« 光が違う | トップページ | 幇間 »

2011/01/15

ファーストルック

110109_154701
「猫じゃらしで遊びなさいよっ」
仁王立ちするお嬢様。
ほっとくと自分でくわえて持っていらっしゃいます。
もう8歳だというのに、まだ遊ぶんですか、それで。

泣きたいくらい時間がないです。
はい。さんざん遊んできた自分が悪い。
だから、誰も責められないっス。

なのに明日は首を突っ込んでしまったダンスパーティーの司会。
人前でしゃべるのは苦手ではないですが、司会となると学生時代の
ナレーターコンパニオンのバイト以来かしら。
まああの頃より心臓が毛深くなったのでなんとかなるでしょう。

なんとかならないのが仕事!
春先までびっしり。
まずは目先の小説。もう発売延ばしたくない。
思いつきのアイデアだけで楽しみに待ってくれている人たちがいる。

対外的には、最近なんでも原作だから自分で原作書いちゃおうかと思って~なんて
言ってますが、ホントはそんな野心はあんまりない。
ただ、思いついた時の勢いを形にしたかったのが夢。
「できたら見せて。映画化するならファーストルックだからね」
と言ってくれている映画会社もある。
(※ファーストルックとは映画企画を検討する優先順位のトップの権利を持つ企業
及びその権利自体のこと)
見せてみて「あ。無理無理」となりそうな気もしないでもないけど。
だって世界観狭いもの。

でも、こうして形にすべく動いてくれている出版社があり、編集者がいる。
とにかく期待にはこたえたい。
怠惰な自分とはもうお別れしたい。

小説を入稿したら、映画2本が待ってる。
1つはオリジナルだし特殊な構造になる予定なのでさらなるシナハンを予定している。
もう1つは重たい原作。
さらに今年ようやくインできそうな映画も決定稿にすべく作業が始まるでしょう。
それとクランクインまでに全部のシナリオを揃えることになっている連ドラ。
(こっちは一人でやるのじゃないからかなり気楽だけど)
あともちろんいつものレギュラー番組。

自分を追い詰めるべく書き出してみました。

先日も準備をするとそうなる、みたいなこと書いたけど、
持ち運べるノートPCにしたら外で仕事をする機会が増えたかも。

« 光が違う | トップページ | 幇間 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ああ、相変わらず美しいお嬢様です~(^^)
その瞳に射られてひれ伏したくなります(いや、本当に)。
そういえば・・・旅行中は日本のホテルでお留守番だったんですか?その反動もあっての「遊んで」攻撃!?
司会、お疲れ様でした!!
これからが本当に「馬車馬のように」仕事する毎日になるのでしょうか?くれぐれもお体大切になさってください♪小説発売したら本屋さんに走りますね~!!

★MIYAさま

このたびはお世話になりましたm(__)m

お嬢様が喜びますう~伝えておきます。
留守中はA先生にシッターお願いしてました。
(ただでさえ激務で死にそうなのに真夜中に
来させていたという。。(笑))

仕事の効率が悪すぎて進まないだけなんです。
とっとと働きます!
でも、体力なくてなくて。。

ペットって飼い主に似るっていうけど本当だね。

>持ち運べるノートPCにしたら外で仕事をする機会が増えたかも。

仕事持ち運び出来ると逆に仕事効率落ちるよ。
ON・OFFハッキリした方が結果的に効率良い。
出張(移動)ばかりで仕事出来ないからとノート持ったが、移動中は疲れで睡眠。
仕方ないから泊まるホテルで仕事したりとあまり効率良いとは言えなかった。

>ミロ兄さん

え~似てますか?(笑)

確かに外で仕事ってあんまりはかどらないです。
でも、やらないよりマシ。
っていうか、PC持ってないと不安になるっていうか。お守りか!?

2年間2時間かけて新幹線通勤してた時代に

この時は流石に移動中に専用ノート(会社支給)持って仕事した。
おがげでど近眼になったょ。
今移動中に仕事するの普通だけと昔はめずらしかったからノートの耐久性の宣伝にもなった。(笑)
売り上げに少しは貢献したかもねぇ。

2年間2時間新幹線通勤ってすごいよねえ!
日本のお父さんはえらいなあ。。
尊敬です。
2時間あったらいろんなことができそう。
往復4時間ってことだもんね。

ノートPCも電池がもっともっと持ってくれると
いうことないんですが。
コンセントのあるところでしか仕事できないんじゃ
結構制限されるもんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/50590988

この記事へのトラックバック一覧です: ファーストルック:

« 光が違う | トップページ | 幇間 »