« 切ったら軽くなった | トップページ | 平常心 »

2011/03/13

地震

地震被害の映像を観るにつけ、これが現実に起きていること
なのかと思うと、想像をはるかに超えた現実にただただ
人間の無力を感じます。

3月11日。
15時からの打合せのため日比谷線に乗っていた。
恵比寿構内に入ったところで緊急停車。
地震のためというアナウンス。
続いてグワングワンと車体が左右に大きく揺れ始めた。
こりゃ大きいな、という感じだったけど、騒ぐ人はなし。
いち早くネットで「東北で震度6だって」という話している人がいた。
すぐに仙台の母にメール。
大丈夫?と。
30分しないうちに返事が来て、ビルの中にいてガラスが割れたりしたけど無事、
これから歩いて家に戻る、と。
とりあえず安心。
間もなく弟からも無事との連絡あり。

数分で安全確認ができたとかで恵比寿駅に停車。
絶対にこのまま待っていても動かないと思ったので、地上へ。
タクシーをつかまえ中目黒へ。
この段階で運転手さん、「電車動いてないの?かきいれどきだなあ」
とまだのんきだった。

目薬を買ってからと思い薬屋へ行くと、大きな揺れ。
商品が落ちてくるから外へと言われて表に出ると、タワーマンションが
ぐわんぐわんと揺れているのが肉眼でもわかる。
高層階の人はエレベーターも止まっているだろうし、どうするんだろ……と。

ビルの前でPDに会う。今日はバラしましょう、と。
それから事務所でニュースを見たり、みんなでご飯を食べに行って解散。
ライター仲間のTさんちはテレビが飛んで割れたと聞いて家が心配になる。

そして、ここから私の帰宅難民が始まったのだった。
とにかく恵比寿方面を目指して途中でタクシーを拾うつもりで歩き出す。
恵比寿駅のタクシー乗り場は長蛇の列。
間もなく駅も閉鎖とアナウンス。
そこで一緒に歩いてきたIさんと別れる。

さて。どーしたものか。
新橋行きのバス停があったのでとりあえず並んでみる。
隣の女性と情報交換。
その段階でツイッターで品川プリンスホテルが帰宅困難者に避難所を開放していると
聞いたので、品川を目指すという彼女に教えてあげる。
そのうち「私、歩きます!」とその人が歩き出したので、私も間もなく列を離脱。

コンビニはどこも長蛇の列。
携帯の充電が不安だったので充電用電池売り場を見るも売り切れ。
5件目のコンビニでau用の使い切り充電器をゲット。ホッとする。
ついでにタクシーで帰ることも想定して多めに現金を下ろしておく。
さらに朝まで家に戻れないことも覚悟してキャンディーを購入。
幸いおなかはいっぱいだったので気力は大丈夫。
ヒールはないけど履き慣れない靴を履いてきたことを悔やむ。

歩く歩く。ときどき携帯のナビウォーク機能で現在地と方向を確認しながら。
どう考えても家までは遠すぎる。
とりあえず避難所になっているという築地本願寺までは行きたいなあと。
じゃなくても、あちこちで開放されている避難所のお世話になることも覚悟。

てくてく歩いて麻布十番。
地下鉄に降りていくと今日はJRは復旧しないと聞く。

生存確認があちこちから入ってくる。
大阪、ハワイ、ソウル、長野の友達から続々。
寒いし疲れたし、メールに返信するために麻布十番のカフェで休憩することに。
それが20時。
店内ではテレビでニュースをつけていたのでグッド。
こんなときだというのに、日本人の女の子2人+アメリカ人の男性3人の
合コンをやっている。すんげーうるさい。
間もなく出ていってくれてホッ。

カフェオレ、コーヒー。それからからだを暖めるためにワイン。
お店がポテチやらチョコやらを出してくれた。感謝。

はてさてどうするかと思いつつツイッターで情報収集。
これがよかった。
大江戸線が動き出したとわかる。
20時半過ぎに一部の電車が動き始めたことを知り、下手に動くより
すぐにだと混雑しているかと待っていたら、意外にもガラガラという情報を得て
すぐに店を出る。
電車に乗ると確かにすいてる。
その後人が殺到して一時動かなくなったと聞いたのでタイミングはよかったようだ。
月島で降りる。
そこからテクテク歩くこと30分で帰宅。
途中橋を2本渡ったけど水はおだやか。

テレビが飛んでいることを覚悟して家へ。
ななな、なんと!被害はゼロ。
しいていえば壁にかけていたカレンダーがはずれていたのみ。
不安定な本棚に入れている文庫本一冊飛び出していなかった。
グラスも無事。
猫の水もこぼれてない。

どうやら揺れたのは南北の方向だった模様。
本棚の本は東西を向いていたので大丈夫だったようだ。
猫たちもまったく変わりなし。

この段階で22時半。
帰宅難民になりかけた割りにはかなり無駄なく帰れた方かもしれない。
今日知らない人が話していたのを聞いたら、お台場から渋谷までタクシーに
乗ったら5時間半かかり2万5000円ぐらいかかったらしいし。

とにかく思ったのは、携帯電話がいかに有効かということ。
スマートフォンならより使いやすかったでしょう。
ツイッターには随分助けられた。
情報はもとより、励ましてもらったり。
でも、バッテリーアウトしたら終わりだったので、充電器の必要性は感じた。
コンビニからはいち早く姿を消すこともわかったし。

それとこんなときだと言葉を交わす見知らぬ人との会話のありがたさ。
やっぱり「人」なのだなあ。

昨日(土曜)はビックカメラに行きがてら有楽町を歩いてみたら、いつもより
歩いている人が少ないのなんの。
映画館は皆休館だし。

それにしても電気、水、ガスのあることのありがたさ。
仙台の母とはまだ直接話せていないのだけど、電気がないのでテレビが見られず
これほどの被害だということすら知らないらしい。
一番知りたい渦中の人たちが情報から隔絶されているのは悲劇だ。

亡くなった方のご冥福を……
そして、一日も早い復旧を祈るのみです。

« 切ったら軽くなった | トップページ | 平常心 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

KEIさんもお疲れ様でした。
カフェとかで休憩中は確かに私もすっごくのん気でした。「今日食べた夕飯~」とか言いながら写メ撮ってましたから。
でも、そのあと歩き続けた時のひもじさ(寒さ、足のだるさ、疲れ、自宅まで歩くつもりだったから見通しの無さなどなど)は、私を一つ打たれ強い自分に成長させてくれたかもしれません・・・。
ツイッターかぁ・・・私もツイッターデビューしようかな♪

>MIYAさん

お疲れさまでーす。ご無事でなにより。
私も歩いていてなんとかなるだろ、と楽観的でした。
家族の無事をとりあえず確認していたせいかもしれませんが。
ツイッターまだやってないの~!?
MIYAさん向きなのにィ。
情報早いからおススメですよん。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/51104664

この記事へのトラックバック一覧です: 地震:

« 切ったら軽くなった | トップページ | 平常心 »