« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011/11/29

くらげタイム

Photo
忙中閑無理やりあり。
準備稿が入稿になり、次のプロット作業までの半日+半日。

最初の半日は読書。
友人に教えてもらった「更年期少女」という怪作が
なんとも妙な世界で止まらなくなり。
ご飯を食べに出掛けてさらにスタバで1時間……
気がつけば真っ暗になっていて、なんだか現実感を失う感覚。
いやあ、ちょっと怖かったです。

更年期少女
更年期少女真梨 幸子

幻冬舎 2010-03
売り上げランキング : 31326


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

Photo_2

これらの画像は打って変わって昼間の半日。
海辺の水族館へ。
くらげって本当に美しい。
これがインテリアでうちの中にあったらステキだろうなあ。

ゆるい感じのイルカショーやらペンギンショーまで
タイミングよく観られて感激。

また次がんばろーと思えるから、やっぱり充電は必要だなあ。


2011/11/27

仕事の合間に

111126_154701
打合せに向かう途中で見えた東京タワー。
実際は夕陽を受けてもっとずっと美しかったです。

このトシになって改めて自分の中の両親の影響を感じる。
ああ、父親のこんな部分、母親のこんな一面……似てる!って。
主に短所で感じることが多いんですが。

そういうところも含めて自分を受け入れ認めなければいけない、
というのが今年に入って学んだ心理学で会得したこと。
なかなか難しいんですけどね。

仕事の合間にドラマやDVDを観ているけれど、
たまる一方!
今は現実とかけ離れたハリウッド映画が楽しい。
「ツーリスト」見終わったところで、ベネチアの美しい風景に癒された。
ラストのどんでんはいろいろ言われてたけど、こーゆーことだったのか。
私は嫌いじゃないです。
夢があって。

録画したらすぐに観ちゃうのはCSI。
マイアミはこれまたインサートの実景が美しくて美しくて。
ストーリーはだんだんはちゃめちゃで「そりゃないだろー」になってきてるけど
科学的なポイントははずしてないのでOK!
カリー・デュケーン役の女優さんがここんとこずっとおめでたで
必ず座っているシーンかバストショット、外ロケもほとんどなくて
あっても車とかでお腹を微妙に隠す撮り方になっている。
そんなのを見るのも長寿人気シリーズならではの楽しみ。

2011/11/18

中古

Photo
先日スーパーの特設コーナーで格安DVDの中に自分の作品を発見。
どうやらレンタル落ちだったみたい。
こんなに色あせて。
随分働いてきたのかしら。

東京でアイドルやってた女の子に地方の場末のストリップ劇場で
遭遇したらこんな気分?
いや、たとえがヘンか。

なんだか「おつかれさま」な気分になって1本だけ買った。
何人、いや何本かあったけど、私が買うよりちょっとでも見てない人に
買ってもらった方がいいもんね。


2011/11/16

来年1月月曜8時

111116_175101
情報解禁になりました。
来年1月9日よりTBS月曜8時「ステップファザー・ステップ」

あの「水戸黄門」の後番組です。
宮部みゆきさん原作。
先日ご本人にお目にかかりましたが、とてもステキな方でした。

お話しいただいた時はまだまだなんて思っていましたが、
ドサドサと印刷台本が届き、
気づけば来週クランク・イン。

どうぞよろしく。

2011/11/09

ごまめのはぎしり?

親しらずを抜いたところがどーにも気持ち悪い。
ぼっこり穴があいてるのもそうだし、
その隣の治療中のところもそうだし。
トシとれば誰でもほんのささいな不調はどっかに
抱えるものだとは思うけど。

歯医者さんに言われてびっくりしたのが、
歯ぎしりのクセありますね、ということ。

自分では全く意識してなかったのだけど、歯の表面が磨滅
しちゃうほどなのだそう。
デスクワークの人に多いらしく、集中すると知らないうちに
食いしばっているんだって。
えー。
歯ぎしりって普段何かを食べる時が60キロちょいなのに
100キロにもなるのだそう!
全く自覚がないだけにコワイ……

とにかく虫歯を全部治療してからマウスピースをつくりましょう
ということに。

それでふと頭に浮かんだのが
「ごまめのはぎしり」という諺。
あんまりちゃんと意味をわかってなかったのだけど、改めて調べると
「力のないものがどんなに頑張ってもどうにもならないこと」
だって。
ンな身も蓋もない!

