« 京都 | トップページ | 現場 »

2013/03/11

あれから

あれから2年。
直接被災した人は、時の流れに早いも遅いもなくて
ただ時間が止まったままの人も多いんだろうな。

改めて被害の大きさに息をのむ。

福島は、いずれ骨を埋める覚悟をした場所でした。
20年の間に何度も通った海辺の町は変わり果て、
誰ということもないけど、魚を買ったお店のおばちゃんおじちゃんも
無事ではないでしょう。

震災のほんの4カ月前に永遠に彼の地の人と縁が切れ、
もう訪ねることもない場所になりました。、

それでも大学時代の友人の家が流されたり、
母の知人の女性は18人もの親戚家族を一遍に亡くしたと
聞いたり、ちょっとここには書けないような後日談を聞いたり
報道とは違った形で生々しく耳に入ってきます。

ただただ手を合わせるしかありません。

2年前の今頃、帰宅難民になって、都内を彷徨ってました。
関西や海外の友達が電話をくれたり、
家まで来てくれる人がいたり、
独りじゃないってありがたいなと想いを強くしました。

あれから、外出する時には携帯の充電がいっぱいじゃないと
不安です。

でも、ウチの猫たちの半分は、あの日の後に生れた子たち
です。
ノーテンキです。

そして、私は、うっかり電話に出たら、原稿の催促で……
こうして日々は淡々と紡がれていくのです。

合掌……

« 京都 | トップページ | 現場 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/56935070

この記事へのトラックバック一覧です: あれから:

« 京都 | トップページ | 現場 »