« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009/09/27

やっぱアドレナリン?

今年はなんだか仕事しかしてない年で、運動不足になること半年以上。
寝てもだるさがとれない時があって、ああ~いよいよKONENKI!?なんて思ってたのだけど……

ここのところ忙中閑無理やりつくって何度かダンスに行く機会があったわけですよ。
帰ってくると、疲れ果ててドッと寝ちゃうんだけど、その後、スッキリ。
みょうにクッキリ。
あれ~!?やっぱこれってアドレナリン効果なのかしら、と。

やっぱり時間がある時にはレッスンに行こうとつくづく思いました。

今日は家から一歩も出ずに仕事してます。
だらだらしない予防法はタイマー時間術。
15分おきにピピッとやって時間を認識して、切り替えること。
追われているようだけど、そのくらいの緊張感でもないと効率よく進まなくて。

気がつけば秋。食欲の秋がこわいです。


2009/09/24

宅配レンタルDVD

連休はひたすら仕事でした。

あ、それでも友人宅の近所のスポーツジムに体験入会してサルサ60分コースに出たり、
友人宅で明け方までおしゃべりしたり、閑散としたダンスパーティーに行ったり、
なんて程度のレジャーはありましたが。

それとやっていたのは、ひたすらアメリカドラマを見ること!
TSUTAYAの宅配レンタルはヒジョーに便利です!
2枚送られてきて、観終わったらポストにポン。
観たいDVDを予約登録しておくと自動的に上から配達されるのです。

これでBONESシリーズ全部観ました!
おもしろかった~~。
シリーズ3までしか日本では出てないけど、本国ではシリーズ5まで確実なので楽しみはまだまだ♪
リアルにエグい死体の描写がサイコーです。

それとNHKBSで録画し続けた「ダメージ」1と2。
昨日発表されたエミー賞でグレン・グローズが主演女優賞を獲ったというアレです。
よく計算された脚本には驚かされるばかり。
勉強になりますわ♪

とにかく届くのが早いのがイイ!
月曜に投函すると火曜に向こうに到着してすぐに次を送ってくれるから水曜には次が来る。
月8枚の契約だけど、結構それ以上は観てます。
これが映画だとなかなかそんなに観られないけど、ドラマだと主題歌を飛ばしたりできるから
割と早いというわけで。

シリーズものを観るにはいいみたい。

2009/09/21

DVD

刺青 匂ひ月のごとく [DVD]刺青 匂ひ月のごとく [DVD]

Happinet(SB)(D) 2009-09-18
売り上げランキング : 849

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
6月末に公開された映画です。 DVD出ました。どうぞよろしく。

2009/09/18

毎日書け……るか?

ブログなんだから、毎日書かなきゃと一念発起したものの、
やっぱ無理でした。
〆切クリアのために必死でした。

世の中は5連休ですかい。
あーそーですかー。
いいですねー。
連休明け、プラスのまた週明けで合計4本の〆切があるのですが。
全部企画書だけど。

立て込んでくると性格が悪くなるのと食べちゃいけないものを食べたくなるのがコワイです。
ハンバーガーとかホットケーキとか、デブの素が。

ま、それでも連休中は打合せと会議がないのがせめてもの幸いです。

が、がんばろう……

2009/09/16

現実を直視することは大事なことです。
見たくない己の姿ともちゃんと対峙する。
それは時にほとんど拷問であったとしても。

週1回そんな拷問を味わっています。

バレエのレッスン。

2方が全面鏡。
うっ。
誰だ!?このデブは……

毎週イヤでもとんでもなく理想とかけ離れた己を見ては自己嫌悪。

バレエ始めて半年。まだまだ踊りにはほど遠いですが、ちっとは柔軟性は出てきたかも。
体が硬くて硬くて、床に手が届かなかったのが、とりあえず立ったまま掌が床につくくらいにはなったから。

亀の歩み!

2009/09/15

執筆環境

Sn3e0182今週のネイルとねぼけ顔のシャム猫アラン。

ジェルネイルって3週間はまったく変わらずしっかり持つのでイイ!
家で仕事中は一切のアクセサリーはジャマくさくてつけていられないけど、
指先だけでもキラキラだと嬉しい。
一番目に入るところだし。

最近パソコンを新しく買いました。

同業者をつかまえては「どんなの使ってんの?どこで書いてる?」とリサーチしまくった結果、
結構みんな外で書いてるんですねー。
喫茶店をハシゴして、とか、電車の中で、なんてツワモノも。

私の場合、今までのノートパソコンは4キロ近くあってほとんどデスクトップ状態。
今度のは1キロ台なので、持ち出せる。
しかもバッテリーは5時間以上余裕で持つし。

おかげで仕事部屋以外で執筆できるようになりました。
仕事部屋よりはるかに日当たりのいいリビングとか。
まだファミレスでは書いたことないけど。

私は親指シフトなので、富士通の特注マシンのため、ヒジョーーーに高いもんについてます。
キラキラでぴかぴかのステキなVAIOが2台買えるほどに。
しかし、今さらもう変えられない。

が、しかし。
今これを書いているのは古いパソコン。(え?)

ネットにつなぐのは古い方、新しい方はあえて離れたリビングで仕事専用に。
ホントははるかに性能がいい新しいパソコンの方がネットもサクサク動くのですが、
仕事中にネットできると全然進まなくなっちゃうから!

これでいいのかどうかもうちょっと模索しなきゃだけど、とりあえず新しい洋服や仕事用品を買うと
新しい仕事が舞い込む、というのが今までのジンクスなので、ま、いっか。

パソコン買って半月。
首が回らないほどに仕事に埋まっています。う~む。

2009/09/14

from KOREA

Sn3e0183ちょっと前から「文通」してます。
相手は韓国のダンス愛好家の女性。
メール交換じゃないんです。
本当に文通。

いいですよ、手紙。
便箋を選ぶところから始まってる。
何を書こうか?何を同封しようか?

人柄は手紙でもすごくよくわかります。
ソヨンさんは穏やかで優しい人。
そして、日本でいえばセレブです。

私が「忙しくて」とグチったら、ダンボールいっぱいの海苔を送ってくれました。
おいしい!
うれしい!

何より気持ちが嬉しいですよね。

そしたら、今日はずっと前にパーティーで知り合ったダンスお友達のマダムから梨が一箱。

最近余裕のある大人の方たちの気遣いに感服させられることが多いです。
いや、食べ物をもらったからとかじゃなくて(^_^;
さりげない気遣いが。
私もそんな大人(年齢だけは十分過ぎるほどですが)になりたいです。ハイ。


2009/09/13

「さよならノーチラス号」

劇団キャラメルボックスの「さよならノーチラス号」を観てきました。
脚本・演出 成井豊

新宿のサザンシアターって初めてだったけど、キレイで観やすい。

お話は12歳の男の子のひと夏の物語。
いい話でした。

真柴あずきさんにご案内いただいて席を用意してもらったのだけど、
関係者席はさすがにグッド♪ラッキー。

真柴さんは、初対面の時が酔っぱらいだったので、なぜかいつも酔っぱらってるイメージ(失礼)
だったけど、今回は母親役で、あ~女優さんなんだ~と違う意味でもカンゲキ。

キャラメルボックスは今後映画館で舞台映像を上映するという試みをするそうです。

2009/09/11

HACHI

HachiHACHI~約束の犬~を観てきました。
これは劇場ロビーにあったぬいぐるみ。かわい~。

もう公開終了近かったので、客席はガラガラ。らっきー。
動物モノは泣けるから普段は外で観ないことにしているのだけど、たまたま。

ストーリーはシンプルだしよく知ってる話だし。
だからこそ、幸せなシーンでも泣けちゃうんだよなあ。

主役はリチャード・ギアじゃなくてハチですね。間違いなく。
もちろんリチャードはいつものようにステキだけど♪

リチャード・ギアが死んじゃうのは2幕の終わり。
てっきり2時間だと思って時計を観てたから、うっかりミッドポントを見逃しちゃったけど、
たぶん娘の結婚あたりかな。

現代に翻案するためにタイタニック方式になってます。
そのパッケージ感はなるほどです。

泣き過ぎて息が苦しかった~。
犬はもーこれだからなあ。
たぶん猫だったら、飼い主が死んだら、とっとと次のゴハンをくれる人にごろにゃ~んです。
ま、私はそのくらいドライな方がいいですが。

号泣したい方はどうぞ。

2009/09/10

人間国宝

Tesui今年も人間国宝・一龍斎貞水さんの怪談を聞いてきました。

完璧なまでに毎年寸分変わらぬ演出、怪談のパターンもほとんど同じなのだけれど、
毎年これが夏の終わりの風物詩です。

人間国宝の話芸はもはや神業。
おトシを召され、若干もつれたり、登場人物の名前を間違えたり、なんてところはあれど。

示唆に富んだ江戸時代の市井の話は想像力を刺激され、楽し。
エンターテイメントの基本とはなんぞや?ということを改めて思い出させてくれます。

2009/09/05

勢いで書くタイプ

夏だというのに、書くべきステキなこともなく、会議室と仕事部屋の往復で終わった2009年もほぼ4分の3が過ぎ。
ああ。どんどんトシをとっていくのに、こんなことでいいのかしら、と思う今日この頃です。

先日あるプロデューサーに言われました。
「あなたは、勢いで書くタイプですね」

ハイ。そのとーり。

書き出すまでが長くて、悶々と考えていて、〆切寸前にガーッと。
なので、見えないままに書き出すと、当然〆切に間に合わなかったり、
間に合ってもメも当てられないシロモノになったりします。

あと緻密な計算に計算を重ねた話が苦手。
サスペンスとか。
……こんなことではライターとしての幅は狭くなるばかりですが。

この夏やらせてもらった作品も得意分野からはほど遠かったですが、
やった分だけ勉強になりました。

週末っていまだになんだかホッとしちゃうけど、ホッとしている場合ではないのでした。
〆切を過ぎた映画のホンが~~~。嗚呼。

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »