« 眠気覚まし | トップページ | 青猫・赤猫 »

2014/01/21

淡路さん

遅ればせながら、なのですが、淡路恵子さんの訃報を
寂しく聞きました。

デビューして1年目の頃だったか、ある昼帯ドラマで
一緒にお仕事させていただきました。

打ち上げで初めてお目にかかり、当時のライター陣
(同年代女子3名)でご挨拶に伺った時の言葉が
忘れられません。

「あ~ら、先生たち、こんなにお若かったのぉ?
道理でトシとった女の気持ちがおわかりにならないはずね」

ガーン。

すいません。すいません。

淡路さんの壮絶な女の人生を思えば、あれから十年以上経っても
私なんぞはまだまだひよっこ。

それでも、ちょっとは〈トシとった女〉の気持ちはわかるように
なりました。
自分がトシとって、いろいろ経験して。

今だったら、ちょっとはマシになったわね、くらい言ってもらえたかなあ。
その機会が永遠になくなったことが残念です。

心よりご冥福をお祈りいたします。

« 眠気覚まし | トップページ | 青猫・赤猫 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事