« いちごパンツ | トップページ | 観る&読む&聴く »

2013/06/17

動物病院の受付で

動物病院の受付で血液検査の結果を待っていた時のこと。

30代くらいの優しそうな男性が入ってきて、
受付でバスタオルを返していた。
でも、犬も猫も連れてない。

間もなく先生が出てきてご挨拶を始めた。

「……一昨日の晩、発作が起きまして……
すごく頑張ってたんですけど。
12年生きてくれましたから」

嗚呼。
どうやらペットを亡くした模様。
察するになんとなくわんこのような気がする。

最近わんこを亡くした友人の話を
立て続けに聞いていただけに
なんかもらい泣き。
いかんいかん。

私、どうも動物受難の話がダメなんです。

スプラッターホラーもシリアルキラーの話も大好きなのに、
被災地に取り残された動物の話を新聞で読むだけで
泣けてしまう。(これ、当たり前か……)

いつの間にかこんなに猫だくさんになってしまったのも
ペットロスが怖かったから。

でも、12歳で逝ったわんこ(推定)は、
優しくて義理堅い飼い主さんに愛されて
幸せな一生だったろう、と思う。


« いちごパンツ | トップページ | 観る&読む&聴く »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/57607470

この記事へのトラックバック一覧です: 動物病院の受付で:

« いちごパンツ | トップページ | 観る&読む&聴く »