« もう11月!? | トップページ | 天国までの距離 »

2015/11/09

タイムスリップ同窓会

週末、高校の同窓会に出席した。
学年全体の大がかりなもので、卒業してから初めて。
ウン十年ぶり!

幹事さんたちの働きがすごくて、2年もかけて300数十人の
行方を追跡したそうだ。
実家のある場所を訪ねたり、電話をかけたり。
時には誤解されて心ない言葉を浴びたこともあったとか。

当日の名札は、卒業アルバムの顔写真プラス、
結婚後の姓+旧姓、さらには
1A→2C→3Bというように各学年の時のクラス入り
というきめ細かさ!
(これは自己紹介とリマインドにめちゃくちゃ役立った)

会場各所には、卒業アルバムをスキャンし、さらに見やすく
編集し直したコピーが置かれていた。

「あ。○○くん!」「クニイじゃん!」なんて、お互い確実に
トシを重ねに重ねたのに、しばらく見てると昔の姿が
浮かび上がってくる。

私は記憶力がニワトリ以下なので、いろんなエピソードを
すっかり忘れているのに、結構みんなは覚えてくれていて、
「おまえ、怖かったよなあ。こいつだけは怒らせたらまずいと思ってた」
とか「でも、案外抜けてて、それは同じクラスになるとわかるんだよ」
なんてことを言ってくれた男子もいた。
そして、そんなふうに人を見ることのできる人は教師になっていたり。

(顔が怖くて態度がLLなのは今に始まったことではなく、
三つ子の魂だったのだと自覚)

このトシになってからの同窓会のせいなのか、
偏差値がビミョウでとんでもないエリートが存在しないせいなのか、
名刺交換が行われることもなく、今何をしているのか?なんてことも
さほど話題に上がることもなく、子供や配偶者の自慢話が出るでもなく、
とにかくひたすら昔話とバカ話に徹した楽しい夜だった。

○○君とか呼び捨てとか、昔のまま呼び合えるのが妙に新鮮で
特に男子(この言い方も同級生ならでは)は「職場でクンづけなんて
もうあり得ないから不思議だー」とずっと言ってた。

傍から見たら、ジジババの酔っぱらいの集団にしか見えないと思うけど、
確かにみんな17歳の気分だった。

こんな機会をつくってくれた幹事さんたちに感謝。

« もう11月!? | トップページ | 天国までの距離 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事