« あれから | トップページ | 眼のこと »

2013/03/16

現場

Photo
ドラマ「小暮写眞館」の収録現場へ見学に行ってきました。

この作品では、写真館そのものが1つのキャストといっていいくらい
重要な役割を果たすので、美術さん渾身のセットが建ち上がってました。
ンなとこ映らないだろーという細部に至るまでのこだわりの数々。
お見せできないのが残念です。

この日は、神木隆之介、石黒賢、松下由樹、加部亜門(敬称略)の
4人家族勢ぞろいの日。
いやぁ、本物の家族みたい。
聞けば、プロデューサーは「骨格で選んだ」そうで、神木さんと
亜門君は本物の兄弟みたいでした。

花粉症に苦しむキャストにはロケはつらいそうですが、撮影快調!
とのこと。
仕上がりが楽しみです。

しかし。収録現場に行くと、どうしても慣れないのが、
大声で「脚本のクニイさんいらっしゃいました~。差し入れに○○
いただきました~!」ってアナウンスされて、差し入れにはデカデカと
名前が張り出されちゃうこと。
あれは恥ずかしいからやめてほしい……コソッと行ってコソッと帰って
きたい。
仕事が終わってる私なんかにかまわなくていいですから!みたいな。
同業の皆さんはどうしているのだろう。。

そんなドラマは3月31日、NHK-BSプレミアムにて放送開始です。

             ★

もう1つ、お知らせ。
情報解禁につき。

「君のいる町」アニメーションとして制作中です!


久しぶりのアニメシナリオ。
楽しいです。

シリーズ構成は、ベテラン売れっ子作家の吉田玲子さん。
勉強させていただいてます。

偶然ながら、「小暮写眞館」の主人公・花菱英一と「君のいる町」の
桐島青大はどちらも高2。(青大は大学生まで描くけど)
なんか繊細で爽やかでいいお年頃。

高校時代なんてはるか大昔だけど、永遠にキラキラしている時代
として憧れる。

ちなみに神木さんは、とーーーっても爽やかでした。
背が高くてお肌つるつる!

実は「桐島、部活やめるってよ」は未見で、特別上映を昨日鑑賞!
なんと満席。

原作もシナリオも読んでいたけれど、あの空気感は映像じゃないと
わからない。
圧倒されました。
祝・日本アカデミー賞。(いいなぁ)

« あれから | トップページ | 眼のこと »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/56968900

この記事へのトラックバック一覧です: 現場:

« あれから | トップページ | 眼のこと »