« 完全無欠ダイエット……? | トップページ | 浮遊するSNS »

2016/01/20

36年後の「シャイニング」

スティーブン・キングの「シャイニング」といえば、大抵の人が
スタンリー・キューブリック監督の映画を思いだすと思う。

ジャック・ニコルソン、怖かったよね~、と。

私も学生時代に日比谷まで見に行って、その怖さに感動したのを
覚えてます。
世界的にも大ヒットした。

ところが、原作者のキングがこの映画の出来を気に入らず、自分で
改めて撮り直したのを知ったのは随分後の話。

でもって、こっちは全然面白くなかった……

今回、主人公の少年の36年後を描いた小説が出たので、改めて
「シャイニング」から読み返してみた。

ああ、なるほど。
小説の脚色を仕事にするようになった今だからわかる。

これは、映画としてこうするのが一番面白くなるからそうしたんだな、と。
でも、本当に著者が描きたかったのはそこじゃない。
わかるけど、そこはとっても観客には伝わりにくい……

そんな感じ。

そして、「ドクター・スリープ」
すごいのは、ちゃんと前作からつながるべくしてつながってること。
キングらしい、ストーリーテリングと細かい描写(時にしつこいくらい)の
鮮やかさ。

でも、夢中になって読みふける状態になったのは下巻の中盤過ぎから。

キング作品は初期の「キャリー」「クージョ」「ゴールデンボーイ」「痩せゆく男」
あたりからが好きで、ファンタジー寄りになっちゃってからはちょっと……。

それでも、好きな作家は?と聞かれたら、真っ先に挙げる作家であることに
間違いはありませんが。

ドクター・スリープ 上
ドクター・スリープ 上スティーヴン キング Stephen King

文藝春秋 2015-06-11
売り上げランキング : 124571


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


« 完全無欠ダイエット……? | トップページ | 浮遊するSNS »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事