« バーン・ザ・フロア | トップページ | シミとたたかう……その2 »

2006/05/20

シミとたたかう……その1

背中がただごとじゃないくらい大きくあいているドレスを着ることになって、慌てているワタシ。
いや、デブだからってことだけじゃなく。
それは、シミ。

十数年前、当時勤めていた会社はえらく景気がよかったのでしょう、社員旅行はグアムでした。
その日は曇っていたせいか、今だったら考えられないくらい無防備だった私はUVケアを何もせず海に入ってしまったのでした。
わーい。ナマコがいっぱい~。
なんて。

そして、その夜、背中は真っ赤かに腫れ上がり眠れないほどに。
そして夏が終わる頃には多数のシミだけが残ったのでした……くうう。
労災申請したいくらいだー。

そして今、見ないようにしてきた自分の背中とついに対峙しなくてはいけなくなったというわけです。
で、紹介されたのがとあるエステサロン。
といってもオーナー兼エステシャンのY子さんが一人でやっているお店。
サイトも設けず、雑誌の取材も受けず、お客さんはクチコミのみというところ。
ハーブ系のピーリングが大層効果的と聞いて言ってみました。

が、一目見て「あ。これはレーザーじゃないと無理ですねえ」
(__;)

それでもひととおり施術を受けて、気持ちよ~くケアしてもらって帰ってきました。
パックの間、占いもするというY子さん、私の運勢を鑑定していてくれたらしく、結果、
「火が足りないですねー」とのこと。

私、家にいる時は、茶香炉とお香は焚きっぱなしです、といったら、それはどうも内面から求めるものがあったらしく本能的にやっていたことのようです。

シミとのたたかいのお話は次回に続きます。

« バーン・ザ・フロア | トップページ | シミとたたかう……その2 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

「美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

私は顔のシミと戦いたい!
ぜひレポートしてちょ!
興味津々です。
最近ケアしてないから、顔のシミがただ事じゃないよ。
自業自得だけど。
KEIさんは色白でシミのイメージゼロ。
そんなKEIさんでレーザーじゃなきゃっていわれるとは。
我が身を振り返ってコワイ。

>eriちゃん
おはよー。
いや、すごいのよ、私の背中。
一緒にお風呂入ったって背中なんてまじまじと見てないもんね。
まあ背中なんで、レーザーで思い切りやったっていいやと。
顔はデリケートだからそういうわけにいかんよね。
上記のエステ、マジですごくいいから、よかったら紹介するよん。
ま、とにかくレポートは続く!

私は全くと言っていいほど日焼け止めを塗ったことありません。
結果、肌が真っ赤かになって、しばらく風呂に入れない体になってしまいます。
次回こそは日焼け止めを塗ろうと決意をしても、「まぁ、どうにかなるわ」と思ってしまい、後の祭り。
GWに行った沖縄の日焼けもひどく、今、腕の皮がむけて、ひどく汚い状態になっています。
いくら男だからと言っても、ちゃんとケアしないと、ダメですね。

>kenken
男性だからシミは気にしないかもしれないけどね、皮膚ガンになる可能性があるから、UVケアは絶対した方がいいよ!
これはマジメな話!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/10159146

この記事へのトラックバック一覧です: シミとたたかう……その1:

« バーン・ザ・フロア | トップページ | シミとたたかう……その2 »