« クリぼっちの読書 | トップページ | 思い込み »

2014/12/26

4DXで「ベイマックス」を観た

Photo

今書いている映画が3Dなので、とても気になっていた
「ベイマックス」を観てきました。

どうせならと導入されたばかりの4DXで!なんて思って
初体験!

うぎゃ~~。なんだこりゃ!
もう予告編だけでぐったり。

せいぜい座席が揺れるくらいだろと軽く考えてたらとんでもない。
まずジェットコースターのような震動と動き、風は前から後ろから、
雨シーンなら水しぶきが飛んできて、
食べ物のシーンならにおいがする、
煙幕シーンなら煙がモクモク、
火花や雷シーンなら閃光が走る、
とにかくありとあらゆる刺激を与えられるのです!

水しぶきはON・OFFボタンがあるけど、
揺れるのは止められない!
っていうか、それがヤなら普通の座席で見ろ、という話。

もはや遊園地に来た感覚。

ただし、遊園地の体感マシンだと、自分が乗っている乗り物
が飛んだり落ちたりするのに合わせて座席が動くわけだけど、
映画なので、主人公たちの動きをすぐ近くで観ているという視点に
なるわけ。
主観じゃなくて客観なのに刺激は登場人物と一緒、
というちょっと不思議な体験になる。

そして、座席への刺激はアクションシーンだけかと思ったら
大間違い。
ほんのちょっとしたことでもすべてズシンズシンくる。
ようやく動きが止まるのは、エンディングロールです。

つ、疲れた……

で、肝心の「ベイマックス」は……とてもとてもよくできていました。
泣けました。
日本人なのがイイ。

お話の構造は「ドラえもん」にやや似てるかな。
ただし、のび太くんと違って主人公ヒロは天才ですが。

ただ、4DXにすっかり疲れて、心情をじっくり味わうヒマが
なかった、というのが正直なところ。

4DX、どこまで普及するのだろう……?
話の種に一度は体感してみるのもいいかもですが、
カラダと気の弱い方にはお勧めしません!

« クリぼっちの読書 | トップページ | 思い込み »

「映画・テレビ」カテゴリの記事