« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010/04/29

私がカタギだった頃

その昔、会社員時代(外資系損保)の上司、同僚、そしてクライアントと久しぶりの飲み会があった。
クライアントだったイギリス人のSさんが私のことを覚えていて、このたび日本勤務になったのをきっかけに
というもの。

なつかしい!
確実にみんな十数年分の時を重ねているのだけど、なんだか変わってない気がして。
みんな世界的企業の日本支社で順当に出世して、名刺なんて見てると、えらくなったね~って思う。

そうだ、私、カタイ会社でカタイ仕事してたんだったよなあ。
そうして、カタギのみなさんは常識的だよなあ、とも。
私のリコン話なんてどん引きだったカンジ(笑)
今のギョーカイで仕事してると、バツ1なんて当たり前、バツ2、バツ3、それがなに?だから。

それにしても会社を辞めてから一切英語を話す機会がなくなって、言葉が出てこないってば!
必死に聞き耳立ててないとみんなの話題もついていけないしー。
もうっ。バカってこれだからイヤ!

でも、あのまま会社にいるという選択肢はなかったなあと改めて思う。
そうしてハチャメチャでも今のギョーカイがいつの間にか水が合うようになってしまったことも感じた。
なんでもアリ、人生のどんな経験も無駄にならない(=商売のタネ)今の居場所が。

2010/04/27

ガールズトーク

NHK教育テレビ毎週金曜夜22時25分~「愛の劇場~男と女はトメラレナイ」の構成を担当することになりました。
私は♯11から6回分担当予定です。

先日前クールの部分のトーク収録へ。
パーソナリティーの夏木マリさんと3人のガールズトーク。
(ゲストはオンエアでお確かめを)

いやあ!楽しい!おもしろい!
NHKとは思えぬあけっぴろげな恋愛トークに爆笑。
しかし、放送では一体どこまで使われるのやら。

トーク番組の収録には初めて立ち会ったけど、
タレントさんたち(女優・歌手含め)ってさすがプロって感じ。
相手の立て方とか極めて心得てる。
仕事とはいえ、あれができるのならプライベートでも絶対聞き上手だと思う。
いやはや。勉強になりました。
自分たちの担当回が今から楽しみです。
ゲストは誰に来てもらおうか、そんな打合せもシナリオとは違う楽しみが構成の仕事にはあります。

収録後、夏木マリさんと打合せ。
顔ちっちゃい。キレイ。さばさばしてる。。惚れそうです。

勉強することが山ほどあって大変ですが、乞ご期待!

2010/04/23

路チュー

銀座のど真ん中で見た。
キスする恋人たち。
それがなんだかステキだった。

眼鏡のちょっと学者っぽい男性と自転車を押している女性。
自転車を挟んで、チュ♪って。
さりげない挨拶みたいで、外国の映画みたいだった。
全然ヤらしくなくて。

日本人にもあればいいなと思うのがハグ。
ハグって副交感神経が刺激されてとってもいいらしい。

何十年ぶりに出会った肉親の再会シーンなんかでも意外と抱き合ったりしないのが日本人。
もっと触れ合いが当たり前になればいいのにね。

とはいえ、誰とでもできるかっていったらそうでもないけど。


新しい仕事が始まって勉強しなきゃいけないことが山ほどです。
知らないことを学ぶのは楽しいのだけど、あっちこっちに読みかけの本が投げ出してあって
我ながらやんなっちゃう。

「1Q84」も読み始めました。これは移動の電車の中だけと決めているのでいまだ半分。
この話がどっちへどう転ぶのか!?