同じ歯ぎしりするなら、クジラぐらいでいたいもんです。

画像はテレビ画面の中のフィギュア選手にアタックするチビ猫。
いつもいつもテレビに見入るわけじゃないのだけど、
スケートだけは食いついた!

Photo


2011/11/05

ギリシャ……

一度でも行った国の行く末は気になるもんです。

シナハンで行ったのは4年前。
アテネの町は大都会の印象はなくて、ごく普通の田舎の都会(ん?)
という印象だった。

観光じゃないから、パルテノン神殿なんかにも行かず、
ひたすら田舎へ。
緑が広がり深く濃い色合いの海、素朴な民家。
のんびりした国だなぁという印象だった。

人は--あまり交流した記憶がないのだけど、
コーディネーターさんが物事がうまく進まずよくキレてた
ような印象はあるかな。
のんびりした国民性、だったのはそうなのかも。

あるニュース番組の解説で、ギリシャの人たちは自分たちが
世界中の足を引っ張ってるとか、それでも緊縮財政に反対して
怠惰な国民だと思われているのはわかってるんだと現地レポ
していた。
なるほど。
それでも怒っているのは、政治家が不都合な真実を隠し続け
最後の最後にどうにもならなくなって国民にツケを回そうとして
いるから、なのだそうで。

洪水にせよ、財政破綻にせよ、1つの国のつまづきが
こわいくらい世界経済に影響するのを見ていると
つながってる、とつくづく思う。
ギリシャのニュースから目が離せない。


親不知抜きました。
ここのところ肩こりから来るのか、もともとかすかな痛みがあった右側が
痛いなあと思っていたら、ピンポイントで右上奥歯が我慢できない痛みに。

歯医者に駆け込んだら、「親不知が虫歯になってます。抜きましょう」と。
一番痛いのは親不知の隣と思っていたけど、感覚っていい加減なもの。

もともと親不知は2年前に抜きましょうと言われながら、痛くないものを
抜くのがいやで(もったいない?)逃げてたところ。

えーとかいってるうちにポロッと抜けた。
こんなに簡単なの!?
もっと大げさな手術っぽくなるのかと思ってたのに~。
診察台横のトレーの上にある抜けた歯……
心の中で「ありがとう。バイバイ」と言っておいた。

それから今日まで痛みはないけど、なんだかほっぺたが腫れちゃって
できそこないのペコちゃんみたいな状態です。とほほ。

2011/11/01

霜月!

今年があと2カ月だって!?
なんという速さ!
光陰矢の如し。
大したことしててもしてなくても時間は平等に
過ぎていくからなあ。

111012_172201
新入り猫の志乃、こんなに大きくなりました。
久しぶりに仔猫と暮らしてみて、
その好奇心、いたずら心、すばしっこさ、日々の成長に
驚かされる。
昨日までジャンプできなかったところを、いつの間にか
軽々と越えていくし、意外な記憶力のよさを発見したり。

猫でこうだから、人間の子供だったらもっとその成長がおもしろい
のでしょうね。
なぜか子供という選択肢を選ばないまま今日まで来てしまった
ワタシなわけですが。

「ねえ、しの。うちの子になって嬉しい?
うちの子になってくれてありがとね」

もうウチはキャパオーバーしているけど、
のほほんノビノビと暮らしているこのコを見ていると
こういう出会いがもっとあってほしいな、
猫も人間も幸せな出会いがあるといいな、と思って
ついつい里親募集掲示板
を見てしまうのですよ。

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »