« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010/11/30

自宅電話番号変わりました

業務連絡です。

地デジ対策のためマンション全体でauひかりに加入することに
なったため、自宅の電話番号が変わりました。

今自宅固定電話にかけてくる人もファックスが送られてくることもないので
お知らせは最低限でいいや。
あとは年賀状に記載します。
名刺は……えーい!なくなるまでこのままでいいや!

今までの番号にかけていただければ3カ月はガイダンスが流れます。

朝からこれに伴うちょっととした工事やら今までの電話とプロバイダーの停止、
新しい電話のキャッチホンやらナンバーディスプレイの手配やらでなんだかわさわさ。

今日で11月もおしまい。
あ~今日入稿予定だった小説は完成にはほど遠く……
とほほ。情け無い。

がんばります。

2010/11/29

「デイブレイカー」

「デイブレイカー」

時間調整のために、何ひとつ予備知識を持たずに見た映画。

ひとことでいえば吸血鬼モノ。

以下ネタバレありです。


人口の95%がヴァンパイアになり、貴重な食料(=人間)が枯渇している、
というのが前提で始まる物語。
なぜそんなウィルスが蔓延したのか、という前段階の物語はなし。
やるとしたらエピソードゼロとかでつくれそうなほどの部分は全部
想像におまかせ。

それくらい開き直って「だからこーゆー世界の話なのっっ」って始めるのも
アリだなあと思う。

アバンはとにかくセリフもない情報量がやたら多い映像が続くので
目をこらして見てないと大変。
なぜ幼い女の子がみずから太陽を浴びて自爆するのかというショッキングな
シーンの意味もだんだんわかる。

大きく省略されているもう1つのお約束は、観客全員がいわゆる吸血鬼のルール
を知っている、という前提であること。
太陽の光が苦手、人間の血を吸わないと弱っちゃう、胸に杭を打ち込むと死ぬ、
歳をとらない、不死身である、吸血鬼に血を吸われると吸血鬼になってしまう……等々。
これは知らないで観ると意味わからないと思う。

ラストは希望なんだか絶望なんだかよくわからない。

ただ、社会性のあるメッセージをSFホラーに込めて発信しようとしたんだなって
ことだけはわかりました。

イーサン・ホークはステキなんだけど、主人公としてはイマイチ。残念。

風物詩&ライブ

Photo
六本木ミッドタウンのクリスマスツリー。
11月初旬からあちこちでツリーが見られるようになり、
いやでも年末だぞっ!と言われている気がします。
強迫観念?

昨日は三ツ矢雄二さん、田中真弓さん、松野太紀さん、入絵加奈子さん
竹田えりさん、こーすけさんによる歌謡曲ライブ
「歌謡曲歌い隊」を見に(聞きに)行ってきました。

懐かしの60~80年代のヒット曲の数々。
あの頃はヒット曲といえば国民みんなが耳なじみだったもんなあ。
今はたとえランキング1位になっても聞いたことなかったりする場合
があるから。

ふだんプロの声優・役者の方たちが仕事というよりやりたいことをやる!
というステージは楽しい。
話芸ってやっぱり才能だなと思ったひとときでした。

2010/11/27

猫+新聞

Photo
猫と暮らしていると新聞を最初から最後まで読み終わる
ことはもはや不可能です。
必ずこうやって邪魔しに来ますから。

そんな時はあきらめて新聞は明け渡し
別な雑誌や本に移ります。
飽きてヤツらが下りた頃、おもむろに再び
読むのです。

過去何匹も猫を飼いましたが、新聞猫しないコは
いませんでしたねえ。不思議。

2010/11/26

水道+猫

Photo
蛇口から出る水を手ですくって飲むお嬢様。
下僕が洗面台の近くに来るとすかさずひらりと飛び乗り
「水出しなさいよ。あたしィ、新鮮な水じゃないと飲みたくないのよねえ」

もちろん餌台の上には浄水器のお水をボウルに汲んであるのですが
お気に召さない模様。


仕事。
夏じゅうキリギリスしてしまったツケが確実にひたひたと押し寄せております。


2010/11/24

ハマっているドラマ

秋から始まったドラマやCSでまとめて放送しているドラマで
もうビデオのHDDがいっぱいなのです。

楽しみにしている順でいうと……
1)CSIマイアミ
2)BONESシーズン5
3)ER
4)グレイズ・アナトミー
5)プライベート・プラクティス
6)グッドワイフ
7)ナース・ジャッキー
8)ゴーストシーズン4
9)ブラザーズ&シスターズ(1&2シーズン)
10)DRハウス

てな感じ。
これに日本の地上波のドラマがあるので、もう大変!

