« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012/08/30

羽田なう

今羽田空港にいます。
もうすぐロスに向けて飛び立ちます。

どうも旅の準備が下手で、出掛けるギリギリまでなんだか
バタバタ、わさわさ……
今回は出発ギリギリまで原稿書くとかなかったのにー。
要領悪すぎ。

おまけに迎えにきたタクシーにスーツケースを載せようとしたら
ガバッと開いちゃって!もー。
自分のものはほとんどないのに、あれもこれもと向こうにいる
弟一家の差し入れを買い込んでいたらこんなことに。

というわけでちょっくら行ってきます。

出てくる時に「ねえねえ、どこいくのー」と集まってきた猫たち
が心配だけど。
Photo


2012/08/29

Photo
もう大分経っちゃったけど、先日お呼ばれしたダンスパーティーの会場外。
25周年記念パーティーだったので、それはそれは盛大で
こういう花籠がズラリ。
むせ返るようなお花の香り。
招待客540名、アマチュアデモンストレーション95組。
ドアオープンからクローズまで8時間。

隣の宴会場で結婚式やってたんだけど、
花嫁さんがジミに見えてしまうのが、ダンス人のつらいところ!
華やかなウェディングドレスも、「スパンコールもストーンもすくな~い」
って思ってしまうのですよ。(感覚おかしい)

参加してる方は踊らなくてもすごーく疲れるけど、
非日常の極みみたいな時間で楽し。

            ★

近く旅行に出掛けてきます。

今日は留守をお願いするキャットシッターさんと打合せ。
はじめての会社だけど、ちゃんと動物管理士の資格を持った方だし
そもそも猫は手がかからないのであんまり心配してない。
いいコにしててくれるといいけど。

            ★

友達と長電話。
こっちの事情をぜ~んぶ知ってる人なので、
しばらくぶりでも説明抜きでわかってくれちゃうところがありがたい。
携帯の電源が切れるまでおしゃべりしてた。
T美ちゃん、ありがとね~♪


2012/08/17

モノサシ

なかなか暑さがやわらがなくて、家を一歩出るのに
勇気がいる昨今。


ある友人に「そうだよね。あなたを思えばワタシは幸せ!頑張る!」
と言われた。
えーと。。
確かに私はこのトシになって離婚して、子供もなく、
家もベンツも別荘(タイムシェアだけど)も手放し、
なあんにもない。
けど、アナタの幸せのモノサシにされると
なんともビミョウ。

人って往々にして、自分より不幸な人を思えば、っていう考え方するけど
昔からなんか違和感あった。
そうか。こうやってあからさまにモノサシにされると、された方がさほど
不幸と思ってない場合だってあるからなんだよな。
幸も不幸も本人の考え方次第。感じ方次第だから。


2012/08/10

五輪

夏バテしてました。
異常にだるい、頭痛、時にこの暑いのにゾクゾクする寒け。
これって熱中症?とも思ったけど、エアコンは適度にかけてるし
水分は十分に摂ってるんで違うと思うけど。
とはいえ、寝込むほどでもなく、ライブハウスに出掛けたりなんて
ちょっとしたイベントも楽しんでます。
ここ2日ほど涼しいのでホッとする。

それとは関係ないけど、ちょっとした自主引きこもり中。
あ、いつもか。
ちょっと集中しないとできないことをやっているので、
自主的情報鎖国というのかな。
ツイッターやFBなども極力出て行かない、見ない……みたいな。
ドラマも録画してあるのにどんどんたまっていって、どーすんだコレ!?


さて。五輪。
連日の熱戦。これだけはピンポイントでおっかけてます。
なぜかテレビをつけると日本選手の試合が今まさに始まるところ!
ということが多々あって効率がいい。

勝っても負けても見るとものすごくパワーをもらえるので
なるべく話題になっている試合だけでも逃さないようにしてる。

それが不思議なことに、試合が始まって間もなくすると
勝敗がわかっちゃうんです、ワタシ。
昨日の女子サッカーも始まって数分で「あ~今日はダメか」と思って
ソファでうたた寝しながら観戦。
女子レスリングも金メダルラッシュながら、浜口選手が出てきた瞬間に
「あ、残念」とわかってしまった。
柔道も同様。

別に超能力でもなんでもなくて、恐らくその人の発するオーラみたいな
もんなんだろうな。
こっちも特に入れ込んでるわけでもなく完全傍観者の立場だから
まっさらで余計にわかるんだと思う。
もっとも始まってみないとわからないから、男子のサッカー勝つか負けるか?
と聞かれてもわからないし、賭けで大儲けなんてこともできない。

期待されて期待どおりの結果を出せる選手は本当にすごい。強い。
その強さを天才なんてカンタンな言葉で片づけてはいけないんだと思う。
それだけの努力をしてきていての結果だろうと思うから。

レスリングの浜口選手は優しい人なんだろうなあと顔を見てて思う。
申し訳ないが、私はあのお父さん、苦手。
見たくない。
でも、彼女はウザイと思ったことは一度もないんだそうで。
しかし、あのお父さんの熱過ぎる気合と気迫ってどうなんでしょう。
有り難い反面、本当は自分自身で発熱しなきゃいけない部分まで
やってくれちゃってる気がするのだ。
まあ幸せな親子関係であることは間違いと思うけど。

そんなことをふと思ったのは、アニマル浜口氏の娘に対する
熱さが亡くなった父のそれにやや似ていたからだ。

今夜のサッカーの熱戦も期待する!
勝敗が察せられても胸の内にしまって……。

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »