« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011/05/30

写楽展

110530_215301
ここのところ時間に追われ過ぎて、公私ともに
本当に大事なことってなんだっけ?状態だったので、
思い切って1日遊ぶ。

えーと。もちろんお待たせするにもほどがあるほど
お待たせしている原稿もあるので、
そんなこといったら「ふざけんな」ってPもいるには
るんですが……。

ま、とにかく東京国立博物館でやっている写楽展へ。
面白かった!
去年来、仕事の関係で、歌舞伎のことや江戸の町
のことについていろいろ資料を読んだりしてきたので、
浮世絵の背景がよくわかるので
その分ちょっと感動。

だけど、写楽の正体が今もはっきりしなくて、
活躍した時期がたったの
10カ月だということはよく知らなかった。
その10カ月の中で4期に分けられ
作風が変わっていることとか……。
確かにドラマチック。

同じ役者絵を豊国や歌麿と並べてあった
のは面白かった。
同じ役者、同じ衣装……
しかし、全然違う。
写楽はあまりに特徴をとらえすぎていて
嫌われたんだというのも納得。
女形を演じる役者がおっさんだということ
が見てとれるから。
他の画家は本当に女っぽく描いているのに。

いい気分転換になりました。
これからがんばろっと。

2011/05/28

最大の敵

110525_183101
今最大の敵……それは眠気と食欲!
どちらも蹴散らすためには散歩ぐらいしかないのだけど
ついに梅雨入り!
ベッドはそこにあり、お菓子は2メートル後ろの押し入れにある。
まずい。


お土産の心。
お土産は、物そのものより、それを選んだ時に
相手が私のことを考えていてくれた、
という事実がなにより嬉しい。


日本映画批評家大賞という賞がある。
3年前に作品賞をいただいてから、毎年授賞式への
ご招待をいただくのだけど……
なぜか今年は山梨県!!
いや、まさかノミネートもされてないのにのこのこ行きませんが。

今年はシナオリセンターでお世話になった
柏田道夫先生が「武士の家計簿」で脚本賞を受賞!
おめでとうございます!


大騒ぎして調べまくったスマートホンですが……
結局断念。今のところ。
理由は、使いこなす自信がない(__;)
一日の大半はPCの前にいるわけで。
携帯はほとんど通話にしか使っていない私に
高機能は必要ないと判断。
今のところはね。

2011/05/24

aikawarazu life

ぶっ続けで10時間近く原稿を書いた翌日は
もれなく廃人で困ってしまう。
でも、ノーミソが高速道路に乗ってる感覚が
消えないうちに次!次!


せっかく映画館に徒歩で行けるところに
引っ越してきたのに、全然劇場で観てない。
今一番観たいのは「ブラックスワン」
観た人の感想を読むと、
とにかくひたすら疲れてるんだもの!
どんだけ~~(ん?死語?)


会社員時代に仲良しだったアメリカ人の友人が
近く来日予定というので、初めてメールで連絡を
取り合う。
(今まではクリスマスカード程度)

面倒くさいので、日本語で書く。
(彼女は日本語で仕事の資格をとっちゃうくらい
日本語が得意。18年ほど使ってないらしいけど)

向こうは日本語ソフトなんて入れてないので当然英語
なんだけど、部分的にローマ字が!
そこに「aikawarazu life」という一文が。
なるほど相変わらずなのね~。
来月会えるのが楽しみだ。

離婚したって書いたら、
「それを聞いてもびっくりしないわ」だと。
そーのか……!?
結婚式にまで出席している彼女がいうんだから
そうなんだろう。
誰か止めてほしかったなぁ。

2011/05/22

仕事考

おはよーございます。

オーバーワークだった先週は、体力気力の限界を超えてしまって
やるべきことが全部できなかったし、なんとかやっつけたことも
質が伴わず自己嫌悪。
迷惑かけた方、すいません。

気が抜けたのか、昨日土曜日は丸一日寝てた。
まるで廃人。

そこではたまた考えた。
友人の小説家Mちゃんの話を聞いて……
毎年コンスタントに新作を発表し続けているMちゃんは、
私から見れば立派な売れっ子作家。

それでも本当に書きたいものを書いているのか?と自問自答したという。
そして、仕事を断って、オファーのない作品を書き続けた、と。
結果、その新刊が世に出ました。

想い出あずかります
想い出あずかります吉野 万理子

新潮社 2011-05
売り上げランキング : 32362


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

我が身を反省する。
自分の隙間を埋めるように仕事を詰め込んできたけれど、
結果として毎日慌ただしいばかりで充実したような気になり、
満足のいくものを書けていない。

体力と物理的時間に限界があるからこそ
もっと1つ1つにじっくり取り組むべきなのだ。
勢いでなんとかするのはもうやめにしよう。

そんなことを考えている昨今。

2011/05/18

品質

私の悪いクセで、ついつい仕事を重ねて入れてしまう。
……というより、断るのがもったいないと思ってしまう
貧乏性なのかもしれない。

掛け持ちすることで、脳と知識が活性化して思わぬ
アイデアを思いついたりするので悪いことでもないと思ってきたんだけど……
構成作家の人なんて平気で10本ぐらいレギュラー抱えているし、
小説家だって5本ぐらい連載抱えてるじゃん!と思ってきた。

でも、やっぱりシナリオは違う。
なにしろ打合せが多いし長いし、
小説ほど自由度も高くないし。
バラエティーほど現場任せでもない。

さすがにタブり過ぎると物理的に無理が
生じてくる。

実は今それ。
すっっっごく反省してます。

何人もの女と付き合っている男がよく
「キミと会ってる時は君のことしか考えないよ」
というのと同じで、1つ1つにその都度集中するのはする
のだけれど……

不本意な原稿を出してしまった打合せに行くのは
とても気が重い。
作品にも申し訳ない。

粗製濫造になってもいけないので、
今後は断る勇気を持って、1つ1つを大事にしていこう。
その方が結果につながる。

もう若くないしね。

2011/05/16

香りの記憶

香りというのは、自分で思っている以上に
潜在意識に強烈な印象を残す。
特定の香り=その人、みたいな。

普段使っているオードトワレがそろそろなくなって
きたので、何か違うのに変えようかな~と思っていたら、
小森純ちゃんがChloeを薦めているという記事を読んだ。

とってもポピュラーなので、人込みでその香りをかいだ時、
カレシがいちいち自分のことを思い出してくれるから、と。

ふうん。
たまたまデパートでChloeのキャンペーンをやっていたので
サンプルを嗅がせてもらった。

あら、これって友人A子の香りじゃん。
普段意識したことないけど、これだったのか。

てな具合に香りで人を特定していたんだな。
(実際A子は銀座で知り合いの人に「あれ?今A子さん
いたのかなと思って探しちゃいました」と言われたって)
ま、私も実際いまだに街でアラミスの香りを嗅ぐと
元ダンを思い出してムカッとしますが何か。

ちなみに私が使っているのは、
HERMESのKELLYと
Calvin KleinのETERNITY MONENT

後者はある女優さんのエッセイでタクシーの中で
とても褒められた、と読んだことからつけ始めた。

過去にはCHANELの19番とかCartierとか
ちょっと石鹸ぽいのが好きだ。
誰かがそれで私を認識してくれているかどうかは
知らんけど。

ハッ。あんまり変えたらダメなのかしらん……

2011/05/15

イトウさんがいっぱい

どうしようもないほどに運動不足。
危機感を覚えつつも何するでもなかったのだけど、
ふと思い立って、コアリズムを引っ張りだして20分ちょいやってみた。

おー。すごい汗!
そして肩こりがラクになった!
これっていいかも。
整体で1時間なら、コアリズムもしくはビリー(←今夜は5分だけ)
とシャワーの方が健康的な気がする。


さて。タイトルのワケ。
なぜか仕事相手にイトウさんが多い。
現在進行中の仕事にイトウPが2人!
さらにライター仲間に、AD君まで入れたら、
10人近く……

原稿送るの間違えたらどうしよう……それだけが心配だ。
(いや、まさかやらないけどね)

2011/05/08

母の日

110507_190901
すっかり忘れていたのだけど、母の日に送った
花束とクッキーが届いたよと母から写メ。

ちょっと!花束小さいじゃん!色も寒いし。
明らかにネットで見たカタログより小さいよ。
クッキーより小さいってどーよ?
花より団子か?
……まあいいけど。本人喜んでるようなので。

実は父の命日が今週だったのだけど……
す、すっかり忘れてました。
ごめんなさい。おとーさん。

丸9年。
当時は、肉親を亡くすという初めての体験に茫然自失
してたもんだけど、今じゃこの薄情さ。
我ながら呆れる。

当時早々に仕事に復帰したのはいいけど、
全然書けなくて(特に殺人事件)
書いても面白くなくて、完全なるスランプに陥ったのを
おぼろげながら覚えてる。
(↑記憶力がアレなのでヤなことも結構すぐに忘れる)

でも、そのときの感情をその後の作品に使って
うまくいったのでホント無駄のない商売だと
と思った記憶もある。

ま、生きてる母の事は忘れてなかっただけで
ヨシとしよう。(強引な完結)


今朝は早くからマンションの清掃活動。
1年に一度らしいのだけど、マンション周囲と100メートル向こうの
歩道まで。

意外にもゴミが少なくて、案外ちゃんとしてる地域なのだと感心。
なんにせよ、キレイにすることは気分的にスッキリするもんです。

いいお天気。
今日もがんばって書こう。
ほ、ほんとだってば。

2011/05/06

断捨離したら……

連休とか関係なく過ごしてます。
ちょっと体調崩して、会議はおやすみ。
みんなが会議テーブルを囲んでいるであろう時間
まるまる爆睡してました。

断捨離ってほどじゃないけど、
どこも切れたり電線しているわけではないから捨てられず
引き出しいっぱいになっていたストッキングの山を
どっさり捨てた。

そしたら、引き出しの奥から、失くしたはずの指輪が出てきた!
数年前に仕事運の上昇を願ってわざわざオーダーしたシトリンのリング。
わーい。
喜びも束の間……は、入らない!
太ると指までデブるのか!?
あまりのショックにしばし呆然。(当たり前?)


震災前に書いた映画のシナリオが今となってはぬるく感じられて
全面改訂することにした。
なんて言うか、もう精神が違う。
幸か不幸か打合せはまだ先なのでつらつら考える。


それとは別にお待たせし過ぎるぐらいお待たせしている映画シナリオ。
これは逆に過酷な時代の過酷な運命を描いたものなので
今の空気には馴染むかもしれない。
その分書く方はきついけど。

本当に集中した時って周囲の雑音が消えて、
時間の感覚もなくなって、気づけば数時間……みたいな。
ライターズハイとでもいうのかな。
そこまで入り込めることはめったにないけど。
大体〆切過ぎて相当ヤバくなってからじゃないと
訪れない境地。
因果すぎるこの体質。嗚呼。

今日も「鶴の恩返し」の鶴のように物語を紡いでいきます。
鶴ほどスリムじゃないけどね。

2011/05/04

カンケーないけどGWだ

Photo
海洋堂のフィギュアはよくできている。
昔懐かしいチョコエッグのおまけ。

世間はGWですが、あんまり関係ない。
ただ、テレビ局がお休みなので企画の返事が来なくて
その分作業がストップしているのがあったりして、
ちょっとだけ気が楽。

そのかわり休日の合間の平日には「まだですかっっっ」と
プロデューサーの泣きの電話が入ってきたりするので
油断はできないんですが。
すいません。筆が異常に遅くて。

そんな合間に岡本太郎展を見てきた。
NHKのドラマ、最終回だけ見逃しちゃってすごく悔しいんだけど
あれを見てますます親近感。
きっと祭り上げられちゃうのはご本人は本意ではないでしょうけどね。
パワーがビンビン伝わってきて枠にはまらないエネルギーみたいな
ものを感じた。

今並行して進めている仕事の時代の幅が広すぎる。
一番古い時代を扱ったものと新しい時代のそれとでは
ざっと200年の開きがある。
その分調べなきゃいけないことが多くて大変だけど
楽しいことは楽しい。

殊に古い時代の風俗を調べ出すとキリがなくて
どんどんその世界に埋没していく感じ。
いっそタイムスリップして見てきたい。
ちゃんと帰ってこられるのなら、だけど。

未来の方は、自由に発想できるのが楽しい。
でも、こんな天災が来ると発展するばかりじゃ
ないのかも、と思ってみたり。

何か物を買ってきて、膨大なゴミを捨てるたび
「いいのかなあ」と思ってきた。
何年かしたら
「スーパーのレジ袋?なかなか手に入らないのよね」
なんて言ってるかもしれない。

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »