« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

2013/11/29

気になるニュース

今週最も気になったニュースは、例の60年前の
赤ちゃん取り違え事件だ。

あまりにも気になったので、ワイドショーをハシゴして
しまったほど!

なにしろ鑑定しようと思ったきっかけが、取り違えられた長男と
以下3人兄弟の確執だというじゃあありませんか。
「おまえなんか兄弟じゃない!」
みたいなケンカはどこの家でもよくあることだとは
思うけど、本当に血がつながっているとは思えなくて
DNA鑑定までしちゃうって、まあ普通じゃないですわね。

どんだけ合わなかったんだ……
まさに韓流ドラマのような展開!

やはり育ちより氏なんだろうか?
血というのは、そんなにも濃いものなのだろうか?

遺産相続なんかも絡んで、ヨソ様の家の話なのに
ついつい野次馬根性丸出しになってしまう。


翻ってウチの猫たち。
純血種3匹vs野良出身3匹。

これはもうあからさまにたくましさが違う。
野良出身とはいえ、押し入れで生まれて、外の世界を
一切知らなくても例外じゃない。

純血種のコたちはおなかがすけば、ニャと呼びにきたり
じっとお皿の前に座っている。
野良出身のコたちは、自分で袋を食い破って自力で
食べる!
たくましさが全然違う。

まあこれは我が家の狭い統計ではあるんですが。

私も子供の頃はどこか遠い国のお姫様が本来の姿で
今はこの庶民の両親に育てられているのよ~なぁんて
夢想したこともあるけど、どこへいっても、
「まあ、お母さんにそっくり!」と言われ
夢は簡単にやぶれたものでした。


Photo

米子空港のネズミ男。この人のお母さんって……


2013/11/25

出雲へ

出雲へ行ってきました。
何カ月も前に予定していた旅だけど、予定どおりにいかないのが仕事
というもので。
あちこちに頭を下げてなんとか3日間を死守!

Photo

遷宮と日本中の神様が集まる神在月(全国的には神無月)とで
出雲空港はとれず米子鬼太郎空港へ。(←これが正式名称ってスゴイ!)
鬼太郎ファミリーが迎えてくれる。

着いてからしまった!と思ったのは、もっと古事記を勉強
してから行くべきだった、ということ。
出雲はまさに神々の国。
そこここに神話の世界がそのままある。

静岡からやってくる友人Sさんと松江で合流し、
まずは八重垣神社へ。

素盞鳴尊と稲田姫の伝説の舞台。
ヤマタノオロチに稲田姫……ああ昔むかし読んだ記憶が~。

Photo_2

これは鏡池。聖なる池に和紙を浮かべると、おみくじみたいな文字が
浮き上がる。
「努力すれば幸あり」
ハイ。

そして、コインを乗せて早く沈めば早く縁結びがある、と。
私は1分かからずヒューッと沈んでいきました!

Photo_3

ホテルはしじみで有名な宍道湖のほとり。
本当に美しかった!

この時期にこの地にいるだけで、なんだか空気が違うような。

Photo_4

そして、ハイライトは出雲大社。
かなりの人出。
敷地内でも特に強力なパワースポットへ。
鈍感な私でもなんかチリチリくるカンジ。

天気予報ではずっと晴れだったから傘を持っていかなかったら、
雨に降られた。

タクシーの運転手さん(どの車に乗っても皆さん博識!)によれば
この時期の出雲は神様のジャマをしないように爪を切ってもいけない、
静かに暮らさなければいけない、というのが本来のお作法で、
人々が浮かれて遊びに出ないように必ず悪天候になるのだ
そうだ。
納得。

旅はいい。
家にこもって本や映画三昧しているだけでは味わえない刺激
に触れられる。

これで御利益あれば、また御礼参りに行かなくては!


2013/11/19

ボールペン考

1年を通して、キリギリス期(ヒマ)とアリ期(繁忙)があって、
私の場合はなぜか夏場が文字通りキリギリスで、
秋からアリ期に突入する傾向がある。

というわけで、アリ期。
スケジュールを言い渡されると、これっぽっちも
遅れることが許されなくてドキドキする。

なのに、何カ月も前から予定していた行事が
続いてたりなんかして、皺よせで引きこもりに。
まあ自分が悪いのですが。

最近、打合せや会議に行くと、相手がどんなペンを
使っているのかジロジロ見てます。

結果。大人はいいモノ使ってる!
男性はモンブランが多いかな。
女性もスリムなタイプの高級品とか。

私は、3色または4色ボールペンが好きなので、
打合せでも使いたい。
強調すること、忘れちゃいけないこと、話しているうちに
変わったこと、思いついたことなんかは色を変えて
メモしておきたい。

1人ブレストする時にも便利。

ところが。
多色ボールペンでおしゃれなのがない。
プラスチックのはいろいろあるけど、さすがにねえ。

書きやすいのは、いろいろ試した結果、uniのジェトストリーム
シリーズ。
これはもう全く力を入れずにスイスイ書ける。
もともとはほぼ日手帳を買った時についてきて知ったのだけど、
いまだこれ以上の書き味のボールペンには出会っていない。

しかし、残念なことにこのシリーズはおしゃれなタイプがないのだ。
あるにはあるけどプラスチックでちょっと安っぽい。

仕方ないので、人前で書き物をする時には、
PILOTの多色ペンを使っている。
これは、木製のボディがなかなかいい手触りで、
しかもネームが入れられる。
滑りはuniほどじゃないけど、まあまあ。

uniさ~ん、カッコいい多色ボールペンをつくってください~。
……と東京の片隅で叫んでみる。

2013/11/17

同窓会

高校時代の同窓会がありました。
といっても、小規模な女子会。

久しぶりに昔懐かしい街へ。

それこそ卒業以来ウン十年ぶりという人も。

いつも不思議に思うのだけど……

会った瞬間はお互いに「ウッ!老けた!」と思うのに
3秒経つと「変わらないね~」となる。

あれはどういう心理なのか?

変わらないわけがない。
たぶん「間違いなくあなただよね」という確認なのだと思う。

現に、ある同級生は、娘に一緒に撮った同級生の写真を
「みんな変わらないよ~。若いよ~」と見せたら、
「どこが?どう見てもママと同い年じゃん」と
言われたそうだ。

きっと傍から見たら、年相応のおばさんたちが、
高校生に返ってキャッキャッ(ギャアギャア?)言ってるのは
さぞコワイ光景だっただろう。

このテの集まりは、頑なに出席したくない、という人もいる。
もう先が見えてきて今さらライバル意識もないし、
ただただ会えるのがうれしい、という人もいる。

それぞれがそれぞれの場所で刻んできた人生の時間
が見えることがおもしろい。

……締切りを完全に頭から締め出して遊んじゃった数時間。
楽しかった。

2013/11/15

秋はどこ行った?

キーンとさえ渡る空気と柔らかい日差し、っていう秋が
1年で一番好きなんですが、どこ行っちゃったでしょ。
寒いっス。

えーと。
体力がない、です。
去年の暮れの発表会を最後に、ダンスから全く遠ざかり、
加圧トレーニングも行ったり行かなかったり、
ウォーキングも途中でお茶するという無意味な行動を挟んだりで
まー体力の落ちるのが早いこと早いこと。

2時間の立食パーティーがもはや拷問。

それでいて、手っとり早いストレス解消に甘いもの。
ハイ。
デブ一直線。
まずいまずいまずい……なんとかしなくちゃ。

久しぶりに会った同級生が、みんなちゃんとジム通いをしている
と聞いて、ますます危機感。

Photo
テレビに登場した同類に興味津々のこしの嬢。

Photo_3

ついにたまらず最接近!
この後、テレビの中のにゃんこは左から右へ立ち去り、
慌ててテレビの後ろを覗き込んでいるのがおもしろかったデス。

他のコたちはあまりテレビに興味はないのだけど、
押し入れで生まれたという出自のせいか、
このコだけは結構テレビを見ます。

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »