« 2014年2月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年3月

2014/03/16

要町81

1日に15分しかシャッターの開かない店。
要町81。

昨年ミシュランの★を獲得してから、とみに予約がとれなくなり
我々が予約できたのも3カ月前!

ホワイトデーの金曜日。
あげてないからお返しも関係ない女子3人で行ってきました。

厨房にテーブルが入り、マックス8名までのお客に
おまかせコース。
ワインもすべて計算つくされてお料理に合わせてある。

お客が揃ったら、シャッターを閉め(当然もともと看板なんかない)
そこはライブ空間になる。

81

たとえばコレ。
ただの半熟タマゴじゃない。
黄身と白身をどちらも絶妙の温度に温めてあり、
サクっとスプーンをいれるとフワッとトリュフの香りが
漂うように注射器で風味を封じ込めてあるんですって。

以下、細かいことはこの方のブログ
知り合いでもなんでもありません。
ググッたらたまたま同じメニューの時に行かれていたようで
詳しくレポされていたので、勝手に転載させていただきました。
オフィシャルブログだから大丈夫ですよね?

久しぶりにアルコールを口にし、それがまたどれもこれも
おいしいものだから、つい飲みすぎて、
帰ってから倒れました。

シェフに「これって何料理ですか?」と聞いたら、
「決まってません」だそうで。

一緒に行った友人によると、去年の夏ともまた全然違う。
どんどん進化を続けてる料理人のようで、
いつかまた行ってみたいなと思わせる店でした。

2014/03/13

昨今

試練というのは、乗り越えられる人のところにやってくるような
気がする。

同時に、トラブルが発生したとき(上記のことじゃありません)
どう対応するかで、自分と自分の周囲との関係も浮き彫りに
なるような気がする。

最近ちょっとイロイロあって、結局私は頼るべき人には頼らず
自分でやっちゃうのタイプなのかなあ、と思ったので。

相手もまた手を差し伸べなくてもいいやと思ったのだろうし。
だからこそ、思いがけない人からの助けや優しい言葉に感謝しちゃいます。

なあんてことをちょっと考える昨今です。

Alan_and_minie

デブ猫は元気にしてます。

一昨日の血液検査もほぼ規定値に。

今後の皮下点滴は2日おきに通院することに。
これが一生となると、行けない時があると困るので、
自宅での点滴もそろそろ考えないと。
針刺すのコワイけど。

人間でいえば透析みたいなもんですね。
一病息災というには重たい一病ですが。

                      ★

最後にまた宣伝を。
今夜の「奇跡体験!アンビリバボー」も一応担当。

殺人犯に問われた兄を助けるため、すべてを投げ打って
弁護士になることに挑戦した女性の物語。
世の中にはスゴイ人がいます。

2014/03/08

TB

テレビを買った時、なぜか録画ができなくて電気屋さんに
来てもらったことがあった。

「外付けHDD用ですよ、コレ」

へ?

HDDがないぞう……内蔵されてない機種だったのです。
で、買った。
1TB! テラ……テラテラ……寺?
初期のワープロがMBなんて世界だったことを思えば隔世の感。
こんだけあれば大丈夫~
なんて思ってたら、あっという間にいっぱいに!

お友達や先輩が書いたドラマはすぐ見ちゃうのだけど、
おもしろそう!と思ったドラマは連ドラ設定でどんどんたまっていく。
ヘタするとそのまま次のクールのドラマも録画され続け……

でも、見ないで消すのはなんか悔しい。
すんごくおもしろかったらもったいないというビンボー根性。

で、立て続けに見ました。
「グッドワイフ」
おもしろいじゃん!
ただし、アメリカの司法制度がわからないとか、軍事のことが
難しくて理解できない、なんてことがあるので、それは番組の
ブログで補足。勉強になります。
図らずも昨日録画されていたのがちょうどビットコインに関する
訴訟がテーマ。
サルでもわかる系の説明を何度聞いても理解できないアレです。
楽しみ!

ウチでは他にスカパー専用HDDと地上波録画ができるHDD
もあり、観る方が録画に追いつきません~。

               ★

先週の今日を思えば、猫の回復ぶりはまさに地獄から天国です。

まだ予定は1日1つまでにしてあまり長時間留守にしないように
してます。
それでも、昨日の会議は7時間。往復入れたら9時間は留守に
したので、帰ってきた時はドキドキでした。

でも、おなかすいた~~~と駆け寄ってきたのはホッ。

おなかがいっぱいになると、デブ同士で寄り添って暖をとってマス。
Shinoalan


えー。みなさまのHDDもいっぱいかとは思いますが、
ご用とお急ぎでない方はどうぞよろしく。
明日21時よりBS日テレで松本清張ドラマ「球形の荒野」

2014/03/06

猫、その後

今まさにこの時、友人が愛猫の闘病で祈るような
時間を過ごしているのがわかっているので、
本当に心苦しいです。

その友人Mちゃんは、大変な時なのに、ウチの猫のために
いろいろと情報をくれて。
なかなかできるこっちゃないです。ホント。
どうかどうか人も猫もすこやかになれますように。


で、先週カンペキに半分あの世に行ったと思われた
ウチのデブですが……

元気です。少なくとも表面的には。
以前と変わらずよく食べる。
腎臓の療養食じゃなきゃいけないのに、他の子の
ごはんまで欲しがるほどに。

鼻炎も治った~と喜ぶ私に先生は
「抗生剤が効いてるだけです」とシビアではありますが。

今回ほんの数日で猫も飼い主もそれぞれ2キロ痩せたんですが
(まあ総量からすれば意味が違う)
飼い主はあっという間に元どおり。
猫も昨日の点滴の時に「おっ、大分増えましたね」だって。
あきれる……

おまけに病院では、院長夫人、看護師さん中心に
大人気!
おいおい。家しか受け付けないから、かわいそうだと思って
家で看取ろうと思ってた飼い主の決意はどうなるの!?

ここ2年ほど新入りの黒白ギャルズがやっぱり若くてかわいいし
野良で苦労してきたと思うから、ついあっちにばかりかまけてた
ので、ごめんね、これからは大事にするからね~と
一緒に寝てます。
まるでアザラシを抱っこしている気分になる6キロ超の猫。
バカデカイ湯たんぽみたいな。

こうなるともはやギャグです。
ホントお騒がせしてすいません。

えーと。実務的なことです。
今後の参考にされる方もいるかと。

4日間の入院費用がおよそ8万。
今後皮下点滴で通院が1回2600円。
療養食、その他サプリで2万ちょい。
通院の往復はタクシーになるので、これが片道1000円弱。

他の子にもやがてやってくることを考え、昨日は3社ほど
資料を取り寄せ、保険料が安いところに4匹加入。
12歳までしか入れないので。

しかし、よーく後から適用範囲を見直してみたら、なんと
手術に特化した費用のだった!

完全室内飼いの猫が外傷で手術という例はまずないし、
内臓病(ガンなど)だったとしても、なるべくなら開腹手術
はしないつもりなので、まったく使えない保険ってこと。

慌てて即日解約の手続きをとりました。

で、よーく考えてみると、高齢猫の保険料を払うのだったら
その分貯金しておいた方がよさそうと思ったりして。とはいえ、こればっかりは賭けみたいなものだけど。

猫は、もはや道楽みたいなもんです。
ダンスに比べたらお金かからないや、なんてうそぶいて。

それもこれもとりあえず元気になってくれたからこそ。

0306
おなかいっぱいになって寝こけたので、無理やり起こしてパチリ。
私のネイルがやたらハデなのは、このくらい気分をアゲないと耐えられない
ことが待っていると思ってたから。
ま、嬉しい誤算ってことで。


2014/03/05

OAのおしらせ BS日テレ「球形の荒野」

ドラマ放送のお知らせです。

BS日テレオリジナルドラマ
松本清張 「球形の荒野」

3月9日(日曜)21時~22時54分

【出演】木村佳乃、寺尾 聰、武田真治、市毛良枝、田中健、寺田農 他のみなさん

谷口純一郎さんと共同脚本です。

過去に何度も映像化されている作品ですが、たぶん今回が一番原作に
近いんじゃないでしょうか。

もともとミステリ自体をあまり手がけたことがない上に、初の松本清張作品
ですが、読み込めば読み込むほど、深い……とうなりました。
特に「球形の荒野」は、日本の敗戦処理に関わる外交問題に端を発する
というもので、非常に難しいものがありました。

奈良、京都と大雪で撮影ができないなんてことはなかったそうです。
お時間ある方よろしかったらご覧ください。


                  ★

明日の「奇跡体験!アンビリバボー」
感動のコーナーの十勝バスの再生物語。

企業モノではありますが、これまた「あきらめない」というのが基本にある
お話です。

こちらもどうぞよろしくお願いします。

2014/03/04

猫生観変わる?

毎度お騒がせしております。

いろいろとお見苦しいところをお見せしまして恐縮です。
ご心配ありがとうございました。

今日無事退院いたしました。

待合室で待っていたら(今日はワンコが大入り満員!
犬の種類は全然わからないんだけど、フレンチブルドッグって
流行ってるんですかね?)、院長夫人が
「アラン君、いい性格ですね~。人懐っこくて」と。

へ?
あの人見知りが?

なんと誰かれ構わず、かまってくれる人にはスリスリして
抱っこをせがんでいたというではありませんか!

病院の人たちが生命の恩人だとわかったからなのか?
はたまた、大病して一度死にかけた人が人生観が変わるように
ヤツも心を入れ替えたのか?
これで幻の猫を返上できるんでしょうか?

ま、とにかく。
数字は驚くほど改善。

BUN(血液尿素窒素) 140→40.7
CRE(クレアチニン)  15.6→2.2
カリウム           6.6→2.9

白血球だけまだ344と若干高いけれど、もう死んじゃう!という値が
標準値よりちょい高いくらいに戻りました。ホッ。

帰ってドアを開けると、わらわらと飛び出してくる猫4匹!
どんな反応するかと思いきや、クンクンクンクンひたすら匂いを
かいで、でも別にフーッとかシャーもなく、すんなり思い出した模様。

本人はしばらくご飯だトイレだと騒いでいたけど、
今は私の机の下の足元ヒーターの前で伸びて寝てます。

ずっと点滴していたので、右手と左手の太さが倍くらい違うのは
ご愛嬌。

全快したわけではないですから、これからだんだんと体力は
落ちていくと思いますが、それまでおうちで楽しく過ごしてください、
といわれました。

はい。覚悟はしてます。
でも、あのまま逝かれなくてよかった。

今回のことでは、猫のことに限らず様々なことを気づかせられました。

とにかく感謝。

Fukkatsu
相変わらずのオッサン顔。
2キロ痩せたけど、まだ6キロもあるでよ~


2014/03/03

復活

えーと。
猫のことでは、いろいろとお騒がせしました。
心配して連絡くださった方々、ホントにホントにありがとうございます。

今日は午後から面会に。
目の前の運河を渡ったら5分で着くのに、橋のあるところを通っていくと
20分!いい運動。

今日は先生との話の前に先に面会。
丸くなってたけど、私が行くと、にゃ~~~!
と駆け寄ってくる。
だっこ~~!帰る~~~!とすごい勢い。
もうびっくり。
隣のケージでわんこがワンワン鳴いてるのにも
動じる様子もなく。

140303

あまりにも動くので写真が撮れない。。

葬式のことまで計画してたのは本人にはナイショ。
まあ、棺桶に片足突っ込んでたもんね、とは先生の言。たしかに。

明日には退院できそう。
その後は、毎日皮下点滴に通い、いずれは自分で点滴することに。

今はいろいろ情報もあるし、おかしいと思ったらすぐ病院に連れていくけど
昔は元気ないね~でほっとくだけで死んじゃう、というパターンだったなあ
と改めて思う。

私も今回は初日の数字がひど過ぎて、とにかく情報がほしくて
15分で回答が出ますという有料の獣医サイトにも相談しました。


そして、ふと思い出した。

ウチの弟って獣医じゃん!(爆)

とはいえ、開業医じゃないから臨床やってないし、
ふだんは牛とか豚の研究が専門で、鳥インフルがどーとか、
恐牛病の応援で他県へ行くとか、そんな生活をしている人なので
はなっから相談するという発想すらなかったのだけど。

アランが帰ってきたら、フードは腎臓病専用療養食になる。
アランより年上のジジババ組はいいとして、
青春真っ盛り!の黒白ギャルズは別メニューかな。

ウチはいつでも食べられるビュッフェ形式(!?)なんで、
今後工夫しなくちゃ。

でも、そんなことを考えられるようになったのは土曜日を思えば
幸せなことです。

全快とはいかないし、まだまだ予断を許さないし、
残された時間がどれくらいなのかも全くわからないけど、
若くない飼い主ともどもなんとかやっていきます。


2014/03/02

ささやかな

猫がニャンと鳴いてこれほど嬉しいとは。
ニャンですよ、ニャン!
ワンじゃないのに。

今日は、看取り覚悟で、家の中に専用の静かであったかい場所を
つくり、エアコンをかけたまま部屋を暖めて病院へ。
昨夜は葬儀業者も検討し、ここかな?というところに当たりまで
つけて。(気が早い!)

もうどんなことになっているか覚悟しつつ検査値と向き合ったら、
なんと大分改善!
本人も、昨日はぐったりして、もうなんだか剥製みたい
なっちゃってたのに、今日は香箱座りしてた!

そして、ニャア。
目に強さが戻り、シャム特有のあの見とれるような
アクアブルーを見せてくれました。

てなわけで、もうちょっと点滴を続けることに。

なんかね、昨日がまずまずかと思って出した原稿が
打合せに行ってみたら、う~んどうしよう~と
頭抱えられちゃうカンジで、
今日はもうダメダメだよなあと覚悟して行ってみたら
「すばらしい!泣けました!」といわれるのに似てる。

どっちも経験ありますが、圧倒的に前者が多い私ですが。

そんなことで嬉しくなって、昨日は全然食べる気にならなかったのに
帰ってロールケーキをぺろり。(なぜそんなものがある?)

よく大病した人が、「病気してよかったです」とかいいますよね。
そういう人を番組で何人も取り上げてきて、詳細まで聞いても
そう? でも,病気にならない方がもっといいじゃん、と思うのが
常でした。

今日はちょっとわかった。
ダメだと思った時に見出す希望というのがどんなに嬉しいか。

ま、私なんてまだたったの2日だから、エラソーなことは
言えません。
世の中には家族の闘病で何カ月も何年も頑張っている人がいる。
ささやかな幸せどころか、もう勘弁してくださいって場合だって
ある。

うちの猫も、この後どうなるかわからない。

実はこの他にも別なことでちょっと(というかかなり)凹む
事態があったのですが、そういうことがあると
日頃自分がいかに傲慢で、あるべきことがあるのが当たり前
と生きていたかと思い知らされる。

Cat
若かりし頃。

2014/03/01

迷い

今日から3月。は、早い……

朝、布団が軽かった。
いつも漬け物石のように上に乗っかって寝ている猫がいないから。

午前中に動物病院へ。
丸1日静脈点滴しても、数字は全く改善されず。
むしろ悪くなっている値もあった。
もはや焼け石の水ってことなのかな。
末期です、といわれました。

本人はもうただただだるいだけらしく、私を見てもうっすらと
目を開けるのみ。

夕べは一晩中腎不全について調べ、調べれば調べるほど
絶望的とわかり、泣けてくる。

別の獣医さんにセカンドオピニオンを求めるも、
この数値だったら、明日死んでもおかしくない、と。

泣きじゃくる飼い主の状態がおかしいと思うのか?
黒白のデブ猫が私とPCの間をいったりきたり。

で、迷い。
これからどうしよう。
とりあえずあと1日静脈点滴をして様子を見させてもらうことにした。

でも、アランは誰よりもビビリで、キャットシッターさんにも絶対に
触らせず、ピンポーンが鳴れば真っ先に押し入れに駆け込むような
小心者。
実は仔猫の頃はお客さんのお腹の上で寝ちゃうくらい
人懐っこいコだったのに、去勢手術を境に私以外の人間を一切
受け付けなくなってしまったのです。

だから、病院に置いておくのはあまりにもかわいそう。

これ以上入院させてもほんのわずかな延命なら、自宅で
暖かくて静かな場所をつくってゆっくりさせてやった方が
いいんじゃなかろうか。
いやいや、もしかしたら持ち直すかも……

慢性腎不全は、気づいた段階で腎臓の75%が機能しなくなり
腎臓は二度と再生しない臓器。
ゆえに人間だったら腎臓移植しかないわけで。

完治も回復もないのなら、やっぱり病院に置いておくのは
かわいそうだよな。

明日連れ帰ってこよう。

それが迷った末の今の結論です。

突発的に考えて泣けてくることはあるけど、日常というのは続いていく
もので、ときどきボケッとしてつまらぬポカをやりながら、
普通に冷静に生活してます。
ああ、これって父が余命宣告されたときと一緒だなあと
思い出しました。

ウチにはまだごはんくれ!とか猫じゃらしをくわえてきて遊べ!
とうるさいヤツがワラワラいますから、泣いてばかりもいられません。

心配してメールやメッセをくれた方々、ありがとうございました。
なんとかかんとかやっていきます。


« 2014年2月 | トップページ | 2014年5月 »