« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013/05/26

バス

Photo_2

先日、成田のホテルに用事があって利用したバス。
銀座(東京駅経由)から成田周辺の各ホテルに直通で70分
料金1000円!

乗客はざっと10人。
リムジンバスの3分の1のお値段でモトはとれてるんでしょうか!?
(大きなお世話)


                ★

キャラメルボックス「ナミヤ雑貨店の奇蹟」観劇。

原作がかなり好きで、まずは映画化かなと思っていたら舞台だった。
あの入り組む時系列をどんなふうに見せてくれるのかとワクワク。

なるほど。シンプルなのにわかりやすい。

今回かぶりつき席なる最前列が販売されたのでとっていただく。
役者さんが触れそうなほど近くてドキドキした!

一人3役とかこなしちゃう人もいるので、ガン見して観察するには
ピッタリだった。
泣けてくるのでちょっと恥ずかしかったけど。

いつもながらキャラメルさんの舞台は若さと勢いがあって楽しい。
ナマはいいなあ。ナマは。


                ★

ただいま絶賛企画種まき週間。
私にプロット発注したままバカンスに出掛けてしまったプロデューサーズ。
鬼がいないとのんびりしちゃう本領発揮で、あっという間にお尻に火がボーボー。
おまけに最終〆切を3日も間違えていたことに今気付いた!
働かないと!

2013/05/23

150通のラブレター

今ごろ書いても遅い!のですが……

今夜19時57分 フジテレビ
奇跡体験!アンビリバボー

本日は「仰天愛憎ラブレターSP」でございます。

ラテ欄でいうと「97歳女医感動夫婦愛75日の
結婚生活」の感動パートを書きました。

これね、すごいお話なんです。

現役最高齢医師の貴島テル子さん。

戦争で亡くなったご主人を今でも愛し、
その死後も独身を貫いています。

彼女に残されたのは、150通に及ぶラブレター。
手書きだからこその温かみと死を目前にした
必死な思いが伝わってきます。
メールじゃこうはいかない。

相手が目の前にいない、決して呼びかけに答えが
返ってくることはない。
そんな相手を愛し続けるってもはや神に対する
愛情ですよね。

対象がいないからこそどんどん純化していく
のでしょうか?
想いの深さと不思議さを思います。

ご用とお急ぎでない方はどうぞご覧くださいませ。

2013/05/17

どーでもいい話

★なぜか殺人事件が登場するドラマが好き。
 科学捜査モノとかたまりません。
 自分じゃ書けないけど。
 「CSI:NY」がシーズン9をもって終了することが決まってしまった。
 マイアミに続いての終焉。嗚呼。
 永遠に続くシリーズなんてないのだけど、やっぱり寂しい。
 特に最近WOWOWで終わったシーズン8はいかにもこのまま
 終わってもおかしくない、というつくりで寂しかった。
 シーズン9の継続が未定だったせいらしいけど。

 期待満々で観た「推理作家ポー 最期の5日間」があまりにも
 つまらなくてガッカリ。
 実在の人物の空白とか最期の○日間を映画にするのは流行りなのか?


★母に夜電話したら「もうすぐ『ラスト★シンデレラ』始まるからまたね」と
 切られた。
 その前には「『ご縁ハンター』がおもしろいから観なさい」と言われたこともある。
 婚活する気なのか!?
 新しいパパも全然オッケーですが。


★ずっと前に買って結局企画が流れた資料が巡り巡ってまた使える。
 いや、まだ企画が成立してないから油断はできないケド。
 気まぐれに見に行った展覧会が役に立ったり。
 ムダなことはひとつもないなあ。


★デブが治らない!
 加圧トレーニングの先生には「これだけトレーニングして、
 1日1700キロカロリーの食事で抑えてくれたら痩せられないワケ 
 ないんですけど」と嘆かせている。
 もちろん食べ過ぎが原因。
 いかんとわかっていても、おいしーもん(時にはジャンク)を食す幸せに
 負ける意志薄弱なワタシ。
 せめて引き締まったデブでいようとトレーニングだけはマジメに行く。
 なんか違う……

426217275


2013/05/08

湖畔にて

Photo

とある湖畔のホテルに来てます。
シナハン。
といっても自主的シナハンなので自腹(笑)
まだ企画も通ってないのに、ヒロインと同じ風景を
見ながらシノプシスを書きたいなあ、なんて思って。

というか、今年は小さな旅をたくさんしたいという目標
があるからなんですが。


しかし。
たくさんの生き物と一緒に暮らしてると、出るまでが大変。
ご飯にトイレに。

でも、一歩家を出て、新幹線に飛び乗っちゃえば、
もう気分は旅の人~。

今日はお天気がよくてホントに気持ちいい。

特に水辺好きの私としては海でも湖でもチャプチャプしてる
そばに来ると嬉しくなってしまう。
前世は河童か?

LANケーブル貸せだのDVDレコーダーつけとけだの
一階の部屋がいいだのワガママ放題のリクエストを
したせいで、チェックインタイムよりかなり早めに部屋に
入れた。

で、上記の湖畔のレストランで遅めのランチをして
明るい時間に露天風呂。
もー最高!

この後はヒロインと同じように、ラウンジへお酒を飲みに。
もちろん取材ですがな。

しかし、部屋に入ってしまえば、ネットで遊んだり
本や雑誌をだらだら開いたりで全然原稿が進まないのは
家にいるのと全く変わらないのでした。

2013/05/03

君のいる町

Photo

先日も少し触れましたが、TVアニメ「君のいる町」の放送時間帯
その他が発表になりました。

7月13日(土曜) 夜11時30分
テレビ東京系6局ネット

私は5話、8話、11話を担当しています。

350万部という大ヒット作。
原作はまだまだ続いていますが、アニメ作品では
全12話。
主人公の錯綜する恋物語に的を絞って描いています。

シリーズ構成はカッチリできてるところに入ったので
実に楽しく書かせていただきました。

とっくの昔に忘れてしまったような(ん?)
胸きゅんの恋です。
男性誌掲載作品だから、男の子側からっていうのも
また新鮮でした。

放送はまだちょっと先ですが、どうぞお楽しみに!

2013/05/02

皐月

Photo
(先日のパーティーのディナーのデザート)

いつの間にか5月ですってよ!奥さん!
もう月日の経つスピードの速さにクラクラする。

今日は父の命日。
早いものでもう11年。
さすがにもう思いだしても涙も出ない。(薄情?)
夢にはときどき生きてるみたいな顔して出てくるけど。

まあなんにせよ、時間クスリですな。

先月、96になる祖母の見舞いに行ってみた。

ほぼ1年ぶりだったので、ゆっくりとした老いの中のそのまた進み具合
を感じた。

もう何度も書いてるけど、祖母は激動の時代を生き抜いた人だ。
とびきり気が強い。

その気の強さも我々孫にはとても優しかったけど、
それなりに周囲の人たちにはきついものもあったみたい。

老いて、耳も遠くなって、何度も繰り返すのは、
トシをとってもがんばって書道や陶芸をやり遂げたことなど
常に前向きな自分、だ。

言わなくてもわかってるよ、おばあちゃん。

今も形態としては一人暮らしだけど、数メートルのところに
長男である叔父夫婦が住んでいて食事を運んでもらっているから
見守りつきの一人暮らし、というところだろう。

自分たちは旅行にも行かず祖母を見守り続けてくれている
叔父夫婦にはホントに頭が下がる。
特に離婚で「長男のヨメ」という立場から離脱しちゃった私としては。

長生きは素晴らしい。
けど、それは家族に恵まれてこそだと思う。
私みたいにコドモもいない、ひょっとしたらこの先伴侶もどうか?という
人間には長い長い老後は必要ないなあ。

父の命日に寄せて、生きるということについて
つらつら考える連休中日。

今日はこれから会議デス。


« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »