« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

2010/12/31

今年もお世話になりました

Photo
今週見に行ったレニングラードバレエ。
演目は「ジゼル」
昨年ちょっとだけバレエをかじったおかげで、1つ1つのステップがどれほど
高度なものか理解できる。
羽のように軽々と踊っていても。
二幕の幻想的な美しさは文字通りあの世のものとしか思えませんでした。

はてさて。2010年も終わろうとしてます。(げっ)
1年の始まり=また1つトシをとる私としては1年が年齢の区切りであり
非常にわかりやすいんですが。

今年はおおむね幸せでした。いや、とってもかな。
離婚して自由になって、1年間ひとつもヤな思いをせずに過ごせただけでも
こんなに幸せなことなんだ~って実感できたから。

仕事はいいお話はたくさんいただいたけど、そのわりに実現まで
時間のかかるものばかり。映画はしょーがないけど。
忙しいといえるほど働いてないので、来年はマジで勤勉な人に
なりたいです。
そして締め切りを守れる大人になりたい。いや、なります。
(とりあえず断言しないとね)

プライベートでは、自由を得るとともに、いろいろ新しい変化を楽しめた年。
長年の抑圧された心でも解き放たれれば、まだ恋ができると
わかったことが収穫でしょうかね。
そして、今まで「ない」と思い込んでいたことも、飛び込んでしまえば
「大アリ」になるってこと。

とにかく病気もせず、すばらしい友人、スタッフに恵まれたことに感謝します。

   読んだ本……103冊
   観た映画……64本

今年の残りあと何時間は締め切りに向けて全力疾走します。

宣伝です!

18:30 アンビリバボー2010!!大みそか一夜限り禁断生放送!!
恐ろしドコロ(秘)潜入スペシャル!! 

盛りだくさんの内容です。紅白に飽きた方、ぜひどうぞ!
(すいません。私は今回担当ないですが)

皆さん、どうぞよいお年を--。

2010/12/28

情熱の寿命

101224_122501
銀座松屋の下の地下通路のショーウィンドーです。
バービー展。見たいなあ。
もっとも私はリカちゃん世代でしたが。

ふだん引きこもりがウソみたいに連日のお出かけにヘロヘロです。
行けば楽しいんだけど。
中華→ギリシャ料理のはしごもあったりなんかして。
デブまっしぐら!

私が通っている二宮清ダンスアカデミーのパーティーも無事終了。
冬はたにどうダンスワールドとのジョイントパーティーなので、
スタンダード、ラテンの元全日本チャンピオンが一度に見られるという
お得なパーティーなのです。

あ、私はこの冬はデモはせず、先生には申し訳ないことしました。

見てるとウズウズするほど踊りたくなっちゃう。
ところが。
家に帰るとま、いっか、という気分に。
時間もお金も最大限傾けて情熱的にダンスをしていた3年前までの気持ちには
もう戻れないんだなあと痛感。

やはり何事も始めたばかりののめり込みっていう時期は限られている。
たぶん恋愛も同じ。
知らないからこそ楽しい、みたいな。
情熱にも寿命はあるようです。

でも、ダンスに出会って人生が変わったのは確かなので
今後もつかず離れず年取ってヨボヨボになるまで何らかの形で
踊っていくと思います。

こんなに遊んでいるなんて……担当編集さまが知ったら殺されるかも……。

2010/12/26

ホームパーティー

101225_144601

101225_161201
怒濤の忘年会シーズンに突入してます。
……と書くと、そんなヒマがあるなら書け、という声があちこちから
聞こえてくるのではありますが。

昨日は来年クランクインする映画の原作者Hさん宅でのホームパーティー。
驚くほど広い人脈をお持ちのHさん。
実に楽しい会でした。

それぞれに持参すべき食料のジャンルが割り振られたので
すごい量のご馳走が!
ちなみに私はスイーツ担当。
それに最高のシェフであるHさんご主人の手料理がまた絶品で。

今回の趣向でなるほど~だったのは、参加者にそれぞれ相手を決めて
紹介させること。
私は本映画のプロデューサーのYさんを、Yさんは私を3分以内で紹介
するスピーチを。
へえ~そういうふうに思ってくれてたんだ?
ってわかってなかなか面白かったです。

皆さんお話し上手の方ばかりで3分じゃ全然終わらない!終わらない!
(あ。我々はちゃんと尺内に納めました!商売柄!)

いつお邪魔しても居心地のいいH邸。
住む人の人柄なんでしょうねえ。

……今日はこれからダンスパーティー@グランドプリンスホテル高輪。

谷堂&二宮という元全日本チャンピオンのスタジオの合同パーティーです。
私は今回は出ないでただのお客だから気楽なもんです。

ってか仕事……は帰ってきてから……。

2010/12/24

Merry Christmas!

Photo
今日のツリーはホテルニューオータニの広告ディスプレイコーナーのツリー。

友、遠方より来る。
韓国から来たお友達のソヨンさんご夫妻に会いました。

前にも書いたけど、ダンスを通じて知り合った方。
日本語、英語、韓国語が飛び交う楽しいランチでした。
もっとも私は韓国語は「こんにちは」「ありがとう」「さよなら」の3つしか
知らないんですけど。

もう日本には20回以上来ているという彼らの方が
隅から隅まで日本を知ってるってどーゆーこと!?
自分の国だというのに、ホントに行ってないところだらけだなあと痛感。

改めて思うけど、ダンスを始めて世界が広がりました。
ダンスをしてなかったら出会えなかったお友達がいっぱいできて。

ってことは、多趣味な人はそれだけ人生が多彩ってことなんだろうなあ。
かといってこれ以上趣味を拡げる余裕はないけれど。

年内の仕事は打合せがあと1つと締め切り1つ。
年越しの仕事は山ほど……

来年こそは締め切り守れる人になりたい。(ちっちゃい夢)
サンタさん、プレゼントは集中力をお願いします。

2010/12/23

クリスマスだからって

Photo

クリスマスツリーシリーズ!成田空港のツリー。
別に海外に行ってたわけではなく、あっち方面にシナハンに行った
ついでに遊びに寄ったので。

でも、空港ってすんごい非日常。
このままどっかに飛び立ちたくなる。
すべてのしがらみを捨てて。
昔、すんごく忙しい時に旅行に出るので空港に着いてホッと
してたら、トイレでプロデューサーからの電話が鳴ったっけ。
でも、飛行機乗っちゃえばこっちのもんだもんね!な海外逃亡の気分でした。

「クリスマスどうするんですか?」
どこへ行ってもやたら聞かれる。

ンなもん、仕事に決まってんだろーーーangry
クリスチャンじゃないし。
え?負け惜しみ?
違います。
いいんです。仕事するんです。
さっきPからメールで出してあったプロットに
「原作者OKとれた。すぐにシナリオにかかれ」
と……
ああ。また宿題が増えました。

本日の「奇跡体験!アンビリバボー」
感動パートのスターバックスで人生を変えた男の話
書きました。
いつもとちょっと違った目線のナレーションです。
ほっこりしたい方、よかったら見てくださいね~。


2010/12/22

年末ってなんでこんなに

Photo
毎週会議で行く制作会社のロビーのクリスマスツリー。

年末って年末という響きだけで気持ちが急いてしまう気がする。
たぶん忙しさは普通のはずなのに。

18時。1時間半の仮眠からむっくり起きる。
ここ数日細切れ睡眠。
とにかく時間がない。
やることがあれもこれも年内にしておきたい仕事が山。
お正月は日本を脱出するので仕方がない。
ヤな顔されると「正月もハワイで仕事しますからっ」と言ってごまかすけど
それが何件も重なってきて笑えなくなってきた。

週末からは怒濤の忘年会ラッシュです。
出るまではひやひやだけど、出てしまえば絶対楽しい。
久しぶりに会う人もいるし。

新しい映画の企画会議。
バンバンすごい意見をいえたらいいのに、目の前の仕事でアップアップで
あんまり出せない。
きっと「引き出しのないやつ」って思われたに違いない。
もっともっとやりたい企画をサッと出せるだけためておかねば。

シナハン。
東京から1時間半ぐらいのところへ。
久しぶりに肩の凝る行政の会議に出席(というか見学)。
取材だけのつもりがなぜかそのままの流れで忘年会にまで飛び入り参加することに!

人ってこっちが真摯な気持ちで質問すると真心こめて答えてくれるんですね。
ここ何回かシナハンに行って、たくさんの人たちに会ってお話を聞かせてもらって
思ったけど。
だけど、そろそろ取材も打ち止めにしなくては。
その業界のことを調べ過ぎて自分が何を書こうとしているのか見失いそう。

    素材に忠実であろうとするな。
    本は本であり、演劇は演劇であり、記事は記事であり、
    脚本とは全く違う種類のものなのだ。
    脚色とは、ある素材を元にして新しいオリジナルの
    脚本を書くということだ。
    素材と脚本は全く別の種類のものである。
    林檎とオレンジの違いと同じなのだ。
             (「映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと」
                     シド・フィールド著 より)

2010/12/19

現場

先日行ったシナハンは静岡方面。
いろんな人に会って、いろいろなお話を聞いたわけですが。

あるホラー映画の現場見学もできました~!
場所はとある廃墟……
有名な霊感スポットで
このテの撮影ではメッカだとか。

廃墟といっても崩れかけているというほどではなく。
それでもかかっているカレンダーが1983年だったし
水漏れのある天井が真っ黒に腐って落ちかけていたり
かなりムードはありました。

帰りは日帰り撮影を終えた女優さんと一緒だったのだけど
その方は「見える」人だったのだけど
「あそこは大丈夫でした~」って明るく語ってくれました。
監督のMさんも「シックスセンス」を見た時「オレのことじゃん」
って思ったような霊感の持ち主らしいけど、やっぱり大丈夫だって
言ってたとか。

たまたま拝見したシーンは恐怖シーンではなく、
その後、棺桶のシーン(!)の撮影の前には失礼しちゃったので
観てて怖いことはなかったけれど、
やたらめったら寒い現場でした。

来年初夏には公開だそうで。
たまたま拝見させていただいただけだけど、仕上がりが楽しみです。

……その前に自分の作品なんとかしなくちゃ!

2010/12/16

××××

先日今準備中の映画のスタッフと地方にシナハンに行く道すがら
話をしていたら……

「KEIさんとか、こうやってたくさん取材して掘り下げてホン書かれるじゃない
ですかぁ。それに比べてテレビドラマの人は……」という。

へ?なに?

よく聞いたら、ドラマの助監督をやっていた時の作家の書いたホンが
「××」だらけで、あとよろしく、みたいなことだったらしい。

ドキーン。

いや、それ、私もやりますから……
特に今日台本書いて明後日撮影なんて時には。
専門用語など大雑把に書いておいて確認を頼むっていう意味で。
(あ。でも、完全におまかせにはしないけどね)

でもねえ、映画のホンで前にも怒られたことあるんですよね。
「血圧138/60、脈拍100で興奮状態……」とかいうシーン。
数値を××にしておいたら、ベテランプロデューサーに叱られた。
「それでも作家か」と。
えーっ、だって医療の知識なんてないもん、とは思ったものの。。

これって時間のないテレビと時間がある映画の違いなのかしらん?

今回は別に医療モノでもないし、専門知識も必要ない分、
エピソード勝負みたいなところがあって、知りたいことがあればどんなところへでも
シナハンに行かせてもらえるからそうしてるだけなんですけどね。

う~む。
ま、どっちにしても、作家である以上、可能な限り調べて書いて、
確認をもらうだけ、ぐらいにはしないといけないんだろうなあ。

反省と自戒を込めて。

2010/12/12

バタバタバタ……

前回の日記で人気者の名前を書いたら、いつもの5倍ぐらいの
アクセスがあって怖くなった小心者です。

夏から秋にかけてキリギリスしてたツケが来てるというのに
次から次へと外出する用事が!
師走のせいでしょうか。

本日は舞台「ア・ラ・カルト」を見に青山円形劇場へ。
音楽と芝居。
テンポがあって非常に楽しかったです。
3日間ゲストだった今拓哉さんにご招待いただいて出掛けたんですが、
180度見られる舞台ってやっぱり独特だそうで。

前に書いたけど、今さんは実家のご近所さん。
劇団四季に入ったのは知ってたけど、偶然にも私の「刺青~匂い月のごとく」に
出演されて再会、というかほとんど初対面。
ご近所でも学年違うと話さないから。
彼のいとこが私の会社の同僚だったり、
奥様の岩崎宏美さんが私が書いた「能登の花ヨメ」の主題歌を歌って下さったりとか
妙なご縁がある不思議さ。

前回お目にかかったのは、「レ・ミゼラブル」でジャベールの扮装の時だったので
素顔見たの30年ぶりだね~大きくなったね~と。

そのほか、心理学のセミナーに出たり、知り合いのダンスの先生の教室オープンの
オープニングパーティーにお呼ばれしたり。
今後もパーティー、宴会関係は師走らしく目白押しです。
そして締め切りも……。

咳はよくなる気配もなくひどくなる一方で、
耳鼻咽喉科に行ったら、風邪の菌はなくなったけど、気管支が炎症
起こしてアレルギー状態になり、気管支喘息になっている、と。
とりあえず薬飲んで大分落ち着いてきましたが、皆さんもお気をつけください。

2010/12/09

「ジャンヌ・ダルク」

250pxingres_coronation_charles_vii

舞台「ジャンヌ・ダルク」
演出:白井晃  脚本:中島かずき
出演:堀北真希 伊藤英明 他

観てきました!
チケットがとれない新感線。
同業友人Aさんのご好意により夏ごろから楽しみにしていた舞台。

ちなみにこの画像は宣材じゃなくて、歴史資料のジャンヌ・ダルク。
なにせ歴史を知らないもんで、ジャンヌが生きていたのはいつなのか?
なぜフランスがイングランドと戦っているのか?
シャルル7世って誰?
な~んて基礎知識ゼロだったので、帰ってきてお勉強した次第。
やっぱり歴史はわかってる方が楽しいですねえ。

んで。舞台。
正確にいうと新感線とはあまり関係ないみたいで。
オフィシャルサイトにもこの舞台のことは載ってないので。
たぶん中島かずきさんが脚本を手がけられた関係でのチケット先行予約だったのかも。

舞台はなかなかスペクタルでした。
長方形で2つ大きな四角い奈落があいていて、自由自在にあがったり下がったりすることで
場面転換。
舞台上にざっと数えて100人以上の兵士が入り乱れての戦闘シーンはなかなか
迫力でした。

堀北真希さんは華奢で本当に少年のようでジャンヌのイメージに近かった。
伊藤英明さんも優柔不断な若き王様にハマってた。
お母さん役の浅野温子さんが重みがあってよかった。

ジャンヌがシャルル7世の実は妹、という設定は創作かと思ったら、
そういう学説もあるんですね。ちょっとびっくり。

脚本の中島かずきさんには、双葉社から本を出した時にお目にかかったことが
あります。
もちろん双葉社の社員、私の編集者の上司として。
今でもまだたぶんお勤めされてると思う。
すごい二足のわらじ!尊敬します。

久しぶりに生の舞台。
やっぱりいいですね。

Aさん、ありがとー♪

2010/12/07

先祖がえり

101128_174102
赤坂で見たイルミネーション。

最近mixiの日記をこっちに連動させたので、
なんだ、こいつブログ持ってんじゃん、って思われたマイミクさんも
いらっしゃるでしょう。

そーなんです。
持ってはいるんですよ。

その昔はパソコン通信の掲示板やコミュ、
そして、ブログ、その後SNS、そして今はツイッターと
発信の場もいろいろハヤリすたりがあるわけで。

一時期はこっちは公のことだけ書いて、内緒話をSNSで……なんてやって
ましたが、今は皆さんツイッターに移行した方も多くて。
かといって、ツイッターはスピードがあり過ぎるのと、うっかりDMを間違えて
全世界に発信してからコワクなっちゃったっていうのもありまして(;^_^A

そんなわけで先祖返り。
日々の記録(ま、ほとんどどーでもいいことばかりですが)は
しばらくはこちらでやっていきます。

2010/12/06

記念艦 みかさ

Photo
所用で横須賀まで行ったついでに三笠公園まで足を伸ばし、
記念艦みかさに乗船。

予備知識ゼロでたまたま行っただけなんだけど、びっくり!
これってまさに「坂の上の雲」の主人公・秋山真之の時代。
日露戦争で東郷平八郎がバルチック艦隊を打ち破った伝説の軍艦だったんですね。

復元された船内は見応え十分な歴史の宝庫。
歴史上の人物たちがここを行き来したのか……と思うと妙な感慨。

もしも甲板の急な階段を昇り降りしていて足を滑らせて頭を打って
気を失って……目が覚めたら当時にタイムスリップしてたりして……
なんて夢想してみたけど、ありきたりって却下されちゃうほどベタかな。

バルチック艦隊を対馬沖で撃破したという戦略についても具体的に図式とCGで
説明されていて、ドラマでどこまで描くのかますます楽しみになりました。

しかし……
バルチック艦隊ってここで戦うためになんとアフリカ回りではるばる7カ月半も
かけてたどり着いたのね。
来るだけでボロボロじゃん?なんて思ったりして。
今だったらボタン1つでミサイル撃っちゃう時代だからこそ
その悠長さには驚くが、いずれにしても戦争ってやっぱりよくない。
子供みたいな当たり前過ぎる感想だけど。
勝ち戦を美化し過ぎることも、負け戦を悲劇的にとらえ過ぎることも
どちらも危険だと感じたよく晴れた冬の1日でした。

子供の遠足日記みたいだ。。

2010/12/05

呼ばれる

Photo
年末恒例キラキラシリーズ。
東京会館ロビーのクリスマスツリー。

シンクロニシティーというものがある。
偶然の一致とかそーゆーこと。

最近やたら書評やら何やらが続けざまに目に
飛び込んでくる本があった。

原稿零枚日記
原稿零枚日記小川 洋子

集英社 2010-08-05
売り上げランキング : 13509


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

買うまでつきまとわれる(?)気がしたのでAmazonに注文。
手元に届いた途端に落ち着いた。
ま、このタイトルもとても人ごととは思えず。
毎日ちょっとずつ楽しく読んでます。


それと。
テレビをつければ必ず目に入る女優さん。
CMはもちろん、気になるドラマに必ず出てる。
特にここしばらくハゲしく目に入るなあと思ってたら
彼女が今年初旬に書いた映画の主演に決まったと連絡あり。

なんかそういううやたら「呼ばれる」時には意味があるのな。
ま、上記の本なんかはちょっと違う気がするけど。
単純に売れてる、ってことですから。

そんな私自身の原稿は……
今日もちょっとしか進まないまま、これからちょっこしダンスのイベントに行ってきます~。

2010/12/04

シナリオセンター40周年

Photo
シナリオ修行をしていた頃の母校の1つ、シナリオセンターの40周年記念パーティーにお呼ばれして行ってきました。
おめでとうございます。

あそこに通っていたのは遥か昔……16年ぐらい前のこと。(たぶん)
ライターになりたくてなりたくて、でもどうしていいかわからなくて、
ただただコンクールに出すしかなかった頃。
職業に片思いしていた頃。

あの頃の思いを考えれば、今こうしてお仕事をいただけているくせに
書けないだの、書きたくないだのなんて言ってたらバチがあたるなあ。


5年前の35周年の時もそうだったけど、出席すると同業者の知り合いや友人に
会えるのが楽しい。
さらに今書いてる映画2本のそれぞれのプロデューサーにも会ったので
立ち話しながら軽く打ち合わせもあったりなんかして(;^_^A

そして、いつも思うけど、ライターの卵の人たちのかつての自分のような目を見ると
頑張って~とも思うし、初心にかえろうとも思うのでした。

ぶり返した喉風邪つらいっス。
電車の中で咳してたら、思い切り迷惑そうに見られた……すいません。
げほげほ。


2010/12/02

乾燥注意

Photo
友人が送ってくれた千葉のどっかのイルミネーション。
年末はこーゆーのが楽しい。

加湿器が壊れた途端にノド風邪がぶり返してしまいました。
恐るべし乾燥!ゲホゲホ。
何がつらいって熟睡できないこと。
仕事の電話をかけてきた人がすんごい声にギョッとすること。
腹筋はかなり鍛えられているような気がするほど。
とりあえず同じ型の加湿器をネットで発注。
届いてすぐにフル稼働中です。ゲホゲホ。

ついに師走になってしまいました。
早い!

11月の読書と映画は少ないです。

本が4冊で今年の合計101冊
映画が3本で今年の合計61本

とにかく引きこもって書いてます。
げほげほ。

2010/12/01

東映チャンネルにて

昨年ひっそりと公開された
映画「刺青~匂い月のごとく」

本日と11日、27日のそれぞれ26時より東映チャンネルにて
放送されます。

深い時間ですが、よろしかったら観てくださいね~。

ダンス関係のみなさま。
大竹辰郎先生の熱演、必見です!

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »