« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

2015/07/31

映画「ゴーン・ガール」

ドラマや映画をつくる時、「この主人公に感情移入できるか?」とか
「誰に乗っかって見ていく話なんだ?」といった言葉が打合せでよく出ます。

ところが、出来上がったものに寄せられた感想を読んだり聞いたりすると
「え?そこ?そこなの?」という意図せぬところに感情移入して感動したとか、
よかった、なんて言われてびっくりすることが多々あるわけで。

つまり人はその年齢、立場、状況によって同じ作品を見ても感じ入る
ポイントが変わってくるということでしょう。
もちろん主人公が一番大事なのは当然だけど。

なんでそんな話か……というと。
遅ればせながら「GONE GIRL」を見た。

おもしろかった!

事前に作品の内容に関する知識はほぼゼロで見たのだけど、
うっかり読んじゃったレビューでは、結構辛辣な感想が多くて
特にヒロインのことはケチョンケチョンに言ってる人がたくさんいた。

でも、私は、いいと思った。
この奥さん、いいじゃん!
悪女っぷりが素晴らしい、と。
このダンナもここまでやられて当然、なんて。

たぶんこれは私の「男ってバカだもん」といった体験に根ざす感想なんだと
思う。
ベン・アフレック、かわいそーと思える人はきっと素直な人だ。

見終わって、デヴィッド・フィンチャー監督のコメンタリーを聞きながら
もう一度見た。

2時間半という長い尺は、恐らく原作(未読)をこれ以上は削れなかった
ためと思われる。
原作は読んでないけど、たぶん映像ならではの一瞬で効果的に見せる
ことができる演出は多々あるんだろうなという気がした。

そして、おもしろかったのは、「これはミステリーで始まるんだけど
途中からスリラーになるんだよ」という言葉。

たしかに!

妻失踪のカラクリがわかってから、俄然タッチが変わるので戸惑うけど
それはそれでいっそ乗せられて観てしまえばいい。

それにしてもハリウッド映画って贅沢だなあと思ったのは、
血まみれになるシーンを36回テイクもしたという話。
つまり衣裳から寝具までそれだけの数を用意してあったという
ことでしょう?
すごい!

その他さりげないシーンが考え抜かれて撮影されていることが
わかるので、コメンタリーは面白い。

そして、結婚ってそれ自体がミステリーだよなぁと思わせられる。


ゴーン・ガール 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]
ゴーン・ガール 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2015-04-03
売り上げランキング : 327


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2015/07/28

Apple Musicと落とし物

今まであまり音楽を聞きながら歩くという習慣がなかった。
駅までの長い道のりは、考え事をしているか、Kindleで読書を
しているか。

が!
iPhoneの新しいサービスで定額でDLし放題!というのが始まった。
まずはキャンペーンで3カ月無料で数万曲の中から聞き放題。

とりあえず興味あるジャンルを登録し、おススメを片っ端から聞いてみた。

マリア・カラスってやっぱりいいわ~、シャーデーなつかし~、
ジョン・レノンとヨウコのラブラブ映像まで入ってる~!とか、
U2ってまともに聞いたことなかったけど悪くない、とか
ジプシーキングスはノスタルジーをくすぐるなあ……などなどエトセトラ。

そしたら。
どうやら注意力が散漫になっていたらしい。

打合せから戻った週末の午後9時。
家に入ろうと思ったら……鍵がないっっ!
うそでしょ!

慌てた。
管理人室はお休みで無人だ。
最近家族や知り合いに合い鍵を渡してない。
持っているのは不動産屋だけ。
しかし,この時間だ。

どうする?

ベランダから窓を壊して入るか?
もしくは近くのホテルに泊まって不動産屋があくのを待って
合い鍵をもらうか?

咄嗟にいくつかの選択肢を考えた挙句、ダメもとで
管理人さんの自宅をピンポーン。

「すいません!カギの落とし物なかったですか?」

「あるよ」

ひえ~~~。たすかった~!

どうやら家を出てすぐに廊下かエントランスあたりで落としていたらしい。
イヤホンで音楽を聞いていたために落としたことに気づいてなかった。

……それから歩きながら音楽聞くのはやめたことはいうまでもない。

2015/07/22

役者=登場人物の退場

海外ドラマが好きで数多く見ている。

あちらのドラマは視聴率次第で、張るだけ張った伏線が回収されて
なかろうと、シーズンの終わりで容赦なく打ち切りになったりする。
そのかわり人気シリーズは十数年続いたりする。

主要キャラクターを演じる俳優が契約解除になったり、はたまた新たな
キャリアのために降板する時には、遠くに行く設定になったり、
いっそ死んじゃった、といったエピソードが用意される。

が。
俳優本人の不慮の死の時はどうするか?
めったにないけど、ないわけじゃない。

日本の某ドラマだと、旅先で亡くなったんだって、というセリフ処理で
終わらせていたり、役者をすげ替えて、ナニゴトもなかったように
そのキャラクターを使い続けたりするのを見たことがある。
苦肉の策なんでしょうね。

「リゾーリ&アイルズ」シーズン4にそんなことがあった。
レギュラーキャラのバリー・フロスト刑事を演じる
リー・トンプソン・ヤングがシーズン途中で突然の死去。
撮影に来ないからスタッフが自宅を訪ねたら……というパターン
だったそうで、当然撮影は中止、エピソードも短縮された。

で、新たに始まったシーズン5ではどうするのだろうと思っていたら……

休暇で遠出をしていて、帰りに交通事故死、というエピソードが
用意されていた。
ご丁寧にシーツをかけた遺体まで……。

そして、第2話は彼の葬儀をどうするか、というエピソードを
話の中心に持ってきて、同僚だった主人公がどうしても泣けない、
葬儀でも見事なスピーチをやってのける。
そのスピーチが、役柄と同時に俳優本人にも捧げられるような
ものでまた素晴らしかった。

特にうまいなぁと思ったのは、どうしても泣けなかった彼女が
自宅に帰ると、旅先から彼からのハガキが届いていて、
僕に会いたいでしょ?といった一文に、そこで始めて泣き崩れる……
というシーン。

ドラマの中でも外でも彼が愛されていたのがよくわかり
心に残る回だった。


できることなら、ドラマの外では俳優さんには元気でいてほしい。
なじんだドラマから退場されるのはつらいけど。
(忘れられないのは「ER」のグリーン先生死去、
「グレイズ・アナトミー」の飛行機事故による主要メンバー一掃死、
「ダウントン・アビー」の若主人の事故死なんてところが記憶に
新しい)


アメリカに住む友人によると、長年見続けているあるドラマの
主人公のダンナさんが今シーズンの終わりで突然死んじゃうことに
なっているとか。

今からドキドキしてるよ……デレク♪


« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »