« 発掘 | トップページ | 4月! »

2015/03/06

試写会御礼&纏足

4日、「ハッピーウェディング」の一般試写会無事終わりました。
急な募集だったにも関わらず、キャパを超える申し込みをいただき
途中で募集停止したそうです。
試写会マニアの人っているらしく。
来てくださった方々、ありがとうございます。

関係者だけの試写より、一般のお客さんが入っての試写は素直な
声が聞こえてくるので勉強になります。
ここで笑ってくれるんだ! とか、あ、もうこのシーンは泣きのポイントに
なるのね!とか。

主演の吉岡里帆ちゃんは今年3本の映画公開が予定されている
期待の新人!
京都の自宅から通いとか、マネージャーもつけずにえっ!?っていう
ような場所にホテルをとってたり、なかなか逞しい。
猫5匹飼ってるというのもツボでした。
しかし、おかーさんはすでに私より年下……とほほ。

さて。タイトルのワケ。

祖母に昔聞いた話で興味深かったこと。
昭和10年代はじめの頃の北京生活の話。

運転手、メイドつきという奥様生活をしていたとか。
その時のメイドが纏足をしていて、
呼んでもチョコチョコとしか歩けずすぐには来られなかった、
という話。

今ではもう小説や一般知識としてしか知ることはない
ことだったので、結構聞いた時は衝撃でした。

でも、今になってよーく考えてみると、
纏足をするのはよい結婚をするため。
労働者階級ではなかったのでは?
ならばなぜ日本人家庭でメイドを?

……そこに歴史の暗い1ページがあるような気がしてしまう。

« 発掘 | トップページ | 4月! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事