« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014/07/30

なぜ日本人はパンケーキが好きなのか

Butter

近所にパンケーキの専門店Butterができた時
2時間待ちの行列ができていた。

今は大分落ち着いて並んでなかったので入ってみた先週末。

どこのパンケーキのお店も長蛇の列と聞く。
なんでだろ?
確かにおいしいけど。

私が初めてパンケーキを食べたのは、四半世紀前(!)のカナダ。
感激したのを今でも覚えてる。
日本でいえば、いわゆるホットケーキなんですが。
あのふわふわ感が人気の秘密なのかしらん?

たぶん並んでなければ、また行っちゃうかも。


                ★

今夜は映画の打ち上げ。
まだ情報解禁前なのでタイトル出せませんが、
1月にシナハンに行った作品です。

女優さんを見てると、いつもながら本当に同じ生き物
とは思えない。
なぜそんなに細いの?顔ちっちゃいの?

「私たちなんて明日はどこの現場ね!って土方ですよー。
27時終わりってなに!?1日は24時間でしょーとか思いますよ~」
なんてざっくばらんで笑っちゃう。

ロケはとにかく充実していて楽しかったらしい。

〆切あるので、二次会は失礼して帰宅。
立食パーティーでなんとなくおなかがすいて西瓜をペロリ。

これから夜なべです。
眠くなりませんように!


2014/07/19

映画「マダム・イン・NY」

Photo

午前4時に起きて11時に原稿出して……
なんてことをやっていた今週のとある日。

「マダム・イン・ニューヨーク」を観る。

単館系映画は、観たい!と思った時に観ないと、なかなかDVDにもならないし
そのうちに忘れちゃったりする。

この映画も予告編を見て、おもしろそ~と思っていた1本。

実は初のボリウッド映画。

インドの映画って、なんだかわかんないけど、とにかく歌って踊ってるだけでしょ
なんて思ってた思い込みを完全に払拭させられた。

普遍的なテーマ、きめ細かい心情描写。
じんわ~り、しっとりくるいい作品だった。

もちろん歌ったり踊ったりの場面もあるけど、
それが自然。

ヒロインは主婦。
特技は料理。
夫や子供からは、主婦としての仕事をしても感謝されない。
……これはいずこの国も同じなのか。

で、このヒロインの場合、そこに英語がしゃべれない、という
劣等感がつきまとい、これが大きなモチーフになっている。

公用語だからってみんながみんなペラペラじゃないのね~
というのは興味深かった。

あとこの家庭がカーストでいえばどのあたりに属するのか
なんてことも気になった。(でも語られてはいない。インドの
人が観れば自然にわかるのでしょう)

とにかくヒロインのシュリデヴィの美しいこと!
この方、70~90年代に大活躍した国民的女優さんなんだそうで。
結婚して引退して、今回が15年ぶりの復帰作だとか。
監督も新進気鋭の女性。

なんだかすごーく掘り出し物!って感じの作品でした。
おススメです。

1つだけ。回収されてないエピソードが……
あの、クレープ、どうなっちゃったんでしょうね。
たぶん編集でカットされたんだろうな、なんて思ってみたり。。

2014/07/14

アタマの体操

Photo

最近我が家の回りでよく見かける屋形船。
なんだかここ最近ドハデになってる気がするんですが。

一度だけ乗ったことがあるけど、これでもか!というくらい
天ぷら責めで死にそうになった。

                ★

タイトルのワケ。

1月のパリシナハンの時に、英語が聞けない、しゃべれなく
なっていることに、今さらながら愕然。
観光ならごまかせても、取材となるとやっぱり苦しい。
(もちろん通訳さんはいました)

外資系の会社に勤務していたのは、かれこれ20年以上前。
一応英文科だけど、誰も知らない学校だし、
間違って入っちゃったような会社で、
入社前のパーティーで、みんな英語ペラペラでどんだけ焦ったか。

それから必死にスクールへ通ったり、ラジオ英会話を聞いたりして
そりゃあもう苦労しました。
英語で夢を見るくらい。

書類は半分くらい英語で、残業していると英文がうごめく
アリンコみたいに見えてきたこともあったっけ。

一番嫌いだったのは、電話。
自分からかけるのはいいけど(準備ができるから)
かかってくると焦る。
特に、アジア統括オフィスがシンガポールにあって、そこから
かかってくるのが緊張で嫌だった。

間違えたら大変だから、切る時には必ず
「じゃあ、今の話、確認のためFAXします」

って、だったら最初からFAXにしてくれ!というくらい。
(当時はメールなんてなかったのですよ)

そして20年という月日があっという間に流れ……
今じゃどうかすると映画も吹き替えにしちゃうことがあるくらい。
アメリカ人の友達と会っても、相手が日本語ペラペラなのを
いいことに全部日本語で通す。

文章に至っては、見るのもヤ!
クリスマスカードの短い挨拶文さえ書きたくない!

仕事の資料で渡されるインタビューは翻訳が上がるまで
ひたすら待つ!

が。しかし。

これじゃいかん。

と思ったのが1月の体験、というわけです。

で。また会話を習おうと思ったけど、レッスン受けるのは正直めんどい。
やはり数年前に思い立って週1で家の近くまで先生に来てもらった
ことがあって、その時はすっかり意気投合して、一緒に旅行に行く
までになったこともあったのだけど、
相性もあるし、毎週何曜日と決めるのも苦痛だ。

というわけで、NHKラジオ英会話の久々の登場!

スマホのアプリで普通にラジオが聞ける。(無料)
1カ月分900円でDLすれば、いつでも聞ける。

プログラムも初級基礎英語から上級ビジネス英語まで
よりどりみどり!

さしあたって英語リスニングと初級ビジネス英語、
普通の英会話、その他あいてる時間に
やってそうなプログラムを片っ端から聞いてます。

これがなんだか、眠ってたノーミソの一部をたたき起こすような
感覚でなかなかイイ!

マンツーマンだと、自分のボキャブラリーの範囲からあまり
出ないから、シャワーのように知らない単語やイディオムを
インプットしていくのがいいみたい。

ま、三歩も歩けば、あっという間に忘れちゃうんですけどね。
コケコッコ。

春先から始めてなんとなく続いてます。

駅まで遠いから、その行き帰りとか、
掃除しながら、とか、
そんな集中しない聴き方だから効果はなかなか
上がらないけど。
ま、老化防止のつもりです。

どのくらい続くかは神のみぞ知る。

2014/07/12

スーパームーン

午後8時23分現在、私の仕事部屋からおっきな満月
が見えています。

今夜はスーパームーン。
地球に月が最も近づいて満月になることだそう。
普通の満月より14%大きく、40%明るく見えるんですって。

今この瞬間、空が見える人はぜひご覧になっては?
心が現れます。

月光浴なんかもいいっていいますよね。
お財布を月に向けてフリフリすると金運が上がるとか!

               ★

最近、視力がビミョ~で困ってる。

レーシックから11年。
1.5の視力もついに0.7まで落ちました。
それでも普段眼鏡がなくても、困ることはないです。
(さっき困ってるっていったクセに!?)

困っているのは、日々見え方が違うから。

美容院に行くとよく見えるようになる。
ま、これはシャンプーとマッサージで頭の血行が
よくなって、視神経への酸素量が増えるからでしょうが。

困るのは本。
まだ老眼鏡のお世話にはならなくて平気だけど、
なんかつらいなーと思ってちょっと離すとクリアに!
この距離が毎日違うのだ。
もー。

それと左右の視力が違うので、例えば、スマホの
Kindleで読書をしようと思うとき、ちょっと右の方にずらすと
よく見えたりするワケ。

〆切前にちょっと根詰めると、翌日ぐったりきたり、
日々老化に直面する毎日。。
嗚呼。


                ★

最近、数年前に教えたシナリオ講座の受講生から
ぽつりぽつりと近況報告をいただく。

こんなドラマ書きました、って。

もう何年経つのかな。7年?8年?

夢を諦めずに頑張ってるんだという姿勢には
頭も下がるし尊敬するし、私とて四苦八苦の毎日
なので励みにもなる。

どうか満足できる未来があるように。
彼らのために、そして自分のためにも満月に祈る。

2014/07/03

her/世界でひとつの彼女

her/世界でひとつの彼女

観てきました。
スパイク・ジョーンズ監督の新作。
各映画祭で脚本賞を総なめにした作品です。

月並みな表現だけど
おもしろい……

発想がいいよね。
AIと恋をする話は、今に始まったことではないけれど、
声だけ、というところがイイ。
この声だけの出演、スカーレット・ヨハンソンがまた絶妙なのです。

果たして実体がなくても、恋はできるのか?
それは、現代では、ネットやスカイプで実証済みというケースは
山ほどあるので、別にこれまた珍しくもないのだけど
やっぱり描き方なんだろうなあ。

いってみれば、究極の遠距離恋愛なので。

(以下、ネタバレ)

このテのお話は、蜜月の後、いかに破局を迎えるか……だと
思うのですが、そうきたか!
わかりにくいといえば、わかりにくい。
だけど、ここまでAIに知性を持たせた設定なら
そうかも、という方向。

あと、ほんのちょっと先の近未来の演出がよかった。

単館系なので、観られる劇場は限られていますが、
おススメです!

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »