« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009/03/23

初日で千秋楽

Sn3e0126
シャルル・ド・おっ、ぺれったの舞台、昨日無事終了しました。
お越しいただいた方、ありがとうございました。

なにせたった1日限りの公演、昼過ぎからゲネを行い、さらに2公演連続で出演者たちは大変だったみたいです。

私?やることもないし楽屋は狭いので、ウロウロしてるだけ。
お客さまが入ってからはトイレに誘導したりするぐらい。
映像現場でもそうだけど作家って仕事が終わるとホントにジャマなだけ!

公演中は一番後ろに立ってお客さまの反応を見たりしてたんですが、自然に手拍子が出たり、ここぞってとこで笑ってもらえたりするとなんか嬉しい。
「生」の楽しさってこういうことなんだろな~と。
出る人たちはきっとアドレナリンドクドクなんでしょうね。
一度そっち側に立った人って、やっぱりなんか違うから。

終わってからは、なにしろ1日限りなので、山ほどいただいた差し入れ(特にナマモノ)をみんなで分けて、さらに終演後すぐに会場撤収でバタバタでした。

Sn3e0127_3
2公演とも満席ということで、大入袋いただきました。嬉♪

なんといっても主演の二人がホンを喜んでくれたのが一番嬉しかったのですが。
(ちなみにキャベツのくだりは私じゃありません。劇団カラーということで直してもらいました。
あと「中田まるみ」と「星月きらら」もおっぺれったではおなじみのキャラなのです)

そんなこんなで無事終了!
お正月にお誘いいただいて、あっという間だったけど、楽しかったです。
また機会があったら再演したいって言ってもらえたので、そんな日を心待ちにしつつ……。

2009/03/19

花粉症とか飲み会とか

先日受けた血液検査の結果が出ました。
スギとハウスダストがクロ……
ブタクサやヒノキはないから、せいぜいGWぐらいまでとのこと。
なんだか急に現代人になった気分です。

しかし、ハウスダストって……まるでウチがゴミだらけみたいじゃん。
猫の毛ですかねって聞いたら、その検査はまた別だそうで違うと。

いずれにしてもここんとこ症状も出てないので無事に過ごせています。
ホッ。

          sun

先週「ポルフィの長い旅」スタッフと飲み会がありました。
イタリアロケハンでお世話になったコーディネーター/Sさんの帰国に合わせて声をかけたら、監督、プロデューサー、作画監督、美術監督、設定までロケハン参加メンバーが全員集まっちゃった。

しかし、驚いたのは、週末の新宿があんなに人出があるなんて!
どこの居酒屋もみんな2時間制でしかも予約でいっぱい。
ぐるなびでなんとか探して1次会の会場を押さえ、2次会会場も候補を出しておき……そしたら、お店の前で客引きしているお兄さんがいたので思わずその場で予約。
そっかー。こーゆーシステムになってたのねえ~。

あの怒濤のヨーロッパロケハン(ギリシャ・イタリア・フランス)から早や2年。
52本全部の製作、放送も無事終わり……

アッという間。
みんなが口を揃えて言ったことは、本当に大変な作品だったけど、やってよかった!と。

みんながそれぞれのパートでこだわるから、現場は死にそうだったけど、それだけプロフェショッナルな仕事をしたってこと。
なんて幸せな仕事だったのだろうと今さらながら。

それと。

アニメの現場で若い人たちが全然育たないという嘆きも聞いた。

2年ぐらい専門学校に通っただけで、もうキャラデザや美術監督や演出ができる気になっているのだそうだ。
既存の作品をなぞっただけで描けるつもりになってる。
でも、本人のオリジナルは何もない、と。

シナリオ界はどうですか?と聞かれ、本も読んでない、映画も観てないコは確かに多いですね~と。

いずれにしても目指す人間が100人いたらプロになれるのは約1割ってとこかなあ。
もちろん業種にもよるけど。
その中でさらにトップクラスになれるのはそのまた1割ぐらい?

こうして身を削るようにして作品をつくっている先輩たちから学ぶことができないなんてもったいない。

いずれにしても本当にいいチームだった。
なんたってほとんど初対面で2週間の旅を共にしたのが大きい。

それぞれ別々の作品に散っていくけど、また一緒に仕事したいなあ。

2009/03/09

地獄少女 三鼎 第22話

火曜深夜0時より1週間の無料配信です。

「地獄少女 三鼎」の第22話「華と月」書きました。

どうも最近意図するしないに関わらず、女二人の対立の図式を書くことが多いです。
マイブーム?

その深層には、自分自身の中の二面性を闘わせたいという欲求があるのかなあとも思っているのですが。

2009/03/08

シャルル・ド・おっ、ぺれった

初めて舞台書きました。
以前から友人の声優の田中真弓さんと音楽家の竹田えりさんの二人芝居です。
(お二人の劇団の若手の方がサポートで出演されますが、基本的に二人のお話。)

----------------------------
~Electone50周年 エレクトーンシティ渋谷 協賛~


真弓とえりの「夢は夜ひらく…」vol.1 ~同・級・生~

3月22日(日)
【1回目公演】
受付開始 14:30~
開 場  15:00~
公演開始 15:30~

【2回目公演】
受付開始 17:00~
開 場  17:30~
公演開始 18:00~

 ※上演時間約1時間30分予定
 ※受付開始(チケット交換)は1時間前より、
 開場は30分前より開始します

料金:前売り 3000円 当日 3500円
全席自由

会場:エレクトーンシティ渋谷
東京都渋谷区桜丘町8-27-3F 03-3476-4704


脚本:国井桂
演出:瀧沢千秋
音楽構成:竹田えり
振付:釘宮由稀

スペシャルエグゼクティブアドヴァイザー:永井寛孝

【出演】

シャルル・ド・おっ、ぺれった(田中真弓&竹田えり)

篠原あけみ
しのはらともみ
田中荘子
松重慎
久松友紀
大林美咲

エレクトーン:小寺久美子


駅のホームで偶然再会した女二人…、30年ぶりに出会ったかつての同級生だった!
女子高生時代何かと対照的だったこの二人、卒業後、全く違う人生を歩んだように見えたが…??

「おっ、ぺれった」の田中真弓と竹田えりが結成した2人ユニット
「シャルル・ド・おっ、ぺれった」が60年・70年代の歌謡曲の調べにのせお贈りする涙と笑いのエレクトーンコメディ音楽劇♪ご期待ください。


【サポートメンバー】

並木佳道
けーすけ
竹田佳央里
飛塚ちとせ
新田綾香
そのだやすたか

【協力】

魔法使いサウンド

【チケット申し込み】

WEBフォーム
HP:http://www.mayumi-family.net/ まゆみファミリー

TEL:03-3476-4700 ヤマハエレクトーンシティ渋谷
FAX:03-3378-3620 ペーハーサウンド
お問い合わせ:opperetta@gmail.com

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »