« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013/10/30

本の話、とか

随分待ってようやくゲット。(Amazonで買ったんじゃないけど)

イラクサ (新潮クレスト・ブックス)
イラクサ (新潮クレスト・ブックス)アリス・マンロー 小竹 由美子

新潮社 2006-03-29
売り上げランキング : 1790


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

帯にはさん然と「ノーベル文学賞受賞」の文字!
ああ。読むのが楽しみ。

もう1冊。

戻り川心中 (光文社文庫)
戻り川心中 (光文社文庫)連城 三紀彦

光文社 2006-01
売り上げランキング : 1782


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この本に出会ったのは、まだOLをしていた頃だった気がする。
(遠い目……)
推理小説っぽくないのに、男と女の話にミステリが絶妙に効いていて、
そして何より美しい文章にハマった。

このたび連城三紀彦さんの死去の報に読み返したくなった。
引越しのたびに惜しげなく本を売っちゃう私が
この本だけはいまだにしっかり持っている。

が。紙の本は読まなくちゃいけない積ん読本が現在50冊以上
待機している。
なので。
改めてKindleで購入して読了。
ああ~。本当にいいわー。
そして、何度も読んだのにすっかり忘れている自分の
記憶力にも感嘆。
ここまで新鮮に感じるってどーなの!?

本当にすばらしい作家でした。
もっともっと書いていただきたかった。
ご冥福をお祈りいたします。

                ★

美容院に行く暇もないほど時間がないというのに……
「プロジェクト・ランウェイ」のバックナンバーが
WOWOWオンデマンドで配信が始まった!

ああっ。やめられない!止まらない!

シーズン4~7まで一気に見てしまった。
(途中の制作過程とかは飛ばしつつ)

なんと愛すべき個性豊かなデザイナーたちよ。
大いに刺激を受けました。

2013/10/12

種田陽平による三谷幸喜映画の世界展

Photo

@上野の森美術館。

三谷さんが映画のセットに凝るのは有名な話ですが、
種田さんという美術監督とのコンビによってあの緻密な
セットが出来上がっていた、ということがよくわかる展覧会。

さすがにセットそのものは残っていなくて、
写真や小道具の一部の展示のみだけれど、
三谷さん本人によるセットの紹介VTRなども流されていて
かなり楽しい。

撮影現場でセットを拝見することはよくあるけど、
三谷組のはほんと~~~にスゴイ!ということがよくわかった。
町1つつくっちゃうとか、細部までのこだわりとか……
予算もすごいのだろうけど。

そして、思ったのは、映画ってやっぱり楽しい!ということ。

久しぶりに会う弟+甥との待ち合わせの関係で、
「清洲会議」の撮影現場紹介のVTR(上映時間30分)
を見逃したことだけが残念!

自分用のおみやげにMoMaのレターセットを購入。
(三谷映画関係ないじゃん!)


2013/10/08

プロジェクト・ランウェイ

シーズン9にして今頃ハマッた!
WOWOWで放送中の「プロジェクト・ランウェイ

アメリカは本当にリアリティショーがうまい。
なんの気なしに観始めたら、どんどん面白くなって、
再放送中の8も朝っぱらから観てる。

駆け出しデザイナーたちのバトルなんだけど、
みんな野心むき出し。
男性はゲイが多いのでソフトで、女性は気の強い人が多い。

審査員も私だったら泣いちゃう!っていうくらい辛辣。
それに対して「私はこう思ってつくった!」とはっきり主張する。
もちろん言い訳だけの人は落ちていくし、
聞く耳を持つ人は残っていく。

最初は敵対心むき出しで大喧嘩してたのに
最後の方は本気で友情を育んでいるのがわかる。

与えられたテーマに自分を反映して、HIVポジティブだということを
カミングアウトした人もいた。

もーね、泣けるんですわ。1回は必ず。

夢に向かって驀進する強さ、ハングリーさ(文字通り。会場に来るのが
やっとだったという出場者もいる)、自分を自信持って主張する……
何かを本気で目指そうと思っているなら必見ですわ。

このトシになっても気分はいまだ駆け出しのワタシとしては
毎回勇気をもらえる番組。


              ★

猫が机の上をダッシュしていくなんていうことが日常茶飯事の我が家。
マグカップはフタつきを愛用していたのだけど……
その日に限って、上が重たい不安定な萩焼でお茶を飲もうなんて思った
のが運の尽き。

ハイ。こぼしました。見事に。1月に買ったばかりのノートパソコンに。

慌てて逆さまにしてドライヤーでかわかしたけど、びみょ~~にマウス
が反応しなかったり、テキストを打ち込んでるととんでもないところに
カーソルが逃げちゃったり。

使って使えないこともないけど、ストレスだし、これから長尺のホンを
書かなくてはいけないから、思い切って修理に出した。

その間は1月まで使っていたノートにデータを移して。
XPなので、新しいwordが変換されちゃうとか、電池の持ちがイマイチ
とかはあるけど、まあ問題なし。

数少ない親指シフトのノートパソコン。
無骨だしバカ高いけど、業務用だけあって、固まったり壊れたりという
ことが一切ないの(だけ)が取り柄だったけど、お茶には勝てなかったという。。

修理から戻ったら、今度はこの予備機をWindows7にアップグレードする予定。
(親指シフトのWindows8はいまだ存在せず。とほほ)


Photo

↑8月に友人を成田空港まで送った時にパチリ。
空港の非日常感、旅立ちの空気は好き。

2013/10/07

散歩

Photo

強烈な暑さもようやくやわらぎ、普通に外を歩ける季節になった。
ちょっとでも運動不足の解消にと最近お散歩している。
といっても、近所。
運河沿いの散歩道。

写真が下手でちゃんと写ってないけど、この右側にはタワーマンション
がずらっと並んでいる。
いわゆるキャナレーゼの若奥様たちがちっちゃい子供や
ふわふわのぬいぐるみみたいなわんこを連れてそぞろ歩いている。
私みたいなコキタナイおばさんは不審者ってカンジ。

海に近いせいか、雨上がりに歩いていたら、船虫や
カニが歩いていてびっくり。
ネズミが水飲んでたりとか。
今日は奥さんたちがワイワイやってるから何かと思ったら
「エイがいた!」だって。

30分近く歩いて広くて静かなエクセルシオールまで行き、
そこで本を読んだり原稿に手を入れたり、なんてことをして
また30分ほどかけてテクテク歩いて帰る、
というのが最近のパターン。

ハイ。いつまで続くかは疑問ですが。(えー)


           ★

桜塚やっくんさんの訃報に驚きました。
彼は演技力もすばらしくて、声優としても優秀な方でした。
「ポルフィの長い旅」の望月監督と仲良しで、
そのご縁で出演していただいたこともありました。
打ち上げでお目にかかった時、恐子の扮装でいらして
本当に美しくて感じよくて……
まだまだ見ていたい人でした。

心よりご冥福をお祈りいたします。

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »