« 束の間のキラキラ | トップページ | 猫が焦げた »

2006/03/10

シンセキという名の鬼門

えー。ノーテンキにネイルの話なんぞしてましたが、疲れました……通夜と告別式。
親族席に座って、数えきれないほどお辞儀もしたし、お骨も拾わせていただきました。

今回は私の親戚じゃないです。正確には。
“ヨメ”の立場だったんで、勝手に帰るわけにもいかないし。(←当たり前)
猫100匹ぐらいかぶって大人しく目立たないようにしてたんですけど……

アレですね、口さがない親戚っていうのはどこにでもいるもんで、覚悟はしてたけど、やっぱり攻撃されましたねえ。
ナニがって、コドモがいないことについてですわ。

いや、私の場合、別に欲しくて欲しくてできなかったとかじゃないし、子供がいない分だけ自分に振り向けた時間や経験に何の後悔もないし、老後誰も面倒見てくれないことだって覚悟しとります。

だからね。言われたくないのね。他人にとやかく。

今回はうっかり猫好きの叔母にうちの猫の写メなんて見せてたもんだから、「猫なんかにかまけてる場合じゃないだろ」という発言を引き出してしまった。
うかつだった!

私は、新婚当時「子供はまだか」と毎週電話してくるシュウトメに「そんなにゃ欲しけりゃ自分で産めば」とか言っちゃうようなオニヨメですから、何言われたって陰でヨヨヨと涙するようなヤワな女じゃございません。
逆に「大きなお世話。デリカシーのないコメントありがとー」とかってケンカ売っちゃいそうで自分がコワかった。
我慢しましたけどね。
ケンカしたら一生尾を引きますから。

でも、考えてみれば、独身なら「結婚はまだか」、結婚してても子供がいなけりゃ「まだか」、一人しかいなきゃ「2番目はまだか」、女の子しかいなきゃ「次は男を」……挨拶代わりのように無神経な発言はあるわけで、シンセキというコミュニティーの中で、無敵なのは『子供が男女それぞれ合計2人以上いる』夫婦だけかもしれませんね。

まあ今回は得体の知れない私の職業の話には至らなかったので、その部分に関してはホッ……です。

« 束の間のキラキラ | トップページ | 猫が焦げた »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

KEIさんに、「ヨメ」の顔があったのですね!
うーむ、かけらも見せないとはたいしたもの。

>健探人さん
それはほめ言葉ととってもよろしいのでしょうか。
やれ。お恥ずかしい。(*^^*ゞ
ふだんそれらしきことな~んにもしてないので、あんまりここで吐露したくないっちゅーのはあるんですわ。
1年の90%は好き勝手に生きてる以上、たまには仕方ないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45566/9025270

この記事へのトラックバック一覧です: シンセキという名の鬼門:

« 束の間のキラキラ | トップページ | 猫が焦げた »