こうして並べてみると、半分が医療ものなんだなあ。
やっぱり人間ドラマがつくりやすいのか。
個人的に好きなのはCSIみたいなドロドロ、おどろおどろしい殺人事件
がからむものなんですけどね。

録画はしておいたものの脱落してまとめて消去しちゃったのは
「コールドケース」
これもとても品のいいドラマなんだけど、古い時代の殺人って
結局全部回想になっちゃうせいかドキドキできず。

そーそー。このほかにTSUTAYAのレンタルDVDで
「デスパレートな妻たち」
「LOST」
も今ごろシーズン1から見始めているのでした。
あ~。先は長いっっっ!

2010/11/23

ゴッホ展

Photo

国立新美術館で開催中のゴッホ展に行ってきました。

これは音声ガンダンスのパンフレット。
アナウンスはあの安曇アナ!
しかし、聞いていると全然安曇さんっぽくなくて、むしろ気配を消して
プロのナレーションに徹しているところがさすがだなあって感じでした。

最新なのか、ペンタッチでパンフレットの作品に触れると音声が流れてくる。
すごい!

展示は、ゴッホだけではなく、ゴッホに影響を与えた他の画家たちと
時代ごとに並列してあった。

おもしろかったのは、あの有名なゴーギャンとの同居のアルル時代のコーナー。
アルルの寝室がそのまま再現してあって。
もちろんゴーギャンの作品もほんのちょびっとありました。

しかしなあ……
ゴッホも自殺なんだよねえ。
天才って自分で自分を追い詰めるほど作品にのめり込むのかなあ。

のめり込むどころか逃げまくっている凡人ライターとしては決して
近づけない高みであり闇のような気がしたのでした。

生きている間にはたった1枚しか売れなかったというゴッホ作品。
現在までに生み出された巨額のお金で儲けた人は
縁もゆかりもない人でしょう……?
ちょっと理不尽じゃないですか。
きっとゴッホ本人はあの世で気にしてなんていないとは思うけど。

2010/11/21

今年もあとわずか!?

連日投稿ならず!
……別に記録狙ってないけど、たった5分しかかからない更新も
できないってダメだなあ。

風邪。(誰にも気にしてないと思いますが)
昨日は朝起きたら完全に声が出なくて、さすがに焦り近所の病院へ。
今流行っているから、2時間待って3分診療(__;)
でも、抗生物質もらって市販のよりは効くかなと。
1日経って今朝も明け方にコンコン咳き込んで目覚めちゃいましたが。

ふだん元気だとどっか1箇所具合悪いだけで集中力が一段と落ちるから
困る!
なぜか夢の中で空を飛んでた。
すごい雄大な景色の中を。
巨大な恐竜やら亀やらを加工している景色が眼下に見えるような場所。
なんだったの……!?
あとで夢辞典で調べてみよー。

昨日はそんな体調ではありましたが、夜はフレンチをいただきながら聞くオペラの会。
稲垣貴子さんのプライベートコンサート。

お料理もワインもおいしいし、歌も素敵だし大人の会です。
次回は2月5日。
ご希望の方は連絡くださいね。

さて!今日は働きます~!
ずっと言い続けてるけど……さすがにヤバイ!

2010/11/19

秋深し

Photo
先週出掛けた長野県某所の風景。
東京では見ない景色なので懐かしい気がしてパチリ。
母の実家にはこんな場所が今でもたくさんあります。
地方の風景ってどこもとても似ている。

風邪。
発熱して寝込みそうなのを薬で抑え込んでる。
昨日はフジテレビの打合せは往復タクシー。
我ながら贅沢!って思ったけど、駅まで歩くの無理!ってカンジで。
夜の会議は欠席して爆睡。
こんなに眠れるのかというか冬眠中の熊みたい。

今日も予定は入れず家でうだうだ。
仕事はちょこちょこ。←おい

昨日のアンビリバボーが久しぶりによい数字で担当してないけど
嬉しい♪
15年も続くのは、スタッフが優秀だから……とつくづく思う。
自画自賛ではなくて。
ホントにみんなすごいから。
私も頑張らなきゃっていつも思う。

2010/11/18

鬼の攪乱……したくない!

風邪ひきそう……。
喉の奥が腫れ上がってる。
頭痛い。

昨日外出する前に近所の薬局で風邪薬買って
その場で飲んで抑えつけてるけど。
夕べは早々に寝ちゃった。

とっくに出してなきゃいけない台本あるし……
ノルマはまるっきりできてない……
他にお待たせしているプロットもあるし……
今日は打合せと会議もあるし……
絶対に寝込むわけにはいかないの~~~。
遊んでて仕事が遅れても平気な顔してられるのに(!?)
風邪で遅れるのはものすごい焦る。

気力で克服……する予定!
まずは久しぶりに除湿器出してみた。

2010/11/17

メジャーになって~

Photo
朝日新聞の記事。
ダンスが年配者のものだけではなく、若く美しい人たちが競技としてやっていること
もっともっと知ってほしいナ。
アジア大会でも活躍してます。
フィギュア並にみんなが興味を持ってくれたらいい。

スポーツとしての動きも激しく、そして華麗だし、ドレスもそれはそれは美しいのですよ!


2010/11/16

遠出

Photo
遊んでいていい状況では全然ないんですが……
今は何年かぶりでプライベートを大事にしたい時期でして。
ああ。言い訳ですけど。

日帰りで遠出した1日。
ふと通り掛かった会社の前庭にこのライトアップ。
延々100メートルぐらいそれはそれは美しい飾りつけ。
これ、明らかにシンデレラなんだけど、D社の許可とったのかしら?
なんて考えてしまうのは職業病。

2010/11/12

しあわせ とか 思いやり とか

Photo
犬猿の仲の猫2匹。

ちょうど1年。
離婚して独り暮らしを始めてから。
早い~~。
でも、この1年、実に自由で幸せでした。
解放されたっていうのかなあ。

今日打合せ中にやはり離婚問題で悩んでいる真っ最中のDと
話が脱線しまくりプライベート談義に。
いろんなバツイチの人に聞いて回っているけど、
全員が全員、「別れてよかった。もっと早く別れればよかった」
と言ってるらしい(笑)

思いやりってやっぱりお互いさまなんだよね、
どちらか一方通行では続かない。
苦しいことを経験した後だと人のやさしさが身にしみるよね、とか
そんな話に。

このトシになると、ある程度先も見えてくるからやりたいことをやろう、
ガマンするのはよくないよねということも。

若いときと違うのは、燃えるような情熱的な思いより、
日の当たる縁側でほっこりするようなしあわせが欲しいよねえという結論に。
……って、まるでじーさんばーさんの会話かしら?

2010/11/11

シナハン

101109_070101
泊まったホテルの窓からの眺め。

月曜、火曜と九州地方にシナハンに行ってきました。
なんと、ワタクシ、九州に足を踏み入れるのは初めてのこと!
四国も行ったことないし、日本国内案外歩いてないです。
……どーでもいいですが。

別に九州を舞台にするお話ではなくて、ある職業を取材するための旅でした。
2日間で知らない世界をいろいろ見られて、濃い話をたくさん聞けて
いろんなエピソードを聞いた瞬間に、それが頭の中で脈絡もなくシーンに転化する
のを楽しむことができる時期。

大変実り多い旅でした。

しかーし。
初日の集合時間に遅刻。
いや、羽田空港には時間どおりに着いてたのだけど、私ってば第1ターミナルと
第2ターミナルを間違えたのでした(T_T)
第1にいると信じて言われた場所に行ったのに、だれもいない……

事実に気づいたときは、ひーーーーーーっ。
走った走った。
汗だく。
もうヤだ……こんなの。
(ってヤなのは私を待ってたスタッフか)

集合時間には絶対遅れない!っていうのが信条だったんだけどなあ。
以後気をつけます。

今回の取材は事情でプロデューサー2人が同行できず
ほとんど放し飼いみたいな感じでした。

これを形にしていかなくては!
が、がんばろ……


2010/11/06

今月はピンク

1110今月のネイルです。
毎回気分で決めるんだけど、なんとなくピンクキラキラ☆のイメージで。
1本だけ豹柄です。

じわじわとちょっとずつ動き始めた企画が何本か。
小説だけで引きこもっていた時になぜもっと進めておかなかったのか!?
自分のバカバカ。

昨日編集さんとお話ししたら
「先のある人ですから(どーゆー意味!?)焦らずいいもの書いてください。
場合によっては発売延ばしても大丈夫ですから」
と優しいお言葉……

い、いかん。
その言葉に甘えてしまったら、本なんて一生出ないゾ!
と、自分を戒めてみる。

しかし、週明けには2本の映画の件で動きが……。
勤勉あるのみ!
有言実行を目指してここに書いてみました。


2010/11/02

11月!

Photo
画像は羽田空港のショッピングモール。
報道で期待が大きくなり過ぎていたせいで、「え。こんだけですか……」な気分。
しかし、ピカピカでした。どこもかしこも。

11月です!今年も残り2カ月切りました!
ひーーー。

何やってんだ、私?
というくらい今年はのんびりしちゃってます。
のんびりしてたからこそゲットできた仕事もあるにはあるし、
こんなときだから楽しめていることもあるんで
おおむねオッケーではあるけど、
周囲を見渡すと、いいのか!?これで!?……とときどき思ったり思わなかったり。

今やっている映画企画の取材でたくさんの人にインタビューした。
全然違う仕事をしている人からは思いもよらない話が聞けて
実に興味深い。
だから取材は大事なのよね。

ただ、あまりにもふだん引きこもりなので、たくさんの人と名刺交換して
お話聞いただけでぐったり。
帰ってきて爆睡。

コツコツ書くべき小説は順調に遅れていて、かなり焦ってきました。
ま、間に合うのか……!?


« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »