきゃ二度と見られない!というものがあるわけで。

芸術劇場で箏曲を聞くというお誘い。

お琴は、親の趣味で、小学校から中学1年まで断続的に習っていたのです。
でも、イヤでイヤで。
だって古くさいんだもん。
譜面なんて縦書きに漢字ですからね!
全然ノレる曲じゃないし。(当たり前)

でも、子供の頃に覚えたものは、やっぱり身体のどこかにしみついて
いる。

生の音色はすばらしかった!
そして懐かしかった!

すごいはずですな。
なんたって山田流と生田流の人間国宝が4人も入った合奏
なんて、91歳、85歳、79歳、67歳ですよ!
それがなが~い曲を譜面もなしに完璧。一糸乱れず。

ああ、芸の力って偉大だなと思いましたね。

こうして今になってみると、もっと真面目にお稽古しときゃよかったと
思うし、続けていたらどうなってたかなと、ネコの爪とぎと化した
桐のお琴に申し訳なさでいっぱいなわけです。(おい)
あれ、親はどうやって処分したんだろ……。

無理してでかけてみれば、心が洗われ、さらにめったに会えない
友人にも会えて深い話もできたので、満足。
充電は大事だなあ。

Img_0806_1

国立劇場のシャンデリア


2017/08/19

ファスティングとかシンクロニシティーとか

多忙な時こそファスティングはグッドだと気づいた昨今。

食材を買いにいく、つくる、食べる、の時間が省略できる。
ストレスで食べることに走りがちで、手軽な炭水化物、糖質だらけの
デリバリー(ピザ、寿司、カレー等)に走らなくて済む。

ただし、食費は減りません。
酵素はちゃんと摂ってるし、ちゃんとした酵素はそれなりの
お値段なので。


というわけで、今回1週間のファスティング完了!
2キロ、ウエストは3センチ減!
まだまだですが、まあやらないよりマシ。
っていうか、全然イイか。

ファスティングすると、食材の本当の美味しさに目覚めます。
ただ出汁昆布で茹でただけの大根がおいし~~って思える。
外食とかコンビニ食がどれほどしょっぱいか気づく。

しばらくすると元に戻っちゃいますけどね。
でも、当分は健康的に過ごしたいもんです。

で、シンクロの方。

今やってる仕事で、ある島に関しての描写を入れなくてはいけなくて、
いろいろ調べてた。

その途端に。

新聞を開けば、その島の大きな特集!
テレビをつければ、ニュースで、天皇皇后がかつて訪問した時の
記録映像が!

みんなして私のこと手伝ってくれてる!? 
と思うくらい、次々と飛びこんできてびっくり。

理論的には、意識を集中しているから単純にアンテアに
ひっかかってくるだけ、らしいですが。
ま、なんにせよ、助かりました。

形になるのは、秋に2つ、あとは年明け。鬼が笑う。。

2017/08/18

お盆でした

イロイロあって、慌ただしく、気がつけばお盆、終わってました。

父の墓参りなんて、母と弟に任せっぱなしで、親不孝ったらないワタシ。

ところで。
いつも思うのだけど、お盆の時に帰ってくる仏様は、
家族が分散している場合、どうするのだろう?

例えば、うちの父を中心に考えると、
妻と子供3人は全員バラバラに住んでいる。
お盆だからって、わざわざ集まったりしないし。

今思ったけど、盆暮れに里帰り、の「盆」って
一族がまとまってご先祖様を供養しましょう、というのが
本来の意味なんでしょうね。
バカンスってことではなく。

ま、でも、霊になっちゃえば、時空を超えるのかしら?
と勝手に解釈。

とりあえず写真(父と猫)をリビングに出して、
お水だけ供えておしまい、というチョーあっさりな
私のお盆は過ぎました。

子供の頃、この時期、母の実家に行って、提灯持ってお墓まで
仏様を迎えに行き、夜も送りに行った頃と比べれば
セルフサービスというそっけなさ!
いいんでしょうか。
いや、よくない。

……しかし、お盆ってなあに?それって食べられるの……状態で
過ぎた8月半ばでした。

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »