« ルーツ | トップページ | シナハン »

2008/06/03

先行公開中

Aisatsuこの週末、能登と金沢へ行ってました。

現在石川県にて先行ロードショー中の映画「能登の花ヨメ」の能登上映会のお手伝いのため。

いやあ、ホントにちょっとない経験をさせてもらいました。
まず上映の3時間も前にお客さんが来るということ、
満席で立ち見まで出るということ、
私ごときが舞台挨拶(画像は舞台挨拶する監督。私は次の回で)までさせていただいたということ、
私が能登に来たことが翌日の新聞に出ていること、
寿司屋で色紙にサインを頼まれたこと……あり得ない!
あたしは三谷幸喜でもなければ橋田壽賀子でもないのにっっ。

泉ピン子が振り向いては笑い、内海桂子が佇んでいては笑い、なんてことないしぐさやセリフのひとつひとつにすんごい反応。
上映中もずっとしゃべってるところは、お茶の間感覚。
ちょっと他じゃあり得ない。

自分の手でチケットを売ったり、半券切ったりなんてことも、普通いくら映画の仕事してたって、ライターはしないですよ。
もうね、杖ついたおじいちゃんやおばあちゃんがくしゃくしゃの千円札を握りしめて来てくれるんですよ。

終わった後、「ステキな映画をありがとう」「元気をもらったよ」って握手してくれるんですよ。
もー涙が込み上げてきて大変でした。
ありがたくって。

すごく楽しかったし、嬉しかったし、行ってよかった。
私はなんとか他の仕事の調整のついた今週だけでしたが、監督やプロデューサーは毎週だから、大変だと思う。

おいしいものをたくさん食べて、お客さんに元気をもらって帰ってきました。
これが映画の醍醐味かなあ。
だから、時間かかるけどやめられないんだよなあ、と思ったことでした。


« ルーツ | トップページ | シナハン »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

おめでとう!おめでとう!
自分のことのようにうれしいです。

いつも「作品ができあがったときには自分の脚本の仕事はずっと前に(書き)終わっているので」と書いていたでしょ。
ちょっとさみしい気持ちもあるのかなぁ,と思っていました。

「反応」って,うれしいですよね。
じーんとしているK2を思って,わたしもじぃぃんときちゃったよ。

>io

ありがと~。
そーなの。いつもこの時間差が寂しいんだよね。それはどの作品でも当たり前なんだけど。今回はホントに入り口から出口まで体験させてもらったから、やっぱりエンターテイメントってお客様あってのことだなあと思ったよ。
あなたもそうだけど、人間相手がなんたって楽しいよねえ。

公開おめでとうございます♪ お疲れさまでした。
お客さんのナマ姿、生コメント、素敵ですね。
言葉と一緒に、とっても良い気も受け取られていそう。羨ましい〜。


>saeちゃん

ありがと~。
そだね。いい「気」が満ちていたのは確かだと思う。土地そのものが降り立っただけで、「ふわ~。いい空気!」って思って。
食べ物も全部おいしかった♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/41417729

この記事へのトラックバック一覧です: 先行公開中:

« ルーツ | トップページ | シナハン »