« 早起き | トップページ | 東宝ダンスホールに行ってみた »

2011/07/22

音楽とイメージ

昨日は心理学のセミナー。
テーマは音楽療法。

中でいくつか短い曲を聞いてわき上がってきたイメージを
話し合う、というワークがあったのだけど……
なんとなく夕陽が見えたなあと思ったら、みんなそう見えていた!

おおっ。これが音楽の演出力なのか!
と、映像作品における音楽の大切さが改めてわかったりして。
私だけだと思いますが。

あと「あ。この曲でチャチャが踊れるな~」とか「これはパソだね」
なんてついダンスにあてはめてしまうのがダンスを始めてからの
クセだったりもする。

それにしてもみんな見えるイメージの多彩なこと!
想像以上に面白い講義だった。

最後、目を閉じて子供時代に還り両親と対峙するという
ワークがあって、これはまいった。

私は親とは何の確執もないごくごく普通の親子関係だから
別に~なんてタカをくくっていたのに、
父のことになったら知らないうちに涙があふれて。

うげ。この後打合せなのにどーすんのよ~とつい煩悩が。

でも、そのおかげでいろいろ見えてきたこともある。

自分の今の性格を形づくってきたのは、他ならぬ
これまでの生き方そのものだったってこと。

私の場合は幼い頃のトラウマ云々というよりも
結婚生活の方が大きい。
20年分を修正していくのって大変だけど、
まあ原因がわかっているからなんとかなるでしょう。

そうそう。
ワークの中で、ある曲を聞いた時、とにかく飛んでるとこしか思い浮かばない
曲があった。
ひたすら飛んでる目線で。
ヨーロッパのお城から高層ビルの立ち並ぶ街まで、それはそれは
軽快に飛んでるわけだ。

それは、「将来に対する願望」を表していたそうで。
「飛ぶ」が見えた人は「自由」なんだって。
どうやらいつも自由でいたいらしい。

« 早起き | トップページ | 東宝ダンスホールに行ってみた »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

受けてみたいセミナーですね。

映画の音楽って大切だと痛感してます。
昨日、プロの音楽家に映画音楽を依頼に行きました。
シナリオを渡し、少ないギャラの話や完成時期などを話したのですが、受けてくれるかどうか?

映像や演出がまずい分、音楽でカバーしたい心境です。

>ikkoさん

はい。非常に興味深い講座でした。
音楽ってすごいなっていうのを
改めて感じました。

ホント映像作品において音楽も大切なパーツの
1つですよね。
いい音楽がつくといいですよね!
監督頑張ってくださいね~。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/52276585

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽とイメージ:

« 早起き | トップページ | 東宝ダンスホールに行ってみた »