4月ドラマも始まったし、ケーブルテレビでアメリカドラマも山ほど録画中だし、
時間がいくらあっても足りない春です。

2010/04/20

誤解

久しぶりに某社の某ディレクターさんより電話。

今年発売された(ん?年末だったっけ?)「このマンガがすごい!2010」に載った座談会を読んだとのこと。
いや、あれは、たまたま…。
それで私がコミック通でマンガ原作探しが得意だなんて思われたら困るんですけど~。

あの座談会のためにリストアップされたコミックを探し必死で読んだもんです。
実はコミック系は読むヒマなくて。


さてさて。
4月も半分以上過ぎました。早い。。

今年は名刺の減りが早い気がする。

「すごくいい年」と占いで言われたとおりになるかどうかは今後の切磋琢磨次第かなあ。
乞ご期待。

2010/04/19

たまには女子っぽく

100418_205101私はとても爪が薄いので、何もしてないとプルトップも開けられない、ひっかけた時にうにゅ!と曲がったり折れたりした時の痛みってばないので、ここ1年ほどジェルネイルやってます。
最近のはホント丈夫で3週間くらいびくともしない。
つやつやのまま。

日曜日、急に思い立って友人に紹介された新しいサロンへ。
店内に所狭しと張られたネイル写真は、たぶんカタギの女子ではないであろうすんごいデコネイル。
いくらなんでも指先にあんなにストーンを乗っけててたら重たかろう。
私は長すぎてもキーボードにひっかかるので短めにしてもらって2週間後くらいにほどよい長さになるくらいにしてもらう。

今回はこんな感じ。結構春っぽいかな。

まったくね。トシとると、肌も髪も爪もまつげも放置しておいたら、もー大変。
自力じゃ人前に出られないっスよ。
人知れず手間隙かけるのデス。
ま、そんなことをしてられるくらいの仕事のペースっていうのは平和なことですが。
本当に忙しい時には美容院に何カ月も行けないなんてザラだから。


見なきゃいけない資料の映画DVDが山積み。
読まなきゃいけない本も。。。
とにかくDVDだけはじゃんじゃん消化。
ココだけの話ですが、2倍速でストーリーのエッセンスをひたすら吸収。
カメラワークとか音楽とか堪能するヒマはなし。監督が見たら泣きそうな鑑賞方法。

そんな1枚のDVDに自分の映画作品の宣伝がいきなり出てきてビックリ!
自分の作品は早送りじゃなくてちゃんと観てほしいなあ、なんてムシのいいことを思うのであった。

2010/04/18

プライベートコンサート

毎日書くって他愛ないことでも結構難しいもんですね。

さて週末。今週は早かった~ぁ
前半のんびりしてたのに、後半はバタバタと打合せやら会議やらが入って。
1日1つでも仕事がらみで出かけるともうすっごく仕事した~!って気になってしまう。

土曜は知人のオペラ歌手・稲垣貴子さんのプライベートコンサートでした。
広尾のフレンチレストラン・ポール・ボキューズにて。
フルコースとお料理に合わせたワイン。
しかし、飲めない私には猫に小判!

コンサートそのものは、音響設備がちょっと残念でしたが、ホームコンサートみたいな試みって
ゆったりしていていいなあと思いました。
なごやかな大人の会でした。

2010/04/16

ビリーふたたび

昔のカレとヨリを戻しました。

カレの名はビリー隊長。

そうです。ブートキャンプです!
デブが人生maxになり、だんだん笑えなくなってきました。
ドレスが入らない!
入っても似合わない!

じわじわと太ったから、踊っていて踊りにくいってこともないし、自覚がなかった。
(体重計には出てるのに!)

しかし、写真を撮ると一目瞭然!
許せん!このデブ!

……というわけで、再開。

近所のジムはせっせと会費を支払いつつも全く行かない。
家でなら画面分割して半分テレビを見ながらビリーやトレイシーができる!
いや、その集中力のなさがいかんのか?

でも、ビリーをやった翌日は確実にウエストラインが変わってくる!ほんとです!

夏までに痩せるぞ~~。(一生言ってろ!?)

2010/04/14

番宣です

明日4月14日(木曜)の「奇跡体験!アンビリバボー」(フジテレビ20時)
後半パートで余命3カ月のシンガーのお話が放送されます。

取材で本人にお目にかかりました。
昨年6月に余命1年と宣告され、治療法もない。
そんな状況にもし自分がなったら?
果たして彼女のように笑っていられるのだろうか?
いろいろ自問自答させられました。

死と向き合っている人に出会うと、日々いかに自分が時間を無駄に生きているか
思い知らされます。

よろしかったら観てください。

2010/04/13

NINE

「NINE」観てました。
元ネタであるフェリーニの「8 1/2」を先に観たかったのだけど、
TSUTAYAに見当たらずいまだ未見。

おもしろかった!楽しかった!

いるよな~こういう破滅型の天才クリエイターって。
それと別に天才じゃなくても、女に弱い男っていう意味では周囲にいくらでもいる。

創作の末端にいる者としては、9歳(NINE)の頃からってわけでもないけど、
作品には必ず過去の人生が投影されるということは思い当たる。

ミュージカルは基本的にはあまり得意なジャンルではないのだけど、
この作品の中の割合は絶妙。
なにせゴージャスなキャストだから飽きないし。

ニコール・キッドマンは出番は少ないけど、存在感は抜群。
往年の美貌の衰え云々といわれる昨今だけど、逆に凄味が増した感じ。
ペネローペ・クルスは愛人役やらせたらサイコーですね。

さまざまな女像を観て我が身を省みた。

しか~し。クランクインの10日前に脚本が1行もないって……あり得ないってば!(今ならね)

2010/04/12

谷堂・早野組引退パーティー

Photo_4Photo_5Photo_6
元全日本チャンピオンの谷堂先生の引退パーティーにお呼ばれしていってきました。
別に私が習ったことがあるとかではなくて、80組以上というアマデモに友人が出たので。
高輪プリンスの飛天の間。
さすがに1000名のお客でテーブルはぎっしり。
フルコースディナーのサーブも大変そうでした。

さすがにこれほどのパーティーだとアマデモに出る人はハンパじゃないお金がかかるので、
みなさんそりゃあドレスもいずれもゴージャス!
見てて飽きなかった。

それよりなによりすごかったのはプロショー!
元チャンピオン、現役ファイナリストの華麗なダンスを見られるなんてめったにない~。

やっぱりダンスはいいなあと思いつつ、長い長い華やかな時間が過ぎていきました。


2010/04/11

シャッターアイランド

観てきました!
オープニングすぐに「決して結末は人に話さないでください」というテロップが出る。
これってそれだけどんでん返しに自信があるってことよね~?
とみずからハードルを上げてる感じに思わず期待が膨らむ。

観てる途中では「なんかツインピークスみたい~」ってこと。
なかなか凝ってます。
しかし、結構難解。
見たがっていた連れは途中爆睡してた!

隣はアメリカ人3人連れで、まーうるさいこと。
お互いに場面ごとに確認したくなるのはわかるけどさ。

終わって彼らは「え~っ」って感じで笑い声を上げてた。

最後の最後に「え?」っていうセリフがあるのです。
すべてをひっくり返す、みたいな。

でも、私の解釈が正しいのかどうか実はよくわからない。
原作読んで確認してみなきゃ、というのは正直なところ。

なんか感想が言いづらい作品でした。おもしろかったけどね。

2010/04/08

価値観

同じ事柄に対して、ここ10年ぐらいのスパンで見た時、
自分の中の価値観が明らかに変わったなあと感じます。

より本質こそが大事だと思えるようになった。
余計な事柄はどうでもいい。

もはや若さも美しさもどうあがいても無縁のものになりつつある今だからこそ思う。
人生の転機を経験したから思う。

で、そういうふうに感じられるようになった「今」の方がずっとラク。
昔はやっぱり無理してたなあって思うから。


新しい仕事に着手。
1つは得意分野でかつ今までの仕事上の経験が最大限に生かせる作品。
もう1つは、興味はあるけど、枠としては初めての番組。
どっちも楽しいし、これから楽しみ。

今年に入って公私ともども新しい人との出会いが続いています。
もともと2010年ってすっごくいい年になると占いでさんざん言われてきたから、
ちょっとくらいまずいコトがあっても気にしないっていうのもいい意味の暗示なのかも。

とはいえ2010年も4分の1が過ぎちゃったわけで。
この先に勝負(なんの?)かけなきゃ!

2010/04/05

遅い! 

仕事が遅いです。異常に遅い。
ごめんなさい。ごめんなさい。
って誰に謝っているんだか?

私の場合、コツコツということができません。
いつも頭の片隅で考えながらも、机に向かっても一行も書けず……
〆切寸前(もしくは過ぎてから)爆発的にワーッと浮かんで、ガーッと書く。。

それでいいものができる時もあるけど、ダメな時もありますです。ハイ。

今も仕事中。。
ブログ毎日書けるかな~と思って、ちょっとだけ現実逃避してみた〆切寸前です。

2010/04/04

猫にも花粉症はあるのか?

Photoこの家に引っ越してきてから猫のうち1匹だけに明らかな花粉症みたいなアレルギー症状が出るようになってしまいました。
ベックション!って時々発作的に出てくるの。
なぜ1匹だけに?
これも個人差(個猫差)?なのかしら。
かわいそうだけど、そうなるとつかまえてテッシュで鼻をかんでやるくらいしかできない。
病院に連れていくほどでもないしね。
というか、病院に連れていくと、それだけですごいストレスで具合悪くなっちゃうから。

猫たちはなぜかソファの背がお気に入り。
おかげで新品なのにもうボロボロ……sad


3月は結構時間があったので、映画と本はいつになく多く観たり読んだりできました。
映画14本 本14冊。
仕事の資料で以前に観た映画を見返したりしてたんだけど、全然覚えてない!ことに愕然。
この記憶力のなさはどーなんだ!?

2010/04/03

サクラサク

Photo_2連日の強風なのに満開の桜が散らないのは、
「花の使命を全うしてないから」なんだそうです。
それってつまり虫たちに受粉させるってことね。
あんなにはかなげな花びらなのに、あるときが来るまではけなげに風の中で耐えてるなんて、
すごいなあ。

毎年お花見の時期になると、「あ~また1年生き延びた」なんて思ってしまう。
よくお年寄りが「来年は見られるかわからない」なんていうけど、桜ってそれだけなんか特別なんですよね。
毎年恒例にしてる、この時期だけしか集まらない会があって、懐かしい顔を見られるから余計に
そう思うのかも。

ちょっと前にカゼで寝込んだ前後から妙に落ち込んで、そこから浮かび上がるについて自分の中で
見えたキーワードがあります。

「自立」

当たり前っちゃあまりに当たり前なことなんだけど、考えてみたら、私ってば正式な独り暮らしするのは
初めてで、いつも誰かに頼ってたから。
精神的にも経済的にも、自分の力で立つことが大事。
逆に自分さえしっかりしてれば、多少のことは案外やり過ごせるもんだ、と。

あまりにも当たり前な答えが自分の中でストンと落ちた時、すんごくラクになれました。

2010/04/01

ピカソの猫

Photoピカソのデッサン。
パリから届いた絵はがきです。
小説家の原田マハさんが旅先より送ってくれました。
メールのやりとりもさることながら、そんな時代だからこそアナログなハガキって嬉しいものです。
メールだけだと筆跡も知らないままの人っていっぱいいるしね。

ツイッターも時代の流れで始めました。
しかし、まだどうも使いこなせない(^_^;

「グレイズアナトミー」の第5シーズンの最終回を見終わりました。
主要登場人物のうち2人が死に瀕したところで終り!
うー。次シーズンが待ち遠しい。

今日から4月。
年度替わりとかあまり関係ない仕事だけど、また1つ季節が動いたって気がします。


« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »