« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013/02/28

小さな旅

Photo

これはもう先週の話。
ここ2カ月かかりきりだったドラマを脱稿して、その足でミッドタウンへ。

長いこと朝日新聞をとり続けているのに、何の恩恵もなかったけど
折り込みチラシをよく見たら、優先チケットというのがあって、
電話で申し込んだら当たっちゃった。

Photo_2

サントリー美術館で歌舞伎座新開場記念展。
イヤホンガイドを借りたので、なかなか勉強になりました。
歌舞伎は一時期マイブームで、3階の立見席に通ったことも
あったんで。

錦絵や明治頃の写真を見ると
今の歌舞伎のスターさんに通じる遺伝子を感じる。
素顔にも凄味があって。

ずーっと会議室と仕事部屋だけで過ごしてきたから、
都内のちょっとしたお出かけが新鮮だった。

もちろん1つ仕事が終わっても、次の〆切はすぐそこだったりするから
完全休養ってわけではないけど。

実は明日からまたちょっと旅行。
今日は少し体調崩してしまったので、会議を休んで、今夜〆切の原稿に
取り組んでいるところ。
明日は絶対行くぞ!と決意を固めつつ……


2013/02/26

レビューねぇ……

50歳の恋愛白書 [DVD]
50歳の恋愛白書 [DVD]
ポニーキャニオン 2010-08-04
売り上げランキング : 21921


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この映画、観ました。

Amazonではそうでもないけど、TSUTAYAのレビューはケチョンケチョン。
大体においてネットのレビューは一度低いのをつける人がいると
そっちに流れる傾向があるから、そんなに真に受けることもないとは
思うけど。

曰く
感情移入できる人物が一人もいない→そうですかぁ?
そう言ってるのは、人生経験のあさ~い人なんじゃと思ってしまう。

リアリティがない→え!どうして!?
ひょっとして30年以上前の時代背景がわからないからでは?

年下男の代表といえばキアヌ・リーブスなのか→まぁ賛成(笑)
確かにね。年下顔なんですわ、キアヌって。
でも、実年齢は50歳を演じたレベッカ・ミラーが43とかで、キアヌが45
なんだそう。
そう聞くとさめるけど、意外と役柄に合って見えるから不思議。

キアヌ・リーブスがおなかブヨブヨ→だってそーゆー役じゃん!
35歳、失業中の引きこもりがマッチョだったら、おかしいでしょうが!
これも役作りってなんでわかんないんだろー。

夫を亡くしたヒロインが葬式に出ないのはおかしい→ちゃんとストーリー
把握してんのか!?
その寸前に何があったかを観てれば、全然納得なんですが。。

……っていちいち顔の見えないお客に反論してもしょーがないけど、
浅い見方しかできない観客・視聴者っていうのは当たり前のように
存在するんだなあと、なんかつくづく思ってしまった。

それは意見が対立することを認めない、とかいうつもりはなくて
恐らく受け手に物語を受け止める素養がないこともあるんだなって
こと。
あくまでもバカにしているとかではなく。

だからって万人にわかるようなわかりやす~い物語が面白いかって
いうと、それもまたイロイロあるわけで。

まあ、作品はやっぱり〈誰に見せるか〉を選んでつくっていいのだと思う。

2013/02/22

2.22

今日は「猫の日」なんですね。にゃんにゃんにゃん。

ウチは毎日が猫の日ですが。


先日ついにドコモのタブレットを解約した!
4000円ちょっとの料金をま~~~~ったく使わないまま1年近く
払い続けてきたアホなワタシ。

おまけに!
解約金は16000円ですと!

ドコモのおにーさんは、あと1年使えば6000円の解約金で
済みますよ、と必死につなぎ止めようとしてくれたけど、
ごめんなさい。
もう無理。
別れましょう。
他に好きな人(iPhone)が出来たの。

というわけで、無情にも解約。
目の前でSIMカードはチョッキン!ハサミを入れられた。

新品同様のこのArrows、ネットオークションに出しても
いくらでもないのかしら……
わずかでも売っちゃうべきか?


寒波到来だそうで。
でも、ちょっと前に比べると確実に寒さはやわらいで
いるような気がするんだけど……

今日は17時から会議、21時からホン打ち。
ここまで遅くからだと、絶対電車のあるうちには帰れないから
いっそ気楽。

本日のグラビア。
特にこいつらだけをかわいがっているわけでもないんですが、
ついついまとまると面白い絵になるので。
Photo


2013/02/19

掃除機送り迎え!

Photo
猫をたくさん飼っていると、嫌でも毎日掃除機を
かけるわけですが……

ある日突然ウンともスンとも言わなくなった!

シャープに電話して、可能性のあるリカバリーの方法を
聞くも効果なし。

修理お願いしま~す!
去年は持ち込みしかダメだと言われて、わざわざ浅草近くまで
持っていった。

しかし、ホントは引き取り修理というサービスがあったのでした。
おまけに修理期間中は代理の掃除機を貸してくれる。

その掃除機が2週間ぶりに帰ってきた。

ヘッドも交換され(壊れてテープで張ってたのに)、ピカピカになって!
ほとんど新品!
しかも!なんと代金無料!
昨年と同じ部分が壊れたせいだっていうんだけど???
当然保証期間は過ぎてるのに。

贅沢な掃除機の送り迎え。
なんかちょっと得した気分になったのでした。


2013/02/18

CSIマイアミ

大好きなドラマの最終回は物哀しいものです。
特に長~く放送されていたものは。

「CSIマイアミ」がついに終わっちゃった!

10年!
大人気CSIシリーズも視聴率の低下の波には勝てず、
3つのうちどれか1つは終了するかも、というウワサ
があって……

白羽の矢(?)が立ったのがマイアミというわけ。

確かに3つの中では地域性もあるのか、ストーリーは
リアリティーよりダイナミックさに寄ってたかも。
それでも、インサートされるマイアミの美しい海と空が
好きだった。

キザ過ぎて笑われることも多かったチーフも私は
好きだったんだけどなあ。

とはいえ、10年経てば、レギュラー陣の劣化もそれなりで。

最終回は、さぞ大がかりなストーリーか……と思いきや、
は?というもの。
一応内部のスタッフで裏切りみたいなものがあって……
という設定にはなってたけど、汚れ役は最近登場した
女性キャラ。

悪キャラも無理やり退治したものの、宿敵みたいなキャラとは
そのまんま。

聞けば、撮影時にはまだ打ち切りかどうか決まってなかったとか。

もっと引っ張りをつくるだけつくって第2シーズンが制作されなかった
ドラマもあるから、まだマシだけど……
10年も楽しませてもらったドラマの終わりにしてはちょっと残念。

そのまま23時からは「CSI NY」がオンエアだったのだけれど、
シナリオの練り方が全然違う……
セリフの1つ1つもいちいち気が利いていて。
続くドラマにも理由がある。(ため息)

作り手の立場でもある私としては、視聴率で一喜一憂する苦しさも
虚しさも、そして喜びもイヤってほどわかっているわけですが、
一視聴者としては、ときどき悲しい思いもする。

そんな作り手側の仕事。
「小暮写眞館」は本日クランク・イン。
あ~あ。雨だというのにロケ。
スタッフ、キャストの皆さん、カゼ引かれませんように--。

明日からは新しい作品。
途中参加だし。
ちょっと緊張。かなり緊張。

ここのところずーーーっと男性主役の作品が続いている。
得意ってわけではなくて、たまたま。
なんでかな。

次は久しぶりに恋愛モノ。
原作がきゅんきゅんするものなので、少しでもちゃんと伝わるように
頑張ります。

Photo

猫団子♪

2013/02/16

やっと7

Photo

ほぼ3年に一度パソコンを買い替えるわけですが。

私の場合、なにせキーボードが親指シフトで特別なもんで、
選ぶ余地もなく。

先月やっとやっとやっとWindows7搭載のノートを買いましたですよ。
世間じゃ8が席巻中だというのに。

3年前のPCも別に調子が悪かったわけじゃないけど、
さすがにXPでは開けない資料があったり、wordのバージョンも
古過ぎていろいろ困ることもあったので、この際。

相変わらず無骨で重たくてかわいげもない業務用マシンです。
あー、いいなあ、ピカピカの赤とかピンクのパソコン!

富士通アクセスのお兄さんに言わせれば、使い勝手は全然違いますよ、
だそうですけど。
ま、せいぜい働いてもらいましょう。

今までのPCは予備にして、それまでの予備は押し入れのこやし!?

次に私がPCを買う時には、世間じゃWindows10とかになってんだろうなあ。

んで。そんな矢先。
原稿書き上げ、さて送ろうとしたら、ネットがつながらない!
うそ~!?
こんなの理由にしたら、絶対〆切破りの言い訳だと思われる!

しかし、現代は便利ですな。
以前だったら、データを握りしめてネットカフェからでも送るしか
なかったのでしょうけど、今なら、iPhoneのテザリングもあれば
タブレットのテザリングもある。よりどりみどり~。

結局、マンションのケーブル工事で一時不通だったと後で
わかったけど、原稿は無事iPhoneに接続して送りました。


2013/02/14

ドラマのおしらせ

NHK-BSプレミアムドラマ「小暮写眞館」

3月31日午後9時~
4回連続放送です。

初回のみ89分、2~3話は49分です。

宮部みゆきさん原作のほっこりするドラマです。

どうぞよろしく!


2013/02/05

気がつけば如月

明日は大雪ってホントなのか??
とりあえず打合せなどはないのでよかった。
冬眠中のクマのように過ごそう。

ここんとこハードスケジュール過ぎて、気がつけば2月。
日時、曜日の観念が完全にふっとんでいて……

特に6時間打合せ→3話同時入稿なんてことをやって、
終わると同時に次に入る予定の仕事の打合せ……と
立て続けで、なんて思ってたら大失敗!

打合せに行ってみたら誰もこない……
プロデューサーに電話したら、来週ですよ、と。
ひー。
メール確認したら、ちゃんと書いてあったのに。
今週と来週の区別すらついてない体たらく。とほほ。
でも、すっぽかすよりよかったと思うことにしよう。
それにこの予定が入っていたから、だらだらしないで済んだのだ。
行き帰りの電車の中でいっぱい本も読めたしね。
……もはや言い訳。

明日は目覚めたら銀世界……!?
Photo

↑目覚めると真っ先に目に入る光景。


2013/02/01

体罰

体罰問題。

誤解を招きそうだし、すごく乱暴な言い方だけれど、
体罰とセクハラは似ている気がする。

どちらも相手とやり方次第で、愛情表現にもなれば
犯罪にもなるところ。

体罰。ちょっとだけ経験がある。
高校時代、剣道部だった。
稽古そのものが、壁にたたきつけられたり、床に転がされたり、
防具がついてないところを打たれたりで、
いつもアザだらけだった。

それとは別に、確か掃除が行き届いてない、
とかなんかそんな理由で、面をつけてないのに顧問に
竹刀で叩かれた。
その時のレギュラー全員一緒に。
あまりの痛みに数日間は髪も梳かせないほどだった。

たぶんあれは今だったら問題になるレベルだろう。

でも、当時は自分たちも悪いしと反省もしたし、
特に顧問への恐怖もなければ恨みもなかった。

弟が柔道部で、やはり顧問にたたかれて耳が聞こえなく
なったことがあった。一時的にだけど。
その時謝りに来た顧問の先生に父は言った。

「手を上げることが悪いとは思わない。
ただ、『愛情』持ってやってください」

愛があって、相思相愛ならセクハラととられないことと
同じかも、と思うのはその時のことがあるからだ。

愛情持って手を上げる、これは実はとても高度な技術が
必要だと思う。

なぜなら暴力は振るう者をエスカレートさせるから。

だから、基本全面的に体罰はNGなのだ。
NGにしておかなければダメなのだ。

人が人を導くことは難しい

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »