« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011/03/28

ランタン

Eg_lantern1
幸いにして計画停電の範囲からは外れた地区に住んでます。
日々苦労している範囲内居住の人にはホント申し訳ない。
計画停電が夜実施されたところに住んでいる友人に聞いたら、帰ってきたら真っ暗で
なんにも見えないし何もできなくて困った、と。
昼の停電と夜の停電じゃ怖さが全然違うと思う。

23区は今は常に電気が通じているけど(改めて当たり前だと思っていたことの
ありがたさを思う)今後はどうなるかわからない。
むしろ公平に停電にしてもらっていいと思ってる。

なのでランタンを注文してみた。
ソーラーか手回し充電なので電池いらず。
これがあれば、停電じゃなくても節電にも使えそう。
届くのは来月下旬だけど。


仙台への宅配便が復旧して弟に物資を送れた。
それまでは営業所止めと言われていて、その営業所まで行くガソリンがないよ、
ということだったから助かった。
クロネコさん、ありがとう。


被災地の子供たちに絵本を送る、というのに協力して本えらび。
物語にはいつだって希望を見出せると思うから。
しかし。ちょっとでも悲劇を思い起こさせるものはまずいかなと
考えちゃう。


仕事。
ヤバイ。時間がない。
こんな時間にブログを更新しているのは現実逃避。
自分の計画性のなさと筆の遅さが一番の原因だけど。
こんな時なのに物語を綴る場をいただけているのはありがたいこと
なんだからがんばらなきゃ。

しかし、時間がなさすぎてプロットすっ飛ばしていきなりシナリオは
きつかった。
深く反省……するヒマあるならとっとと書け、と。


2011/03/26

そろそろスマホ?

先日外出先にいる時に地震に遭って、つくづく情報が大事だなあ
と実感した。
携帯でとりあえずはまかなえたのだけど、やっぱりこの際スマートフォンを
導入しようかと検討……し始めたら仕事が手につきませ~ん。

現在のauの番号をそのまま使うならIS05。138グラム。3.5インチ。
もし携帯そのままに小さくて画面の大きなスマホにするならDoCoMo。

ニュースは見られた方がいいと痛感しているので、やっぱりワンセグ機能は
あってほしい。

近く手がける予定の仕事が調べ物が多くなりそうだから、いっそ携帯はそのまま
にiPad導入か!?なんて考えもあったりして悩ましい。

今書いてるシナリオをアップしたら考えます。


小説。念稿なるものが届きました。最終確認ということ。
いよいよ形になるのか~と感慨深い反面、どうしてもっと早く書き上げなかったのか、
と自己嫌悪。
タイトルにはこの時期ちょっとまずいんじゃない?という「溺」という字が入ってるし。
生きるか死ぬかって時にイロコイなんてどーでもいいですよねえ。

地震前と後では作品づくりの精神が変わっていく気がする。

放射能。
情報が錯綜していて、踊ったり踊らされたりしている人が多い昨今。
結局は自分で見極めていくしかないのだと思う。

私はなぜか慌てる気にならない。
なんでだろう?と考えると、別にいつ死んでも悔いはない、と思っているから。
家族がいないってそーゆーことなんじゃないかしら。
別に悲壮なことじゃなくて。
お子さんがいる人は「この子のために」って絶対あると思う。
もちろん私も母のことは心配だし大事だけど、いざとなればしっかり者の弟たち
がいるしな。
差し当たって私が守らなければならないのは猫3匹。
確かにこのコたちを残してはいなくなるわけにはいかないんですけどね。

2011/03/22

岩手の友人と連絡がとれました

盛岡市内に住む大学時代の友人と連絡がとれて1時間ほど
話をしました。

被災地は報道以上に悲惨だそうです。

友人の家は被害もなく無事でした。
しかし、気仙沼の実家は流され、水産業を営んでいたお父さんの会社は鉄筋だけを
残し、すべて流されたそうです。
今その会社跡の向かい側は遺体安置所になっていて、ふだんなら魚を運ぶトラック
で遺体を運び込んでいる状況。
火葬は間に合わないので、土葬される予定。

ご両親と弟さんは地震直後、津波が来る前に無事を確認していたそうですが、
津波が来るというので屋上に上がりなんとか助かり、後にヘリで救助されました。

お母さんと弟さんは遠縁の家に避難したそうですが、お父さんが気を遣うことを嫌って
一人で避難所に入ったため、友人は車で3時間以上離れた避難所を何カ所も探し
歩いたようです。
結局5つ目で見つかったようですが、避難所にも差がある、と。
そして、グループができ始め、うまくなじめない人は寒い出入り口付近に毛布一枚で
零下の中寝ている。
トイレは流せないので、穴を掘っては埋めているような状態。

瓦礫がすごいので、歩くにも靴底が厚くなければ何もできない。
そして、遺体の山。
木にぶら下がっている遺体が当たり前にあり、瓦礫の下に埋まったままの遺体を
踏みつけてしまった時の感触は一生忘れられない、手を合わせて歩くしかなかった、と。
津波の跡は重油の匂いがすごくてマスクなしでは歩けない。
なぜか破壊された家に火を放つ人もいる。(火災保険を狙うためか)

盛岡でも給油のために6時間並んでようやく10リットルだけ買える。
スーパーに入るまで3時間並ぶ。
食品は1人1つだけ。二度並ぶような人はチェックされる。

こういう時だから、人間性がもろに出る。
昔世話をしたのだから、など人情はまるで関係ない。
今は自分のことだけで誰もがいっぱいいっぱい。
冷静な人でもちょっとのことですぐキレる。

家を流されなかった人はそのことを「なんであんただけ……」と責められる場合もある。
治安が非常に悪くなっていて、強盗などもある。
留守宅に入って物を持っていくことは当たり前になっている。
停まっている車からガソリンを抜き取ることも横行している。

ボーッと避難所で座っていることしかできない人もいれば、いち早くアパートを借りて
独立していく人もいる。
親戚は口は出すけど何の援助もしてくれるわけではない。

避難所でお風呂に入れないのは仕方がないが、肌着が十分に行き渡らない。
新品をもらっても、サイズがまちまちではけない。

友人の76歳のお父さんはもう一度水産業の会社を再興するのを目標にしているようですが
その資金はどうするのか?と周囲は無理をするなと止めているそう。
今回一度は盛岡に引き取ったものの、どうしても生活を建て直したくてご両親と弟さんは
気仙沼に戻り、アパートを借りたそうです。

しかし、戻るにもレンタカーは緊急車両に限るので、仕方なく中古車を買ったとのこと。
その車も高齢のご両親には買えないので友人のご主人の名義と資金で購入した、と。
友人も育ち盛りの息子さんを2人抱えて生活に余裕があるわけではないので
助かったとはいえ苦しい……と精神的にも物理的にも苦労があると話してくれました。

彼女が話していたことで印象的だったのは……

助かったことにはきっと意味がある。それを考えてこれからの人生を生きていきたい。

こんなときこそ家族が1つにならなければならない。

……ということでした。

机の上がカオス

今日はおにぎり1個しか食べてない……という避難所の人たちの
ニュースを見ながら、おなかいっぱい食べているのは申し訳ないというか
同じ日本の中で起きている出来事とは思えないときがあります。
テレビというフィルターを通した途端に現実が現実に見えなくなるのは
仕方のないことなのでしょうが。
せめても今の幸せが実はあやふやなものだと実感しておきたいと思います。


タイトルのワケ。
執筆する机にはセットになってコロコロ転がる足がついたサイドデスクが
あるのですが(これ、セットで師匠からいただいた)、
このサイドデスクがえらいことになってます。
一瞬画像をアップ……と思ったけど、あまりにすご過ぎて恥ずかしいので
やめておく。

ここ1年ぐらいでやっている仕事の資料が山、山、山……
こっちに江戸時代の風俗の資料があるかと思えば、こちらには脳科学、こっちには
警察関連の資料があり、さらには戦争関連に原作のコミック、映画関係の資料……
さらには完全にプライベートの趣味のミステリ小説、が山を崩して入り交じり始め
もはや自分でもワケわからん。

まあこのサイドデスクがあるおかげで、メインデスクはパソコンとノートとミニコンポ
だけでスッキリしているわけですが。

1つの仕事に入ると、山ほど資料を取り寄せるので、今毎日嵐のように
届いている状態。
これがまた楽し。
とりかかるのはちょっと先なんだけど、ついついパラパラ読み始めたら止まらない。

いかんいかん。
今目の前の〆切がかなりヤバくなっています。
地震の影響をどうしても感じています。
ほんの2週間前までノーテンキにやれた描写が、今はあまりにも現実になって
いるのでできなかったりして。
これがスクリーンにかかる頃には、きっと日本が元気になっていると信じて。。

2011/03/18

1週間過ぎました

Sbsh10491
千葉の友人が送ってくれたスーパーの光景。
そんなに買い占めに走らないでください~!

地震から1週間。現場で命懸けで働いている方たには本当に頭が下がります。
できることを、と言いながらなんにもできないどころか自分の仕事すらアワアワしている
ばかりで進まないことに自己嫌悪。

仙台の母と電話で話す。
近所では塀も倒れている家はないし、瓦一枚飛んでない、と。
ほんの数キロ行ったところでは何百人も亡くなっているというのに
紙一重な幸運に運命を感じる。

アウトドアが趣味の弟は停電や水道の停止も果敢に乗り切ったらしい。
(今はガス以外は復旧)
ランタンもあるし、飯盒でご飯は炊けるし、トイレの水は川から汲んでくんできたとか。
元気でいてくれればそれでひと安心。
むしろこっちの揺れを心配される。

買い物に行った先でレジ横の義援金の箱にチャリーンとお金をいれたら
店員の女の子が「ありがとうございました!」と思い切り頭を下げてくれた。
なんかこっちこそありがとう、な気分。


今日は地震以来初めての打合せ。
昨日は急遽とりやめになったりしたので。

2駅以上電車に乗ることが怖いと思ってしまうのは、先週
帰宅難民になりかけたトラウマなのか。
我ながら軟弱だなあと思う。

引きこもっていたせいで、鏡に映った自分を見てギョッとする。
なんだ!この緊張感のないボケた顔は!
人生マックスのデブ!許せない!
運動不足と食べ過ぎはあまりにもてきめん過ぎ。
これがたとえ平和な悩みであったとしても。。
なんとかせねばと固く心に誓う。
差し当たって痩せていた時のダンスの写真を携帯の待ち受けにしてみる。

気を取り直して打合せで銀座へ。
驚いた。
いつもの喧騒がない。
CHANELもCartierもDiorもBurberryも……おもだったブランドショップが
軒並み休業なのだ!
きっと本社からの指示なのだろうが、こんなときこそ営業してほしかった。
最近のお得意様である中国人が日本からこぞって脱出しようと
しているとしても。

打合せと会議を終えて戻ったのが20時過ぎ。
フツウに電車が動いているだけで安心する。

来週ロケを予定している班は戦々恐々。
役者が千葉や茨城まで行ってくれるか?
外国人俳優が帰国してしまわないか……
こればっかりはそのときになってみないとわからない。

1週間、仕事がほとんど進まなかったせいで、えらいこっちゃになってきた。
この春は忙しくなりそう。
仕事入れ過ぎなのかもしれないけど、今多少無理しないでどーすんの?
と思っているから。

4月4日発売予定の本は、紙の調達はできたそうだけど、輸送のトラックの
燃料がない、とか、計画停電で印刷所が動かない、などの理由で15日発売に延期。
そんなもの、全然オッケー。
被災地のことを思えば、当然です。
どうぞ無理のないようにと答える。

そうか明日から3連休なんだ。
仕事しなきゃ!

2011/03/15

平常心

被災地の方のことを思うと心が痛むばかり。
これから何年もにわたって仮設住宅生活になるのだろうと思うと、
家があって電気、ガス、水道がフツウに通じているだけで天国のようで
申し訳なさすら感じてしまう。

今回津波に持っていかれたと思われる場所に
一昨年まで結婚していた人の実家があった。
もしも私が今でも「嫁」の立場だったら、半狂乱になって義理の両親の安否を
気づかっていただろう。
とてもいい人たちだったから、今でも心配だけれど、何かをしてあげられる
わけでなし、ただただ無事を祈るのみ。

ちょっと前までは地震が来たら、東京都心ほど大変、やっぱり土地の広い地方の方
が安心だろう、なんて思ってた。
ところがこんな結果。
都心ゆえに停電からも免れていたり。
何なら絶対大丈夫!なんていえないのだなあ。

押し入れに手動発電のラジオと懐中電灯が一体化したもの発見。
引越しの時に引越屋さんがおまけにくれたものだ。
1分ハンドルを回すとかなりの時間使える。
おまけに各社携帯電話のアダプターがついていて、手動発電した電源から
充電が行える!
さらに居場所を知らせるためのサイレンポタンまでついてる!
すごい!
ほこりをかぶっていたけど、引っ張り出してみた。
アート引越センターさん、ありがとー。

生協をやってる関係でもともと食料品やらティッテュやらの備蓄が押し入れに
いっぱいあって困ることはないです。

今はとにかくできることを。
私の場合はエンタテイメントを紡ぐこと。
ニュースをつけていると見入ってしまい、胸が痛くなるので、定期的につけるのみに
して作品世界に没頭しようと思ってる。
ここ3日ほどは落ち着かなくてまったくいいアイデアも出てこなかったので。

平常心でいることが今一番求められている気がする。

2011/03/13

地震

地震被害の映像を観るにつけ、これが現実に起きていること
なのかと思うと、想像をはるかに超えた現実にただただ
人間の無力を感じます。

3月11日。
15時からの打合せのため日比谷線に乗っていた。
恵比寿構内に入ったところで緊急停車。
地震のためというアナウンス。
続いてグワングワンと車体が左右に大きく揺れ始めた。
こりゃ大きいな、という感じだったけど、騒ぐ人はなし。
いち早くネットで「東北で震度6だって」という話している人がいた。
すぐに仙台の母にメール。
大丈夫?と。
30分しないうちに返事が来て、ビルの中にいてガラスが割れたりしたけど無事、
これから歩いて家に戻る、と。
とりあえず安心。
間もなく弟からも無事との連絡あり。

数分で安全確認ができたとかで恵比寿駅に停車。
絶対にこのまま待っていても動かないと思ったので、地上へ。
タクシーをつかまえ中目黒へ。
この段階で運転手さん、「電車動いてないの?かきいれどきだなあ」
とまだのんきだった。

目薬を買ってからと思い薬屋へ行くと、大きな揺れ。
商品が落ちてくるから外へと言われて表に出ると、タワーマンションが
ぐわんぐわんと揺れているのが肉眼でもわかる。
高層階の人はエレベーターも止まっているだろうし、どうするんだろ……と。

ビルの前でPDに会う。今日はバラしましょう、と。
それから事務所でニュースを見たり、みんなでご飯を食べに行って解散。
ライター仲間のTさんちはテレビが飛んで割れたと聞いて家が心配になる。

そして、ここから私の帰宅難民が始まったのだった。
とにかく恵比寿方面を目指して途中でタクシーを拾うつもりで歩き出す。
恵比寿駅のタクシー乗り場は長蛇の列。
間もなく駅も閉鎖とアナウンス。
そこで一緒に歩いてきたIさんと別れる。

さて。どーしたものか。
新橋行きのバス停があったのでとりあえず並んでみる。
隣の女性と情報交換。
その段階でツイッターで品川プリンスホテルが帰宅困難者に避難所を開放していると
聞いたので、品川を目指すという彼女に教えてあげる。
そのうち「私、歩きます!」とその人が歩き出したので、私も間もなく列を離脱。

コンビニはどこも長蛇の列。
携帯の充電が不安だったので充電用電池売り場を見るも売り切れ。
5件目のコンビニでau用の使い切り充電器をゲット。ホッとする。
ついでにタクシーで帰ることも想定して多めに現金を下ろしておく。
さらに朝まで家に戻れないことも覚悟してキャンディーを購入。
幸いおなかはいっぱいだったので気力は大丈夫。
ヒールはないけど履き慣れない靴を履いてきたことを悔やむ。

歩く歩く。ときどき携帯のナビウォーク機能で現在地と方向を確認しながら。
どう考えても家までは遠すぎる。
とりあえず避難所になっているという築地本願寺までは行きたいなあと。
じゃなくても、あちこちで開放されている避難所のお世話になることも覚悟。

てくてく歩いて麻布十番。
地下鉄に降りていくと今日はJRは復旧しないと聞く。

生存確認があちこちから入ってくる。
大阪、ハワイ、ソウル、長野の友達から続々。
寒いし疲れたし、メールに返信するために麻布十番のカフェで休憩することに。
それが20時。
店内ではテレビでニュースをつけていたのでグッド。
こんなときだというのに、日本人の女の子2人+アメリカ人の男性3人の
合コンをやっている。すんげーうるさい。
間もなく出ていってくれてホッ。

カフェオレ、コーヒー。それからからだを暖めるためにワイン。
お店がポテチやらチョコやらを出してくれた。感謝。

はてさてどうするかと思いつつツイッターで情報収集。
これがよかった。
大江戸線が動き出したとわかる。
20時半過ぎに一部の電車が動き始めたことを知り、下手に動くより
すぐにだと混雑しているかと待っていたら、意外にもガラガラという情報を得て
すぐに店を出る。
電車に乗ると確かにすいてる。
その後人が殺到して一時動かなくなったと聞いたのでタイミングはよかったようだ。
月島で降りる。
そこからテクテク歩くこと30分で帰宅。
途中橋を2本渡ったけど水はおだやか。

テレビが飛んでいることを覚悟して家へ。
ななな、なんと!被害はゼロ。
しいていえば壁にかけていたカレンダーがはずれていたのみ。
不安定な本棚に入れている文庫本一冊飛び出していなかった。
グラスも無事。
猫の水もこぼれてない。

どうやら揺れたのは南北の方向だった模様。
本棚の本は東西を向いていたので大丈夫だったようだ。
猫たちもまったく変わりなし。

この段階で22時半。
帰宅難民になりかけた割りにはかなり無駄なく帰れた方かもしれない。
今日知らない人が話していたのを聞いたら、お台場から渋谷までタクシーに
乗ったら5時間半かかり2万5000円ぐらいかかったらしいし。

とにかく思ったのは、携帯電話がいかに有効かということ。
スマートフォンならより使いやすかったでしょう。
ツイッターには随分助けられた。
情報はもとより、励ましてもらったり。
でも、バッテリーアウトしたら終わりだったので、充電器の必要性は感じた。
コンビニからはいち早く姿を消すこともわかったし。

それとこんなときだと言葉を交わす見知らぬ人との会話のありがたさ。
やっぱり「人」なのだなあ。

昨日(土曜)はビックカメラに行きがてら有楽町を歩いてみたら、いつもより
歩いている人が少ないのなんの。
映画館は皆休館だし。

それにしても電気、水、ガスのあることのありがたさ。
仙台の母とはまだ直接話せていないのだけど、電気がないのでテレビが見られず
これほどの被害だということすら知らないらしい。
一番知りたい渦中の人たちが情報から隔絶されているのは悲劇だ。

亡くなった方のご冥福を……
そして、一日も早い復旧を祈るのみです。

2011/03/10

切ったら軽くなった

断捨離もブームになって久しいけど、日々実感。

いろいろ「こうじゃなきゃ」と思い込んでいたものを切り捨てると
解放されるというか、自由になるというか。

思えば離婚ぐらいから始まったかな。
多少ヤなことがあっても、これが結婚なんだ、と我慢していた日々を切り捨てて
みたら、すっごい自由になった。
なにより日々の気分が違う。

髪を切った。
これも「ロングヘアしか似合わない」という思い込みを切り捨ててみた一環?
いやあ、軽い。軽い。
結ばなくていいからシュシュの重さとか引っ張られる感じもなくなる。
シャンプーがラクったらない。
ブローはパーマかかっているのでちょっと大変だけど。
うまくブローできないから、もっと短くしたくなってきた。

長い髪って、その陰に隠れる感じってあると思う。
自分でバリア張っちゃう、みたいな。
あんまり前面に出たくない時はおろしてたし。
短くすると前に出るしかない、ような気がしてくる。
ただの感覚的な問題だけど。

オトコの好みもそうかも。
こうじゃなきゃ、というのをちょっと捨てると選択肢が広がるのね~。
もっと自由になれる感じ。
自分に本当に合っているのはどういうタイプか。
これまたいろいろ発見がある今日この頃。

最近早寝早起きが極端で。
22時くらいには眠くなってバタン……4時に目が覚める。
老人かっっ!?

仕事たまっているので、働きます!

2011/03/06

クロスポスト

プログとツイッターがクロスポストできるという設定を
してみた。
うまくできているんでしょうか??

ずっと長く長くお待たせしている仕事にようやく本格的に手をつける。
原作にない部分も資料を調べる。
ドーーン。
この世界、この時代のどうにもならない悲惨さに落ち込む。
そうだ。思い出した。
作品世界に向き合うと、嫌でもこの世界に引きずり込まれる、いや、
飛び込まなくてはならなくて、それが怖かったから、ずっと逃げて逃げて
こんなに遅れちゃったんだ。
もちろんやり出せば集中できる。
このお話を伝えていく大事さを使命と思って。
どうかこの映画が着地しますように。

気分転換に美容院。(原稿終わらないのに~)
何十年ぶり(!)かに髪の毛バッサリ切る。
襟足がスースーする~。
頭がかるい~~。(中身もね)
まだ誰にも会ってないから反応がちょっとコワイけど。

さて。続きをやります(._.)φ

2011/03/04

Facebook

Photo
ンなことしてる場合ではないのだけど、爪が薄いままだと何をするにも
痛くてしょーがないので、ネイルサロンへ。
ちょっと春らしくしてみました。
足はシルバーラメ+レッドのストーン一列。

話題のFacebookに登録してみました。
とりあえず。
登録した途端にサイトが勝手にアドレス帳から55人の知り合いを見つけてくれました。
だからっていちいちお友達リクエストはしませんが。
アメリカ人の半分が登録している、
6億人がやってる、
革命すら起きる、
それを実感できるほどには全然使い方がわかんないんですが。
しかし、登録した途端に夜更かしの友達と楽しいおしゃべりにハマりそうで
早くも自粛モード!
いかん。悪魔の囁き過ぎる!

そんな中、今朝はヨガの個人レッスン@自宅。
なんとまだ2回目。
ずっと仕事終わらず、ドタキャンドタキャンで。
いやあ。きつかった!
ヨガで筋肉痛になるとは!
しかし、先生(←惚れ惚れするほど美しい)がマンツーマンで見てくれるので
なんとか懸命にやるわけです。
終わった後は、気持ちいい~。

今日学んだことを思い出しつつ、ちょっとずつ続けたいと思います。


仕事。やってもやっても終わりません。

2011/03/02

反省しない○○

ふう……今1本原稿を送ったところです。
丸2日遅れ。嗚呼。

タイトルは○○に「サル」と書いたのだけど、
サルにあまりに失礼かとやめました。

私のことです。

自分があまりにも勤勉でないことに今さらながら嫌気がさして。
ネットで他の同業者の勤勉さを見聞きするにつけ、
いかに自分が怠惰な人間か思い知らされて。

食べたい時に食べて、寝たい時に寝て、
仕事は気分が乗らないと逃避する……
いかんいかん。これではいかん。
だから、仕事もダイエットもうまくいかんのよ。

今さらかよですが、今年の目標は「ストイックになる」でございます。
誰っっ!?笑っているのは!

小説。言われていた枚数より大分長くなっちゃって。
もちろんカットする気満々だったのに、太っ腹な講談社サマが
ページ数を増やしてくださいました。
これにより定価は170円も上がってしまった!
ひー。
ただでさえ無名の新人。誰が買ってくれるんだろう。
売れ残ったら買い取れって言われたらどーしよー。

さて。

気を取り直して(?)次の仕事にかかります。
「首を長くして待っています」とさっきメールをくださったMプロデューサーさま
ごめんなさいごめんなさいごめんなさい。
もうちょっと待ってくださいまし。

ストレスのあまりか?(あんまり感じてないけど)
3週間経ってしまったネイルをバリバリはずしてしまった。
うす~い爪が痛くてキーボードたたくのがつらいです。
いえ、決して仕事ができない言訳では……

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »