« 再放送「小暮写眞館」 | トップページ | 三太郎 »

2015/06/22

父の領収書

ふと本棚を見たら、持っていることすら忘れていた未読の本が目についた。
ちょうど最近読んでみたいと思ってた折原一作品。

自分で買った覚えはなく、開いてみたら領収証が入っていた。

そうか。父の本棚から持ってきたものなのか。

Img_2399

父は読書家で亡くなった時は本棚に何重にも重なった本を
まとめてブックオフに持っていくのに苦労した。

そして、本は必ず単行本で読む主義だった。
記録のために買った時の領収証を挟み込むクセがあった。

折原作品は読んだことがないから、たぶん自分から進んで持ってきたのではなく
父におもしろいからと勧められて持ち帰ったのだと思う。

領収証は2002年1月12日午後12時50分。
亡くなる4カ月前の昼休みだったのだろう。

とっくに文庫が出ている作品だけれど、せっかくだからこのまま読もうと
思う。
そして、たぶんこれは売り飛ばせない。


« 再放送「小暮写眞館」 | トップページ | 三太郎 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事