« 白鳥と猫の湖 | トップページ | 容疑者(笑) »

2008/02/02

一週間

ぜえぜえ……や、やっと今週を乗り切ったゾ!

今週行った場所
→箱根、赤坂、吉祥寺、代々木上原、市ヶ谷、調布、四ツ谷、荻窪

の、リゾートマンション、アニメスタジオ、撮影所の試写室、ダンススタジオ、病院、弁護士事務所、各種会議室。

会った人たち
→女優、俳優、プロデューサー、監督、脚本家多数、ダンスの先生、ネイリスト、医者、弁護士、能登の人々。

う~ん。地味なんだかハデなんだかわからん。
いや、根本的には忙しいばかりでジミな一週間。

シナリオ作家協会の著作権部会。
「クラシックオーサー」としての作家のあり方を考える。
著作権を持っているということの意味。
責任と権利。
昔に比べるとあまりにも軽んじられているような気がする昨今。

「能登の花ヨメ」の初号試写。
初めて我が子に会う感じ?
地味過ぎるぐらい地味な作品だけど、地元の人の熱い熱意がひしひしと伝わってきた。

田中美里さんと2Sで撮ってもらった写真を見て愕然。
……女優さんと並ぶもんじゃない。人種、いや種族が違う(__;)

いい形で全国の人に見ていただけるといいなあ。

映画は、ホンが出来上がる奇跡、クランクインする奇跡、完成する奇跡、公開される奇跡、そして、作品が当たる奇跡……いくつものラッキーがあったものだけが残るのだ。

でも、映画は楽しい。時間がかかるけど、お祭りっぽくて。

……しかし、ライターは孤独だ。打ち上げに行くとつくづく思う。
撮影中はおよびでないし、その頃にはもう次の作品に入ってるし、「あんた、誰?」状態。
これはどこの現場でも同じだけど。

間もなく出版予定の名作劇場の原作(の翻訳の手直し)のゲラがドド~ンと届く。挿絵も入っていいカンジ。
しかし、週明けまでに全部のチェックをしろ!?
う~ん。

ダンス。
T先生アメリカ留学中につき、友達の先生であるラテンの先生のレッスンを受ける。
そこはラテンの学校なので、私がレッスンを受けてたら、他の先生が「見るからにモダンの人だねえ」と言ってたとか?
そんな私ごとき素人でもそんなのわかるもん?
あ。チャチャなのにロアしちゃってたからかな(-o-;)

それとは別日にマイミクきょん先生のレッスンも受ける。
ほとんど机に向かってるか、会議室で打合せしているかの毎日なので、使う筋肉が全然違う。
ひーーっとなる。
T先生が戻ってくるまでにうまくなってやるぞ~!と決意。

……というのが一週間の覚書。
週明けの〆切が山ほどあるので、休んでいるヒマはないけど、あと1カ月は絶対にカゼをひいてはいけないので、たとえ〆切破っても疲れたら寝る!(断言!)

« 白鳥と猫の湖 | トップページ | 容疑者(笑) »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/17933777

この記事へのトラックバック一覧です: 一週間:

« 白鳥と猫の湖 | トップページ | 容疑者(笑) »