« 名刺つくり直しとインド占星術 | トップページ | 同時録画! »

2011/07/02

岩波ホール

先日、岩波ホールで映画を観てきた。
(ま、映画に決まってますが)

「遙かなるふるさと 旅順・大連」
地味なドキュメンタリー映画だからガラガラだろうなんて
タカをくくっていたワタシは甘かった!
なんと満席!
平日の昼間なのに。

ほとんどが70歳以上で、異国に迷い込んでしまったような
気分。
観てる間も「ふむふむ。ほう。そうそう」など相槌打ったり
水筒からお茶を飲んだり、
普通に「もしもし」と携帯電話に出たり……
ここはお茶の間か。

映画は大変興味深かった。
植民地という感覚がどうしてもわからない現代としては
どんなふうに現地の人たちと混ざり合って暮らしていたのか
どうしてもつかめないけれど。

かつて北京に住んでいた祖母に当時のことを
聞いても、やっぱりわからない。

当時と現在の対比がすごく興味深かった。


仕事の合間に心理学のセミナーに通い続けている。
まとめて行ける時に行っておこうと。

結局は自分を知ることが第一なのだな、と聞くたび思う。
もっと自分を認めること。
とはいえ、こんな怠け者の自分を認めたら
そこでストップしちゃうじゃん、という思いもあって
なかなか自分の中で整合性がとれないんだけど。

ただいま2稿改訂ちう。
勢いで書いたダメダメ初稿を直していく作業は
結構緊張する。

« 名刺つくり直しとインド占星術 | トップページ | 同時録画! »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/52105054

この記事へのトラックバック一覧です: 岩波ホール:

« 名刺つくり直しとインド占星術 | トップページ | 同時録画! »