« 36年後の「シャイニング」 | トップページ | 本「エンジェル・フライト」 »

2016/01/28

浮遊するSNS

今はこのブログ以外、SNSはアカウントはそのままにほったらかしに
している私ですが、4年ぐらい前まではポツポツ投稿してました。

その4年ぐらい前のツイートが最近またやたらリツイートされてます。
内容は、レーシック手術後の視力の低下とコンタクトができなくなった
ということ。
ツイートしてすぐにあっという間にリツイートが8000くらいいって
恐ろしく思ってたのに、今ごろになってまた……

別に拡散されて困ることでもないけど、ああ、本当にネットの世界はコワイな、
とつづく思う。
一度発信したら、もう二度となかったことにはできないというところが。

もう1つ。
ある映画のキャンペーンでお世話になった人とFacebookでつながっていて
たまに見るとマメにご家族との交流の日記を書き込んでいる様子が
窺えて微笑ましかった。

最近見ないなあと思っていたら……亡くなったと人づてに聞いた。

それでも、その人の書き込みは残っているわけで。
つながっていた人たち全員のタイムラインから消えることもない。

デジタル遺産の管理をどうするか?ということが最近話題になっている。
きっとインターネットの海を浮遊し続ける亡き人の
記録って無数にあるのだろう。

子供がいないと、死んだらあっさり消え去りたいなあと思いつつも
こうして書いているものも何らかの形で残っちゃったりする
可能性もある。

人生のおわり近くになったら、デジタルに残した自分の足跡なんかも
始末をつける算段が必要な時代になったのだなあとリツーイとの
お知らせを受け取るたびに感じる。

« 36年後の「シャイニング」 | トップページ | 本「エンジェル・フライト」 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事