« バタバタバタ…… | トップページ | 現場 »

2010/12/16

××××

先日今準備中の映画のスタッフと地方にシナハンに行く道すがら
話をしていたら……

「KEIさんとか、こうやってたくさん取材して掘り下げてホン書かれるじゃない
ですかぁ。それに比べてテレビドラマの人は……」という。

へ?なに?

よく聞いたら、ドラマの助監督をやっていた時の作家の書いたホンが
「××」だらけで、あとよろしく、みたいなことだったらしい。

ドキーン。

いや、それ、私もやりますから……
特に今日台本書いて明後日撮影なんて時には。
専門用語など大雑把に書いておいて確認を頼むっていう意味で。
(あ。でも、完全におまかせにはしないけどね)

でもねえ、映画のホンで前にも怒られたことあるんですよね。
「血圧138/60、脈拍100で興奮状態……」とかいうシーン。
数値を××にしておいたら、ベテランプロデューサーに叱られた。
「それでも作家か」と。
えーっ、だって医療の知識なんてないもん、とは思ったものの。。

これって時間のないテレビと時間がある映画の違いなのかしらん?

今回は別に医療モノでもないし、専門知識も必要ない分、
エピソード勝負みたいなところがあって、知りたいことがあればどんなところへでも
シナハンに行かせてもらえるからそうしてるだけなんですけどね。

う~む。
ま、どっちにしても、作家である以上、可能な限り調べて書いて、
確認をもらうだけ、ぐらいにはしないといけないんだろうなあ。

反省と自戒を込めて。

« バタバタバタ…… | トップページ | 現場 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

見るなら、いいですよね!!!

なるほど~~。
そうやってまじめにシナハンを繰り替えす作家さんが、「雑学王」になるのかしら?!作家さんや脚本家さんに物知りが多いのはそういうことだったのか、と納得です。好奇心旺盛でないとできない商売ですね(^^)

★MIYAさま

ややっ。それは褒め過ぎですって!
確かに雑学王にはなりますが(笑)

>「血圧138/60、脈拍100で興奮状態……」とかいうシーン。
確かに、でも「血圧150/70、脈拍170で興奮状態」は実際にある。

血圧280/150、脈拍120で死にかけましたσ(o^_^o)ですが。

いゃあ、人間はなかなか死なないもんですね。

★ミロ兄さん

なんと!実際に体験した人のお話は
リアルですね~~~。(こわいよー)
そーか。医療モノの時にはミロさんに
聞けばいいんだ!
死なないでください~。

ちなみに・・・私の血圧、上が85下が49でした。月曜日に泳ぐ前に測った数値。このまま泳いでも死なないかけっこうドキドキでしたが、余裕~~。冬眠しそうな血圧の人間です。

★MIYAさん

え~~、なんスか、その血圧!
はかなげな見た目まんまじゃないですかー!(@_@)
よく動いてるなあ。ってかよく踊ってられる!

あ。そーそー。
例のブツ、お送りしました。
よーく見ると背景にN先生が映っていて笑えます♪

医療ドラマの場合、逆に書かない方が監修の人の手を煩わせない、ってこともあるから、微妙だねえ。
余計な単語一つ書いたせいで、その設定を活かすには……と色々考えさせちゃったりするから(^^;
最近の医療モノと呼ばれるドラマは、すごい取材が必要な上に、完全分業制と割り切らないと無理という……ちょっと、むなしいところはあるな。

でも、映画の時に××だらけの初稿渡すのもなあと思って(初めての相手だったし)一応全部埋めてみた。
そしたら「こんな助監督が埋めるようなとこまで書いて貰って」と驚かれて、驚いたよ(^^;

>ほーしさん

げーーーっ。コメントくれてたの今ごろ気づいたよ!ごめんねごめんね!
そして、ありがとー。

医療ドラマのプロの貴重なご意見感謝!
そーかぁ。すごいね。全部埋めたの!
でもって、やっぱり助監督の仕事だよねえ。

完全分業かぁ…いい加減なこと書けない世界だもんねえ。いつもほーしさんがすごい苦労しているの見てて労力が普通のドラマの何十倍だよねえって思ってたんだ。でも、得意ジャンルを持つってすばらしいよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/50314711

この記事へのトラックバック一覧です: ××××:

« バタバタバタ…… | トップページ | 現場 »