« ガールズトーク | トップページ | GW »

2010/04/29

私がカタギだった頃

その昔、会社員時代(外資系損保)の上司、同僚、そしてクライアントと久しぶりの飲み会があった。
クライアントだったイギリス人のSさんが私のことを覚えていて、このたび日本勤務になったのをきっかけに
というもの。

なつかしい!
確実にみんな十数年分の時を重ねているのだけど、なんだか変わってない気がして。
みんな世界的企業の日本支社で順当に出世して、名刺なんて見てると、えらくなったね~って思う。

そうだ、私、カタイ会社でカタイ仕事してたんだったよなあ。
そうして、カタギのみなさんは常識的だよなあ、とも。
私のリコン話なんてどん引きだったカンジ(笑)
今のギョーカイで仕事してると、バツ1なんて当たり前、バツ2、バツ3、それがなに?だから。

それにしても会社を辞めてから一切英語を話す機会がなくなって、言葉が出てこないってば!
必死に聞き耳立ててないとみんなの話題もついていけないしー。
もうっ。バカってこれだからイヤ!

でも、あのまま会社にいるという選択肢はなかったなあと改めて思う。
そうしてハチャメチャでも今のギョーカイがいつの間にか水が合うようになってしまったことも感じた。
なんでもアリ、人生のどんな経験も無駄にならない(=商売のタネ)今の居場所が。

« ガールズトーク | トップページ | GW »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/48211446

この記事へのトラックバック一覧です: 私がカタギだった頃:

« ガールズトーク | トップページ | GW »