« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012/07/29

見た目は大事なのか?

くだらない話題ですいません。
(先に謝る)

常々男性に求めるのは顔じゃない、性格だ!
顔はついてればいい!と言ってきたワタクシですが、
最近そればっかりでもないのかと揺れとります。
あ、いや、性格重視は変わらないですけどね、
なんというか、いいもんはやっぱりいいわ、ということで。

人生最大のデブとあまりの体力のなさをなんとかするために
ダンスを再開し、加圧トレーニングを始めた。
どっちも個人レッスン。

その先生がどちらもイケメンなんですわ、これがhappy01
これはかなり楽しい♪
見てるだけで楽しい。

そーか、男の人がかわいいコが好きっていうのは
コレなのか!?
と、おやじのような昨今。

そして、ひょんなことから今ハマっているのがこのヒト。
L'Arc~en~Cielのhyde氏。

友達の友達でラルクの大ファンという人がいて、10年くらい前に
CDをもらったことがあった。
私は別にファンになるというほどではなかったけど、いい曲はいいね!くらい
なカンジでありがたくいただいた。

友達を通して彼女の消息はいろいろ聞いていた。
その人がこの春、突然倒れ亡くなった。
まだ40歳になるかならないかくらいだった。
とうとう一度も会うことはなかった。

今年結成20周年を迎えたということでテレビで特集が多かった
ラルクの番組をちょっとしたその人への追悼のつもりで録画して
おいて観てみた。
そしたら、とってもよかったのだ。

hyde氏のまー美しいコト!
これで43歳ですって。
若い頃の線が細くてメイクが薄くて白いシャツ一枚で
歌っていた頃より、作り込んだファッション、ヘア、
メイクの今の方がイイ。
(若干往年のボーイ・ジョージを彷彿させるのは気のせいか?)
いつまででも観ていたいし、歌も今の方が艶があってイイ。

ファンの人なら丸ごとイイというのかもしれないけど、
私は全部つくったステージの上だけの彼を観ていたい。
素顔のインタビューとかは別にいいや、って。

ただ、20年も第一線で走り続けて結果を出し続け、
その結果に慢心することもなく、メンバー全員が劣化どころか
進化し続けているっていうのは本当にすごいことだと思う。
才能はもとよりすごい努力もしているんだろう。
そういう背景を考えなくても、美しいものはイイ。

実は猫にもそういうのはあって、
たくさんいても美形の猫を愛でる傾向は確かにあったりする。
他のコたちにはナイショだけど。
(やっぱりウチで一番の美形はお嬢様)

かといって、自分のパートナーにルックスのよさを求めるか?
と言われれば、それは別にいいやと思うのだ。
実際すごいイケメンと結婚している人に言わせると
「慣れて別になんとも思わなくなる」そうだし。

恐らく一面的な部分だけ接する相手だからこそ、
どうせなら美しい方がイイ、っていうことなのかもしれない。

以上、自分のことは完全に棚に上げて鍵をかけての話デス。


2012/07/19

kobo Touchがやってきた

新製品は初期不良があったりするから、本来ならゆっくり待つところ
なんだけど、電子書籍には非常に興味があるのと、
kobo Touch自体はすでに世界で出回っている端末なので
まあなんとかなるでしょ、というので買っちゃいました。
ポイントバックがあるから5000円しないし。

Kobo_touch

見た目こんな感じ。
コンパクトで持ちやすい。
ケースはオリジナル商品に気に入ったのがなくて、暫定的にコレ。
なんと百均商品!
サイズぴったりです。

セットアップの面倒くささはすでに世の中にいっぱいレポしてる人が
いるので割愛。
まあ私でもできたので、そんなに難しいもんではないですが、
お年寄りなんかはパソコンなくてこれだけ使おうと思ってたら
困ると思う。
それに皆が皆自宅にwi-fi環境あるわけじゃないし。

ちなみにPCと同期してるから、私はPCで書籍を購入して
コボでは同期することで取り込んでます。
コボで買うんじゃなくて。

差し当たってストアのおすすめの中から「天地明察」上下巻購入。
楽天ポイントもあったんで合計でも1000円しない。
新刊は電子書籍の方が安いでしょうね。
ってかそもそも電子化されてる本自体がまだまだ少ないから
選ぶ余地もあんまりないというのが本音。

使用感。まあこんな感じかなと。
最初はページが変わる時にジュワンとにじむような感覚が気持ち悪かった
のだけど、すぐに慣れた。
電子ペーパーは太陽光の下でも見やすいというのがウリなので
持って出掛けてみました。
駅までの道のりを手に持ってチラチラ読みながら歩いてみたけど
ストレスない。
なにせ重たくないから。(185グラム)

文字は自由に大きくできるから、老眼がひどくなっても
読みやすいかも。

気になった単語をタップしてすぐに辞書機能で調べたり、
気になる部分に書き込みしておいたりできるようなのだけど
どうもうまく文章選択ができずまだマスターできない。

SDカード増設できるけど、ハードディスクにそのまま1000冊ぐらい
データ格納できるらしいので、旅行の時など便利かも。
あ、でも本当に読みたい本はないのか……。
ただし、マンガは35冊ぐらいしか入らないらしい。
画像データは大きいから。
(ダメじゃん)

ま、そんなわけでそれなりには使えそうです。


2012/07/16

いじめ

報道を鵜呑みにする気はないのだけど、
知りたいと思うのは、いわゆる「加害者」といわれる
いじめる側の子たちの心情だ。
それも相手が死んでしまうほど追い詰めたとわかったあとの。

周囲に流されて悪魔になろうとしているのか、
そうでもしなけりゃ自分が保てないほど何らかの理由があって
そうなってしまっているのか、
本当は死ぬほど後悔しているけど今さらポーズを崩せないのか。
本当に悪いことをしたとはこれっぽっちも思っていないのか。
とても気になる。
どうして人が人にそこまでひどいことができるようになるのか。

昔むかしいじめられっ子になりかけたことがある。

中学の時、千葉の中学から地方の中学に転校した。
そこにはいわゆるいじめられる側の女の子がいて、
その子と私は顔だちがそっくりだった。
彼女は〈仲間〉と思ってくれたようで、
なんとなく好意を感じた。

遠慮のない田舎の男子中学生たちはいじめられる
対象が増えた、ぐらいに思ったらしい。
屈んで何かをしていた時に思いっきり蹴られた。
びっくりして何が起こったのかわからなかった。
なぜ何もしてない相手から攻撃されるのか?
相手はヘヘッと笑ってバカにしたような顔をしただけだった。

とはいえ、当時は現代のいじめに比べたら、
陰湿さはなく、嫌な言葉をかけたりこづいたりする程度の
ものだった。

けど、すごく嫌だった。
悔しいし悲しかった。

幸いにして私はそのままいじめられ続けることはなかった。
転校して最初のテストで学年で1位になったからだ。
田舎の中学の授業と都市部ではとっくに習ったことを
のんびり教えていた。
千葉の学校じゃクラスで上位3分の1に入るかどうかだったけど、
田舎ではそれなりに賢い子になれた。
それから、生徒会にも立候補していわゆる目立つグループのコ
たちと仲良くなったというのもあっただろう。

私にそっくりないじめられやすい女の子とは
ほとんど口をきかないまま卒業した。
いきなり蹴ってきた男の子とは
フツウにしゃべるくらいになった。
今はもう恨みはないけど、ズキンとした心の痛みの方は
今でも忘れられない。

そんな程度の経験でいじめられる側の気持ちも
いじめる側の気持ちもわかるなんて到底いえない。
でも。
でも、若いいのちにはどうか生き延びてほしいと思う。

2012/07/07

愚痴

タブレットPCが使いにくくて使いにくくて。
重たいだのかさばるだのというのは先日もグチりましたが。
メモリーオーバーでダウンロードした電子書籍が開けない!
それも特定の。
しょうがないから、一度余分なものは削除しようと思ったら
やり過ぎて、過去にダウンロードしてまだ読み終わってない
本のデータまで消しちゃった。

泣く泣くもう一度購入するかと思うと、一度買ったことが残っていて
購入画面にすら進めない。

Photo
今使ってるPCの電池を新しくしたので、
数時間外で使える。
少々重たいのを我慢すれば外でもネットにつなげる。
(改めてワイヤレスでつなぐと山のようにいろんな電波が
飛んでるもんですね)

となると、ますますタブレットの存在意義が……
あ。ただし先日外でネットにつなごうと設定をあれこれ
いじっていて、家に帰ったら本来の光に全く反応しなく
なって焦った時には、タブレットのデザリングを使って
通信ができた、というメリットはあったけど。

でも、気になっているのはやっぱりCobo Tuchと
Kindleなんだよなあ。
特にコボの方は外観がかわいい!
白黒なのは気になるけど、読みたいもののほとんどが小説だと
すれば問題ない。
電池が1カ月も持つのは実に便利。
外で読むのも目に優しいようだから、旅先に持っていくには
よいだろう。

もちろん紙の本にまさるものはない。
たぶんこれはずっと変わらないと思う。
たとえ音楽が鳴るとか調べ物が楽だとか付加価値が
ついたとしても。

一番困るのは電子書籍の場合、パラパラとめくって前を読み返す
ということができないこと。
もちろん物理的には可能だけど面倒くさい。
それと今全体のどこら辺まで進んでいるのかがわからない。
心なしか紙より読む速度が遅くなる気がする。

しかし。キンドルかコボ、出揃ってクチコミを調査した後、
きっと買ってしまう気がしている。
スマホも持ってないくせにね。

数少ない私の本も電子書籍化してほしいなあ。
既に本屋で手に入らなくなっているものも、それなら何かの拍子に
読んでくれる人に出会えるかもしれないから。

まあ、そんなわけで、タブレット、ドコモのARROWS、
もし欲しい方がいたら格安でお譲りします。

……しかし、こんな悪口書いてるとネット経由で本人(タブレット)の耳に入って
ますます機嫌を悪くしそうな気がする錯覚に陥る。。
身近に使ってるものってなんか人格が宿ってるような気がするもんで。

2012/07/06

水害

夕べ会議から帰ってきたら、
寝室のカーペットがグチャッと嫌な音を立てた。

水浸しである。

やられた!(また)

ウォーターサーバーにセットする7リットル入りの水は
4つまとめてダンボールで届く。
1つ使って二つ目をセットするので箱を開けた時に
黒白猫が見てた。
「ねーねー!それなに!?」
Photo

やばい。
また箱の中で暴れられたらえらいことになる。

そう思って箱を閉めてセットを急いだのだが……
とりあえず入ってみたらしい。
3つ目の袋に小さな穴があいてビュ~~~と水が
滲み出しているではないか。
この間わずか1分。

あわてて、それもサーバーにセットする。
というか、今使っているものの上に載っける。

そして、ちょっと湿ったダンボールをバスタオルでくるみ、
雑誌やら空き箱やらを乗っけて、外出した。

しかし、帰ってみれば……前述のとおり!

湿ったダンボールをガサガサやって穴を開け、
水の入った袋をカジカジやってひっぱり出したらしい。
7リットル全部漏れ出して空っぽになった袋だけが
虚しく転がっていた……。

ああああああ。

ありったけのタオルを持ってきて、敷いて自分が乗っかる。
重みで水分を吸い取る。
帰ってきたとこなのに。
疲れてるのに。

怒る気にもならない。
猫(それもたくさんの)と暮らすということは、こうやって何かを
あきらめることなんだろう。
キレイな花瓶に入った花束とか、
外出してすぐにテーブルの上にピアスを放り出しても朝まで
同じ場所にあるとか、
ほつれてないカーペットだとか、
爪痕がついてない襖とか、
猫トイレの砂が飛び散らないで快適だとか、
新聞を誰にも邪魔されずに読むとか、
穴のあいてないソファとか、
そんな生活。

まあプラスの方は今さら並べ立てるまでも
ないわけですが。

2012/07/05

修正写真

このブログにつくトラックバックは基本的に
エロ系でなければ放置してるのですが……

今ふと左のバーにあるダイエットのブログに飛んでみて
大笑い!

このプログラム使ったら「こんなに痩せました!」という
ビフォーアフターの写真がたくさん載ってたんだけど、

そのほとんどが修正写真なんである。

なんで気付いたか?

だって、着てる服が一緒なのはいいとしても、髪の毛のはね方、
服のシワの寄り方まで一緒!
ウエストが7センチも細くなったというのに
服のフィット感までそのままなんだもの。
フツウガバガバになるものでしょうが。

ああいう写真とか感想ハガキの大半はほとんど社員が
捏造していると聞いたことはあるけど、せめて
もうちょっと工夫すればいいのになあ。

             ♪

話変わって。

昔、ある映画の仕事でお世話になった制作会社が
倒産とのウワサ。
ハリウッドに進出して大成功!
アメリカンドリームを体現したかのような会社だったのに。
毎年送られてくる分厚い御札みたいな年賀状には
今年製作予定という映画がズラリと並んでいたのに……

去年も1社、とてもいいカンジで仕事ができていた会社が
倒産し、大変悲しい想いをした。
ご時世なのだろうけれど、寂しい。


            ♪

再び話変わって。

友人の作家・原田マハさんの「楽園のカンヴァス」が直木賞候補に。
先日の山本周五郎賞受賞の快挙に引き続き。
本当に引き込まれる面白さ。
さらなる吉報を心より祈っています!

2012/07/04

表現力

自他共に認めるスポーツ音痴です。
野球に至っては、どこの球団がセかパかもわからず
よく失笑を買う。
社会人としてどーなんだ!?

自分で過去にかじったものとしては、
卓球(中学時代)、剣道(高校時代)、
ゴルフにスキューバ、
そして、のめり込んだのはダンス!

予選から全部テレビ鑑賞するのは、フィギュアスケート。
サッカーは見始めると面白いけど、ハマるのはメジャー大会くらいかなあ。

そんなわけで、スカパー契約していても、
スポーツチャンネルには近寄りもしなかったわけですが……
ダンスの競技会はJSportsじゃないと放送しない!
もー。
たま~にしかやらないものに月額2500円払うか否か!?

で。
契約しちゃいました。

観たかったのは、とりあえずヨーロッパ選手権なんだけど、
「ダンス」というワードが含まれるものは全部勝手に録画できるように
してみたら……

いやあ!意外な掘り出し物が録れてました!
佐藤明彦氏(かつての全日本チャンピオン)の番組。
「ダンスに片思い」というちょっとどーかと思うようなタイトルだったのだけど
このドキュメントの中で、元のパートナー・ひびきみかさんと
8年ぶりにタンゴを踊るという位置場面があって……
いやあ、もう鳥肌もんだった。
あまりのすばらしさに。

ひびきみかさんのソロダンスは一度だけ生で拝見したことがあり、
そのド迫力に驚いたことがあった。

でも、8年という時を超えて即興で踊っても、
ゾクゾクするものを見ている者に与えられるっていうのは
一流の証なんだなあ、と。

フィギュアでも技術のことなんか全然わからなくても、
時々見てると泣けてくるような演技っていうのがある。

それって、なんだろう。
何が違うんだろう。
内面からにじみ出る何か……?

きっとそれが表現というものなのだろう。
肉体で見せる・魅せる舞踏系スポーツのみどころはそこかな。
スポーツ音痴でもね!

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »