« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014/01/30

世界は狭かった

帰国しました。

今回つくづく感じたのは自分がいかに体力がないか、ということ。
ダンスをやっていた頃はもうちょっと頑張れたのだけどなあ。

塔の屋上に昇る、というのが2つも続いたら、
もう死ぬかと。
あまりの私のバテバテさに、
夜景の時には「クニイさんはもういいですよ」と
いたわられる始末。とほほ。

喉をやられて、帰国前日のロケハンは明らかに熱がある
と自覚できるほど。
現地の風邪薬を流し込んでなんとか持たせ、乗り切って。

やっぱり運動しなきゃだなあ。

Photo

これは闇市みたいな市場の一角にあったアート。
男女のホールドがちゃんとしているところに感心。
(ダンスのね)

そして、世界は狭かった。

まず監督がとある有名な観光地2箇所で知り合いにバッタリ。

そして、私も帰りの空港で「Kさん!」と声をかけられ。
同業友人Yさんでした。
彼女もおシゴト。
異国の空港で日本語でお茶なんぞしていると、
外国にいる気がしなかった。

そして、ここからは時間との闘い。

なんとかまとまりますように。。


2014/01/25

ロケハン3日目

夜になったら強制的に眠剤を飲んで寝ているので、
とりあえず元気です。

食べ過ぎ注意って感じでしょうか。

ロケハンはめいっぱい動き回っています。
こっちに来てみたら、初稿で書いたことがまったく違う!という
ことが多々あり。
正直帰ってから大変なことになるなあ……と戦々恐々。

ただ、歴史のある国の建造物はすばらしい。

地震もなく、戦火で焼かれることもなかった街は
不便さと隣り合わせで、歴史の中に佇み続けるようです。

Photo


そうそう。今回の旅で1つ驚くことが!
総勢9名のスタッフで動いてますが(現地コーディネーターさん込み)
なななな、なんと!
カメラマンさんとかつて同じ町内に住んでいたことが判明!
転勤族だった私は2~3年で転校を繰り返していたのだけど
2年半は同じ小学校に通ってた!
(私の方が1学年上)

○○先生、覚えてる~?
○○ちゃん、知ってる!?
知ってる知ってる!

日本をはるか遠く離れて、よもやこんな会話が出来ようとは!?

残念なことは、記憶力がチキンの私は、
いまだ担任の先生の名前と顔が思いだせないというコト。


2014/01/22

荷造り

Photo_2

猫というのは、どうしてスーツケースを見ると入りたがるのか?

明日から海外シナハン兼ロケハン行ってきます。

発表前なので、どこの国かは申せませんが、
東京よりは寒い模様……
うう。

今まだ見えていない部分がシナハンで見えてくるといい、
もしくは新しい発明ができたらいい、
心底願いつつ、
行ってきます。

電話とメールは普通につながりますので、
ご用の方は遠慮なくご連絡くださいませ。

青猫・赤猫

Photo


猫好きの友人・真行寺美香さんが、このたび劇団を立ち上げ、
その旗揚げ公演が2月22日にあります。

以下、詳細。
ご興味ある方は、直接もしくは私にご連絡いただければ予約します。

*************大正浪漫サロン「青猫・赤猫」 旗揚げ公演*****************

季節漂う風流な庭のある屋敷で繰り広げられる、
主のパピヨンと芸子たちのあでやかで、刹那で、幻想的な風景。
言語を用いず所作と生演奏のみで表現します。
古き良き時代の大正浪漫の着物の美しさと諸外国のモダンな香りを
リミックスした耽美な世界観を、ぜひご堪能ください。

★脚本・演出・主演  真行寺美香

★演者

柊あずさ 
川口未央
JUNKO      
あさみ
川村 直
みほこ
角野佑太 

★音

ピアノ       加藤雅也
アコーディオン   おりこ

★Special thanks
着付け              市原佐也子
ヘアメイク            JUNKO.A 、Lee
グラフィックデザイン+カフェ女給 田中由紀子
受付 誘導・面デザイン      井手上紗織
カメラ・ビデオ          なかのまさき


※演目は一軒家の内と外の舞台を見せ場にしております。
寒い時期ですので皆様しっかりと防寒対策をしてお出でくださいませ。

  会場が住宅街で入り込んでおります。地図をご確認の上、お気をつけてお越しください。

  参照:http://www.moritera.com/tokyo/map/access.htm


●事前予約特典

2月20(金)までにご観覧予約のお客様。
お名前、枚数、連絡先 ご紹介者をご記入の上、
下記アドレスまで件名をチケット予約としてメールでお知らせください。
特典として1ドリンクサービスさせていただきます。(お支払いは当日受付にて)
coyotemica@yahoo.co.jp


●当日販売
アンティーク大正浪漫お着物セット、下駄、小物、ストールなど


●カフェ営業
終演後14:00〜15:00はカフェスペースとして、
簡単な飲食、アルコール等をご用意しております。
出演者とお話もできます。


2014/01/21

淡路さん

遅ればせながら、なのですが、淡路恵子さんの訃報を
寂しく聞きました。

デビューして1年目の頃だったか、ある昼帯ドラマで
一緒にお仕事させていただきました。

打ち上げで初めてお目にかかり、当時のライター陣
(同年代女子3名)でご挨拶に伺った時の言葉が
忘れられません。

「あ~ら、先生たち、こんなにお若かったのぉ?
道理でトシとった女の気持ちがおわかりにならないはずね」

ガーン。

すいません。すいません。

淡路さんの壮絶な女の人生を思えば、あれから十年以上経っても
私なんぞはまだまだひよっこ。

それでも、ちょっとは〈トシとった女〉の気持ちはわかるように
なりました。
自分がトシとって、いろいろ経験して。

今だったら、ちょっとはマシになったわね、くらい言ってもらえたかなあ。
その機会が永遠になくなったことが残念です。

心よりご冥福をお祈りいたします。

2014/01/18

眠気覚まし

Photo

時間との闘いみたいな時がある。
(実質は自分との闘いなワケですが)

私には、魔の時間があって、午後3時前後。
この時間の眠気ときたらもう!

でも、昼寝も散歩も行けないくらい〆切に追われている時にはコレ。
無水カフェイン!
カフェイン200㎎。

4時間おきに1日三回までというのを、
2時間おきに、かつ決して一緒に飲んではいけないという
コーヒーで流し込む!

それでもカェフインに耐性があるせいか、夜中の2時を回ると
どんなに飲んでも効かず、そんな時は床に転がって仮眠
するしかないんですが。

で、なんとか朝までに原稿を送ると……
今度は眠れない!
でも、寝ないと夕方からの打合せで持たない!
そんな時には、よわ~い眠剤飲んじゃう。
すると5時間は一気に眠れる。

---という、決してカラダにはよいとはいえない
荒っぽいヤク漬けになってた今週でした。

2014/01/05

年賀状間違えた!

午後3時過ぎ。
猫たちはみ~~んなお昼寝タイムZZzz。。..
飼い主がせっせと働いているというのに。

正月だからとか全然関係ない。
いいもん。
人サマが遊んでたってうらやましくなんかないやい!
人サマが働いている時に遊べるんだから!
と、よくわからない負け惜しみを言いつつ、
〆切は明日。ひー。

で、年賀状。
ここ最近はネットで図柄を選んで注文しているのだけど……
ま、間違えていた。自分の名前!

ということに、さっき友達に指摘されて気がついた!

ワタクシ、ペンネームは「国井」ですが、本名が「國井」なんです。
なのに、本名の名字+ペンネームの下の名前
で刷っていた!

それを電子ゲラのチェックで気づかず、さらには
何枚も書きながら全然っっっ気がつかなかったという。

これがトシをとるってことなんですね。
ヤダヤダ。

というわけで、すみません。
改名したわけではありませんのでm(__)m


Photo

アホな飼い主は相手にせず、バードウォッチングしよ!というギャルズ。

2014/01/04

早朝初詣

Photo

今住んでいるのは、バリバリの埋立地なので、
お寺も神社も皆無。
でも、ちょっと行けば深川。

この地に住んで5年になろうというのに、
いまだに一度もお参りしたことのない
富岡八幡宮。

ネットで調べたら、昼間は混雑しているようだからと
ふと思い立って起きてすぐに出掛けてみた。

すいてた。

屋台もまだシートをかぶったまま、かろうじて御札や
おみくじのみ販売。

なんか静謐な感じでよかった~。

Photo_2

獅子舞の準備をする人たち↑

おみくじは「吉」
「万事が最高の状態であなたのものになる。
 しかし最高というのは次は下り坂なので、
 控えめの態度を守る」
だって。

えー。どこが最高!?
今が最高だなんて困るんですけどっ!

しかし、「失せ物 見つけにくい」
これはそうかも。
最近、捜し物ばっかりで時間をどんだけ無駄にして
いることか。

朝からいい運動になった。
古い御札を置いてくるのを忘れたので、
また近いうちに行ってみよう。

帰りはせっかく深川だし、時代小説の舞台だし、と思って
「半七捕物帳」をキンドルで読みながら帰ってみた。
昔の面影はない街並みだけど、
ちょっとだけ気分が出た。


2014/01/03

コーンウェル新作「死層」

どんなにガッカリすることがあったとしても、
この作家の本が出れば買う、
という作家の1人が私にとっては
パトリシア・コーンウェルです。

死層(上) (講談社文庫 こ 33-37)
死層(上) (講談社文庫 こ 33-37)パトリシア・コーンウェル 池田 真紀子

講談社 2013-12-21
売り上げランキング : 1232


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

知性と美貌を兼ね備えた主人公ケイ。
さすがにこの検屍官シリーズが始まった頃のワクワクする
ような展開はここ数年はパッタリ……

それでも前作よりはおもしろかった。

ミステリには珍しく(もないか)一人称一視点で語られるので、
事件の本質とは関係ない、「女としてそろそろヤバいワタシ」とか
「夫が部下となんかあるんじゃない?」的な心理描写に割かれる
部分が結構長くてウザくて、それでもなんかクセになる。

10年前にあった映画化の話はどうなったんだろ。
もう今さらでしょうが。

何はともあれ、今年の読了1冊目となりました。

本といえば……
モノ書きなのに読書量が少ないよねとある作家の先生に
指摘され、お恥ずかしい限り。
私の場合、年間200冊ちょい。

現在、買ったままの本が50冊ちょっとで、
Amazonのほしいものリストに入っているのが150冊。
う~ん。
キンドルのおかげで隙間読書は増えたものの
まだまだ。

小説は速読っていうのもなかなか難しくて。
ついつい味わっちゃうから。

でも、ネットで遊んじゃう時間を少しでも読書に振り向けたいなあ。
買いもしない品物をあれこれ比較して数時間って
バカじゃん!って我ながら思う。

ちなみに最近そのアホなネットサーフィンをしたのは、
リクライニングチェア。
読書によし、仮眠によし。
欲しい~。

しかし。
置く場所がない。
猫に爪とがれるのがミエミエ。

そう考えると絶対買えないのに~。
ついつい虚しく探しちゃったりして。

そーゆーのを今年はやめよう……と思ってマス。

2014/01/01

謹賀新年

2

明けましておめでとうございます。

大晦日はオンタイムで紅白全部見ちゃいました。
ここ数年元旦前後はバタバタしていたので、一番マシな年越しだったかも。
地味過ぎだけど!
でも、1年を振り返るという意味でもわかりやすかったし、
歌そのもので聞かせる人あり、
パフォーマンスから目が離せない人あり。
やっぱりいまだに大晦日の風物詩な気がする。

で。2014年。
今年は、まずは健康第一。
自分も猫たちも。

最近回りで一緒に暮らしているワンコやにゃんこが重病だったり
果ては亡くなったりという人が続出していて、(本当に多い!)
人ごとじゃない。

家族はもちろんだけど、身近にいるペットだって健康でいて
くれないと平和とはいえないから。


あとダイエット!
ってもう何十年も言い続けてますが。
もー何着ても似合わない自分がイヤ。


仕事は、これはもう勤勉、コツコツ。
そして、新しいことを少しでもトライしたいデス。


最近思うのは、「時間がない」ってこと。
それは日々のことではなく、人生の。
もうこんなにトシとっちゃった。
余計な遠回りしているヒマはない、と。
1日1日を大事にしたいものです。


« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »